レビュー
» 2006年11月24日 16時20分 公開

娘と一緒にレッツ“オシャレ”!?「オシャレ魔女 ラブ and ベリー 〜DSコレクション〜」レビュー(2/2 ページ)

[柚木安津,ITmedia]
前のページへ 1|2       

もちろん、カードを集めまくったファンなら買いです

画像 「オシャレけんきゅう」では、ありとあらゆるファッションパターンを試してみよう! 意外な組み合わせが見つかるかも
画像 タイミングゲージがないので、リズムアクションは意外と難関。曲を覚えてリズムに慣れるのが一番の攻略法

 最初のポイントは“アーケードファンは満足できるか”です。おそらく、ほとんどのプレーヤーがアーケード版をプレイしているでしょうから、ここがキーポイントになりそうです。

 これに関しては、「ゲームモード」がしっかりとニーズに答えています。基本的にメインのモードは、アーケードゲームと変わりありません。100円をいちいち入れなくても手持ちのカードを使って家で遊べるというのはかなりポイントが高いはず! アーケード版にもある、コーディネートを採点してくれる「オシャレけんきゅう」機能も、しっかり入っていて、いくらでも、心ゆくまでコーディネートの研究もできます。カードリーダーの読み込みも良好で、特に欠点は見当たりません。ラブ and ベリーのリズムゲームは、意外と手ごわいので、DS版で遊び込んで練習するのもいいでしょう。いつでもどこでも何度でも遊べる! アーケードの家庭用移植版という視点で見ても満足のデキです。

ストーリーモードでラブとベリーが大活躍!

 次のポイントは“コンシューマならではのゲーム性があるか?”。これは、2つのモードが新しい面白さを生み出しています。

画像 デザイナーになったつもりで、4つの選択肢から好みのものを選んで行こう。名前もつけられるから、センスのいいネーミングを!

 「オシャレさくせいモード」は、色と形、デザインを組み合わせて自分だけの服を作るモード。たとえば、体なら「ピタT」、「セーター」、「フリルドレス」、「ドレス」の4種類のスタイルからどれかを選び、その後、「フリルドレス」なら、「じょうひんタータン」、「サークルポケット」、「スターデニム」、「いかりボーダー」といったデザインをひとつ選ぶ。さらに色を決めてオリジナルの名前をつけたら完成です。作ったアイテムは頭、体、足、それぞれ6種類まで保存でき、同梱されたDSコレクションカードをスキャンすると呼び出せます。

 自分だけの服がゲームで使えるのは、ファンにとってこの上ない喜び……なんですが、できればタッチペンを使って「どうぶつの森」のように自分が作った模様がデザインに組み込めたらなぁ……というのが正直な感想です。ちなみに、選べるカラーのバリエーションはROMによって違います。どうしても欲しい色の服がなかったら、友達と交換するのがいいでしょう。

 「ストーリーモード」もDS版ならではの要素です。こちらは、ゲーム本編を少し離れて、ラブとベリーの前にいろいろな男の子が登場します。少し紹介してみましょう。

 1話目「ストリートでダンス!」:舞台はストリートコート。ラブとベリーはダンスが得意な体育会系の男の子、コースケと出会います。でも、ダンスイベントに黒魔女のミーシャが現れ、目が合ったコースケは、黒魔法によって自信をなくしてしまいます。ラブとベリーはコースケを助けるため、ミーシャとダンスで対決することに……。

 2話目「ステキなオシャレってなに?!」:オシャレな人たちが集まるファッションストリート。裏通りのセレクトショップで、ラブとベリーはセンスがいい店員のタクミと知り合います。オシャレのひけつをタクミに教えてもらった2人ですが……。

 ストーリーモードは、選択肢を選ぶアドベンチャー形式で展開していき、ラストにはミーシャとのダンスバトルが待ち受けます。ダンスバトルのミーシャははっきりいって強敵。同梱されているカードだけでは厳しいかなあと思います。まあ、バトルで負けても次の話へ進みますが……。

 各話のクリア後にわかるのが、そのエピソードに出てきた男の子との相性診断です。このあたりは、ちょっとした恋愛ゲームのノリですね。

 男の子が登場したことで、ラブ and ベリーはさらに発展するかも? そんな気がします。個人的には、デートのシチュエーションによってファッションを変えるとか、自分の服ではなく、いろいろなタイプの男の子の服を見立ててあげるとか、そういったパターンもあったら楽しそうだな、と思っています。

画像 選択肢には、制限時間のあるものも登場。物語にあまり影響しないが、最後の相性診断には大事かも?
画像 各話ごとにイケてる男の子が登場。サーファーのユウヤ、DJのゴロー、アイドルのカズキ。彼らと友達になろう
画像 魔女ものではかかせない、高飛車なライバル役のミーシャ。「オーッホッホッホ!」と高笑いもお約束。チャームポイントはチョウのアイテム

ラブ and ベリーの今後の発展は?

 全体を通してみると、DS版ならではの要素もありますが、やはりアーケードゲームのプレーヤーが前提のようです。ゲーム内でカードをコレクションできたり、ダンス以外の別のゲームがあったりすればよかったのに……という感想もいくつかありました。ただ、これはラブ and ベリーのコンシューマ1作目。2作目、3作目と続編が出るでしょうから、こちらに期待したいと思います。

 ファッションは、人類が何百年もかけて育ててきた文化です。それをゲームにしてしまったラブ and ベリーはやはり偉大だな、と、今回プレイしていて素直に思いました。流行は毎年変わり、服の組み合わせも無限に存在します。バッグやアクセサリーなど小物も加えれば、まだまだ可能性はいくらでもふくらむのではないでしょうか。今後も、ラブ and ベリーは私たちを楽しませてくれそうです。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2207/04/news028.jpg パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい
  2. /nl/articles/2207/04/news120.jpg 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  3. /nl/articles/2207/05/news107.jpg 岩城滉一、“天井の高さ9m”北海道の広大マイホーム公開 大型ピックアップトラックでさっそうと登場
  4. /nl/articles/2206/27/news020.jpg 13歳の柴犬をSNSに投稿→コメントがきっかけで病気だと分かる 飼い主「インスタを始めて良かった」と感謝
  5. /nl/articles/2206/30/news158.jpg 家に届いた不審な代引の荷物……受け取るべきか迷っている時に、佐川急便のお兄さんがかけた「個人的な」言葉がありがたい
  6. /nl/articles/2207/05/news163.jpg 納車から約1年の藤田ニコル、愛車700万円ベンツで親子夜ドライブ “イケメン運転姿”に反響 「かっこいいな〜」
  7. /nl/articles/2207/05/news092.jpg 「みんなすっかりお母さん」 竹下佳江、高橋みゆき、菅山かおるら、女子バレーの“レジェンド集結ショット”に反響
  8. /nl/articles/2207/04/news075.jpg 未来人を称する「南海トラフ巨大地震」“予言”が不安広げる 気象庁「日時と場所を特定した地震予知情報はデマ」
  9. /nl/articles/2207/05/news091.jpg 「顎変形症」手術で大変身の元乃木坂46・伊藤かりん 退院報告&腫れの残る“ぷくぷく”顔を公開
  10. /nl/articles/2207/04/news166.jpg ちばてつや・赤松健らの所属する「日本漫画家協会」がインボイス制度導入反対の声明を発表 漫画家の本名が公表されるリスクにも言及

先週の総合アクセスTOP10

先月の総合アクセスTOP10

  1. 有料スペースに乱入、道具を勝手に持ち出し…… 関電工労組の関係者がキャンプ場でモラルを欠く行為、Twitterでユーザーが被害を投稿
  2. 「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
  3. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  4. 息子を必死で追いかけてきた子猫を保護→1年後…… 美猫に成長したビフォーアフターに「幸せを運んできましたね」の声
  5. 野口五郎、20歳になったピアニストの娘と乾杯 「娘はカシスソーダ! 僕はハイボール!」
  6. 「めっちゃ恥ずかしい」 平嶋夏海、魅惑の「峰不二子スタイル」で橋本梨菜とお色気ツーリング 「すごいコラボやなぁ」の声
  7. ニコール・キッドマン、ネットで酷評された“54歳の女子高生”スタイルの真相を語る 「何考えてたんだろう?」
  8. 坂口杏里さん、夫の鍛え上げた上腕に抱きつくラブラブ2ショット 「旦那は格闘技もやってるから、ムキムキ」
  9. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  10. 猫にボールを投げた飼い主さん、“1時間全力謝罪”する事態に!? 顔面直撃した猫の表情に「笑っちゃいました」