「モバイルゲームは最近どうよ?」くねくねハニィの「最近どうよ?」(その7)(1/2 ページ)

海外のゲーム動向で日本の市場が見えてくる。すでに花粉も舞う季節になったけどお元気? ハニィの「最近どうよ?」7回目は、ケータイゲームについて考察してみたのでよろしこ。

» 2007年02月22日 15時52分 公開
[くねくねハニィ,ITmedia]

 10日ほど取材のためアメリカ西海岸に行ってたくねくねハニィが送る、海外ゲーム市場を語る「最近どうよ?」第7回目でござりまする! 相変わらず不定期でごめんなさいね。取材は精力的にしてきたんですが、帰国後は時差ボケのため頭がぼーっとしていた(元から?)ので、引きこもりがちになってましたん。暖冬のため、外には出やすくなってるんだけどね〜。脳みそも暖冬な感じですわ。わはは。笑い事ではないな。

 今回の取材は実が多かったよ、マジ。まずはリテーラー(小売店)に行ったんだけど、日本とほぼ同じような状態。


ハニィ 「Wiiはありますか?」

小売店 「ないです」 

ハニィ 「いつ入りますか?」

小売店 「分かりません。プレイステーション 3はあるよ」

 ゲーム専門店「GameStop」、家電大手小売店「BestBuy」、大手スーパーマーケット「Target」、いずれも同じだったの。ひとつだけ日本と異なる点は、ニンテンドーDSの在庫不足がかなり緩和されているところかなぁ。場所にもよるかもしれないけど、色を選ばなければ基本的には手に入りますわ。なぜかハニィが見た小売店はピンクばっかり残ってたけど。プレイステーション 3がないという店はハニィが見た限りは1店舗もありませんでした。ってことで、在庫不足はWiiだよね〜。肥満大国アメリカでは、Wiiを継続的にプレイすることによってダイエット効果もあるって報道されてて(確かににわかにやると筋肉痛になった……2日後に)人気が高い。一方、プレイステーション 3はキラーソフトがないので市場がサースティ(欲しいと思う状況)ではないという小売店の店員のコメントが聞かれました。

 また、Xbox 360の家庭への侵食状況は加速していて、セットトップボックスとしても活用されつつあるとのこと。具体的には、ドラマなどのTV番組をエピソードごとに安い価格でダウンロード(1話2ドルとか)させるなど、大手TVメディアと提携を進めており、ユーザーからすると、Xbox 360があれば、パッケージゲームも遊べるし、ダウンロードゲームも遊べて、さらにテレビ番組もダウンロードしておけるという便利な機械となっている模様。PCでの有料会員ゲームがさかんなこと、テレビはケーブルテレビなので視聴が常に有料であることなどの環境下なので、ゲームやTV番組をダウンロードするってことに抵抗がないんだよね〜。このインフラ的な違いも、コンテンツを有料で買うってことに関して許容度が高いことの理由なのかも。マイクロソフトさん、日本でもぜひお願いします。もちろん、他のハードメーカーさんも。日本だけダウンロード時代に乗り遅れます(涙)。

 と、有料コンテンツダウンロードの話をしたので、今回は、日本が誇る有料コンテンツである「モバイルゲーム」について語りたいなぁなどと思っていまする。ケータイ電話のスペックが上がってきて、ケータイでゲームをダウンロードして遊ぶってのが、すごく容易になった今日この頃。ついつい日本と海外は同じ、とか、日本のほうが進んでる〜、と思いがちなんだけど、実はそうとも言い切れないのですよ。そんな海外のケータイ電話のコンテンツ事情について赤裸々に語ろうかな〜なんて思っとります。細かい技術的な話は混沌とするので今回は省いちゃいます。

携帯電話事業者(キャリア)vs端末メーカー

 日本の端末のスペック(積んでいるミドルウェアも含む)は、キャリアによって決められていて、ドコモさん、KDDIさん、ソフトバンクモバイルさんも、それぞれの端末スペックとなってます。端末メーカーは若干の違いはあれど、そのスペックに従って開発製造しているのね。コンテンツ提供者(コンテンツプロバイダー=CPといいます)からすると、各キャリアのスペックにあわせてコンテンツを作れば、大多数のユーザーに対してコンテンツを提供することができるわけですわ。とはいえ、スペック上のバージョンアップとか大変ですっていう方々もいらっしゃるでしょうが、海外はそんなもんじゃあありません。ただし、この海外、韓国は含みませんの。韓国は日本と同じようにキャリアがスペックをコントロールしてるんだよ。

 海外の場合はキャリアがスペックを決めるのではなく、各端末メーカーがそれぞれの製品ラインアップのスケジュールでそれぞれのスペックで製造するので、キャリアごとのスペックなんてあったもんじゃあ〜りません。下手をすると数百ものバラバラのスペックの端末に対してアプリを作成しなきゃならないので、CPはデバッグも含めて本当に大変ですの。また、アジアなら繁体字版と簡体字版と英語版とか、ヨーロッパなら数カ国語対応にしなければならず、さらに大変。ユニットにすると、1つのタイトルで1000近い数のアプリを準備しなければならなかったりして、1ダウンロードで300円とかではとてもとても元が取れないわけですわ。なので、日本で200円とか300円とか値付けされているコンテンツがヨーロッパでは1000円くらい取ってたりして、ハニィもびっくらこいたわけです。

 ただし、この1000円、丸々CPに入ってくるわけではないので注意が必要。キャリア側で課金手数料とか、レベニューシェアとかいう言い方でがっぽり「ピンハネ」されます。日本のように良心的なものは少なくて、場合によっては50%以上持っていかれたりするので、時には割に合わない場合もあるんです。このレベニューシェア、キャリアによってフィックスされている場合もあるし、コンテンツの強さによって交渉可能だったりして、キャリアとのやり取りは不可避であるわけですね。

 日本で使ったコンテンツをそのまま持っていくってのがほぼ不可能な状況だってこと。言語的な意味だけではなく、インフラ的な部分(3Gであれば同じ場合もある)でも、端末の中身という意味でもスペックが違うため、相当なカスタマイズが必要なのとキャリアとの関係が求められることになるのね。

歴史的なコンテンツ嗜好とサイト運営

 日本のモバイルコンテンツの場合、ユーザーが購入するまでの流れとして、キャリア側の認証サーバから飛ばされて、CPが自ら運営するサイトにユーザーを招いてダウンロードしてもらうわけで、サーバ運営コストがかかるとかマイナス面はあるものの、サイトの演出によっては独特の色を出してユーザーにアピールしたり、ダウンロード数の推移を見たり、リアルタイムでの対応がCP側で可能なのね。

 歴史的に見ると、日本のキャリアはHTMLやWMLを駆使して端末上でのブラウザを実現してくれたわけですわ。日本のモバイルコンテンツは「壁紙」、「着メロ」から始まってて、必ずしも「ゲーム」から発生したものではなかったのね。それまでにがんばってきたCPは必ずしもゲーム系ではなく、むしろキャラクタービジネスの様相が濃かったわけでやんす。当初「モバイルゲーム」と言われていたものはHTMLやWMLなどのWeb技術を用いた簡単なものだったから、アプリケーションをダウンロードさせる形というのはケータイにJavaが積まれるようになってから。そういう意味でも壁紙、着メロ、ゲームなどの“ラインアップ”をキャラクターやブランドでくくってサイト運営をしてユーザーを招き入れるというのは、自然の流れであったわけですな。

 ところが、海外の場合は、壁紙とかの歴史をほとんどはしょって「ゲーム」から急激にモバイルコンテンツビジネスが伸びてきたわけですな。ハニィはこの流れが起こる直前――2000年ごろかなぁ、「アメリカで日本のようにモバイルビジネスは発展するのか?」というカンファレンスに招かれて、日本のコンテンツビジネス展開について語ったんだけど、「アメリカ人は電車で通勤しない」とか「アメリカ人の手は大きすぎてケータイ電話で細かい操作をしない」とか否定的な声が聞かれたのね。ただ、フタを開けてみれば、キャリアのプロモーションや、ケータイ電話自体の性能の急激な進展もあって、ゲバ評と反してゲームのダウンロードはさかんになっちゃった。ただ残念ながらカメラ付ケータイなども勢いよく出回ってしまったから、壁紙も日本ほど広まる前に下火になってしまったのよね〜。

 さらにケータイ上でのHTMLブラウザがなかった海外では、CPがサイトをブラウズさせることは不可能で、コンテンツをとりまとめてサイト運営というよりは、ほとんどがアプリケーションをキャリアに預ける形でのビジネス――つまり、ユーザーからすると、小さな画面上で、ジャンルやカテゴリによって羅列されているリストから選ぶことになるわけで、そんなリストの中に「どんなゲームか」までは書ききれなくなったわけです。さらに何百もあるアプリケーションをページをめくって見るユーザーなんて少なくて、リストの上位に来ない(ランキングが下の)アプリはユーザーに認知されることもほとんどないまま消えていくことになるの。ドコモさんのi-modeのライセンスを受けている海外キャリアの場合はこの限りではないけど、その数はまだまだといった状況。

 コンテンツ嗜好といえば、アジアは親日な感じがして、イケそうな気がするでしょ? 実際に過去はそうだったんですよ。壁紙とか、小さなアプリとか! 欧米でなかなか受け入れられない「かわいい」系のキャラクターとか、コミック系とか。でも、ケータイのスペックがすごい勢いで進化する中、ゲームのダウンロードが立ち上がると、それまでの潜在パワーを一気に爆発させて、現地のCPたちがコンテンツを作り始めたの。「地の利」には勝てないし、大体、手間がかかる割に単価が安いのです。さらに日本ほど新しいケータイ電話をほいほいと買う訳ではありませんから、全体の市場や対応機種数を考慮すると、日本のCPはとても辛い状況になりまする。最近、韓国ブームが親日を抑えているのとかあいまって、あんまりいい状況ではないですねぇ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/27/news133.jpg 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  2. /nl/articles/2405/27/news038.jpg 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  3. /nl/articles/2405/28/news118.jpg 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  4. /nl/articles/2405/27/news130.jpg 「声出して笑った」「あかんw」 メロンパンを半分こしようとしたら…… “衝撃のビジュアル”への変貌に5万いいね
  5. /nl/articles/2405/28/news131.jpg 「誰かわからなかった」 香川照之、“激変”したワイルドな姿に周囲も「髪型それでいいんですか」「なんか自由な感じ」
  6. /nl/articles/2405/28/news052.jpg 最新のガンプラに10年前のパーツを付けると……? 「覚醒状態」への変身が「激アツすぎる」と話題
  7. /nl/articles/2405/28/news101.jpg 「くたばれクソメディア」 マイファスHiro、「性加害巡る誤報」伝えかけた週刊誌に中指突き立て “音声暴露”し「覚悟持ってやってこい」
  8. /nl/articles/2203/29/news111.jpg 小林麻耶、元夫・あきら。と「愛の再婚」を報告 駆け落ち理由は“父と縁を切り、母は洗脳にかかっている”ため
  9. /nl/articles/2405/27/news012.jpg 「リノベは正直無理」 絶望的なボロボロ築50年超物件を改装→信じられない変貌に「元の家の面影なし」
  10. /nl/articles/2405/28/news146.jpg 「まさかの本人」 JR東の各駅放送と新幹線の車内放送の中の人が夢の競演 「黄色い線の内側の人だ」「親の声より聞いた声」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評