大ヒットコミックがついにアニメで開幕――「おおきく振りかぶって」製作発表会(1/2 ページ)

4月12日より放映開始予定のテレビアニメ「おおきく振りかぶって」の製作発表会が「東京国際アニメフェア」内にて行われた。貴重なトークがいっぱいのその模様をリポートする。

» 2007年04月03日 00時00分 公開
[ひろいち,ITmedia]

1年生ばかりの野球部員たちが綴る青春の日々

 2007年3月23日。第79回選抜高校野球大会――いわゆる春の甲子園の開会日であり、プロ野球・パシフィックリーグの開幕を翌日に控えたこの日。プロとアマチュアという2つの野球が各種メディアを独占する中、奇しくも東京ビッグサイトでは、もうひとつ異なるタイプの「野球」が注目を受けていた。高校野球を題材にしたテレビアニメ「おおきく振りかぶって」の製作発表会が行われていたのだ。

 会場となったのは「東京ビッグサイト」。3月22日(木)から3月25日(日)まで、「東京国際アニメフェア」が行われており、この日はアニメ関係者や取材陣などを対象としたビジネスデーとなっていた。新作・注目作のアニメが披露されている中、さまざまなプロジェクトの発表会や上映会も行われており、「おおきく振りかぶって」の製作発表会も催された。メインキャストによるトークなども行われたその発表会の内容に移る前に、まずは、「おおきく振りかぶって」の物語について触れておこう。

STORY

 これまで軟式野球部しかなかった西浦高校に、硬式野球部が新設された。そこに集まってきたのは、今年入学してきたばかりの新入生たち。

 主人公となるのは、弱気で卑屈だがマウンドは誰にも譲らないピッチャー・三橋廉。そんな彼の才能を引き出し支えていくのは、キャッチャーの阿部隆也。ともに中学時代に苦い経験を抱えている彼らが、この出会いを機にピッチャーとキャッチャーの信頼関係の重要さを見出していく。さらに、天才的なバッティングセンスを持つ田島悠一郎や、西浦高校をまとめ上げるキャプテン・花井梓など、西浦高校野球部には才能あふれる部員たちが集結した。

 そして彼らは硬式野球部の初勝利を、やがては甲子園を目指していくことになるのだった!!


 「おおきく振りかぶって」は、月刊「アフタヌーン」で連載中の大人気コミック。現在発売中のコミックの累計発行部数は、7巻で250万部にも及んでいる。物語は、主人公・三橋廉をはじめとした県立西浦高校野球部の面々が、甲子園を目指していくという高校野球マンガ。登場人物たちが目標を目指して邁進する友情と青春の日々を描くとともに、彼らの人間としての成長も描いていく。

 中でも、人間としての成長を描く部分は注目。卑屈で弱気という主人公らしからぬ主人公の登場と言うだけでも、なかなかに興味深い設定だが、彼の内には卑屈になるに至った心の傷がある。そうした傷や待ち受ける困難を仲間たちとともに乗り越え、彼らが人間的に成長をしていく姿も本作の大きな魅力といえよう。

三橋 廉(みはし れん)
(声/代永 翼)
西浦高校野球部のエースピッチャーを務める。抜群の制球力と独特のストレートを持つ。ひたすらマイナス思考で気が弱いが、マウンドは誰にも譲らない
阿部 隆也(あべ たかや)
(声/中村悠一)
三橋とバッテリーを組む頭脳派捕手で、自分のリードに絶対の自信を持つ自信家。しかし、中学時代のある経験から、ピッチャー不信に陥っている
田島 悠一郎(たじま ゆういちろう)
(声/下野 紘)
チームの4番打者。卓越した野球センスと身体能力を持ち、過去に「打てない球はなかった」と言い切る天才バッター。自由奔放かつ天真爛漫な性格で、天然

花井 梓(はない あずさ)
(声/谷山紀章)
西浦高校野球部のキャプテン。リーダーシップに優れ、部員たちからの信頼も厚い。中学時代は4番を打っていたという自負から、田島を意識している
百枝 まりあ(ももえ まりあ)
(声/早水リサ)
西浦高校野球部の女性監督。高度なノックもこなすほか、メンタルトレーニングへの造詣も深いなど高い指導技術を持つ。教師ではなく、普段はアルバイトをして部費を稼いでいる

「おおきく振りかぶって」製作発表会

 続いては、「東京国際アニメフェア」の特設ステージにて開催された「おおきく振りかぶって」製作発表会の模様をお届けしよう。

 まずは、TBSテレビの大崎 幹氏、講談社の針生雅行氏、A-1 Picturesの勝股英夫氏、アニプレックスの植田益朗氏という関係各社代表の挨拶からスタート。プロモーションや製作などの話題を中心に貴重な話を聞くことができた。

大崎 本作は大坂の毎日放送さんと共同での製作となっております。毎日放送さんといえば選抜高校野球なわけですが、その選抜高校野球との連携企画などを通じて、高校野球、アニメともども一緒に盛り上げていければと思います。

針生 原作コミックは連載開始当初からアニメ化の希望が強かった作品でした。それが今こうして形になっているということを非常に嬉しく思っております。私どもは出版社としての特性を生かしまして、非常に大がかりなプロモーションを企画しております。新聞の号外やDVDなど社をあげて計画しておりますので、ぜひよろしくお願いいたします。

勝股 ストーリーや演出などはもちろんですが、本作では野球の動きに非常にこだわりをもって制作しております。スタッフ一同逃げずに、ごまかさずに作っておりますので、そのあたりも注目して見て頂ければと思います。

植田 素晴らしい作品に、そして素晴らしいビジネスにするために我々も一丸となって頑張っていくつもりです。よろしくお願いいたします。

 各代表の言葉からも、本作に対する期待の高さが伺える。特にプロモーションに関しては力を入れているようなので、アニメ以外のさまざまな場面で「おおきく振りかぶって」を目撃することになりそうだ。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/18/news031.jpg プロが本気で“アンパンマンの塗り絵”をしたら…… 衝撃の仕上がりが360万再生「凄すぎて笑うしかないww」「チーズが、、、」
  2. /nl/articles/2407/19/news030.jpg 母「TOEIC800点取れたら800万貸したげるわ笑」→800点取った猛者が現る その後のやりとりに「つ、強い……」「母かわいすぎんか?」
  3. /nl/articles/2407/19/news026.jpg 「お釣りで新紙幣来た!!!!!と思ったら……」 “まさかの正体”に「吹き出してしまった」「逆に……」
  4. /nl/articles/2407/18/news050.jpg 若者「新札の5000円札貰いましたよ!」→まさかの正体にツッコミ殺到 「どこに眠ってたんだ」「逆にレア」
  5. /nl/articles/2407/19/news014.jpg 父に大好物、“金目鯛の頭”を煮て出したら……ふと漏らした“言葉”が194万表示 「胸にじんわり、くる」「荒んだ心に刺さった」と反響多数
  6. /nl/articles/2407/18/news016.jpg お姉ちゃんが会いに行くとお顔がとけちゃう柴犬→帰ろうとした瞬間…… 別犬のような見た目の変化に「想像以上で笑ったwww」
  7. /nl/articles/2407/18/news040.jpg 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  8. /nl/articles/2407/19/news018.jpg 1歳赤ちゃん、大好きすぎるパパを見送ろうとしたが…… 130万再生のけなげな姿に「涙が出た」「お仕事行けなくなるやつや」
  9. /nl/articles/2407/18/news167.jpg 妹が「実はモビルスーツだった」 兄の衝撃(?)投稿にネタ返信続々 ガンダムオタク過ぎるレスに「詳しすぎ」「好きになったわwww」
  10. /nl/articles/2407/19/news109.jpg おかもとまりの夫、妻の看病が続き「僕の気が滅入ってしまいます」 5年間服用のピルを辞め体調不良続く
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」