刃には刃を、屁には屁を「桃太郎伝説」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/3 ページ)

連載第44回は「桃太郎伝説」(ハドソン)。「桃太郎」シリーズの元祖で、「桃太郎電鉄」にも共通する明るい世界観を築いたゲームです。また、このゲームの親切なシステムは、後のRPGにも影響を与えました。

» 2007年06月19日 00時00分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]

高松と佐世保の石像を見てきた

 実は、去年「水晶の龍」の記事で松山へ行った帰りに、高松市にある鬼無(きなし)駅に立ち寄っていた。

 鬼無駅には、桃太郎シリーズでおなじみのキャラクターたちをかたどった石像がある。小さな駅のホームに、ひときわ目立つ桃太郎様ご一行。

 桃太郎といえば岡山というイメージがあるが、実はほかにも桃太郎の伝承が残っている土地がいくつかある。瀬戸内海を挟んで岡山の対岸に位置する鬼無もその1つで、この駅から徒歩圏内の丘に、「桃太郎神社」が存在するのだ。

 鬼無駅にある解説板によると、孝霊天皇の第8皇子・稚武彦命(わかたけひこのみこと)が、女木島の洞窟を根城にしていた海賊を退治した話が、桃太郎の原型になったとされているそうだ。

画像 桃太郎クンとツーショット撮影
画像 犬・猿・キジに加え、貧乏神まで並んでいる。もっとも、今回取り上げる「桃太郎伝説」ではなく、「桃太郎電鉄」の方がモチーフになっているのだが

 あと、「ツインビー」などの記事でハウステンボスへ行った帰りに、佐世保駅にある像も見てきた。

 2004年、ハウステンボスと佐世保市内の各所を回る、「桃太郎電鉄モバイルラリー」が行なわれた際に設置されたもの。貧乏神の頭に猿が乗っていて、「貧乏が去る像」となっている。

画像 2001年に建て替えられた、明るく広い佐世保駅。JR九州と松浦鉄道が接続する
画像 駅構内の観光情報センターの真ん前という、分かりやすい場所に建っていた

 この連載では、「桃太郎活劇」を取り上げたときに、東京の谷中にある「貧乏が去る像」にも行ってきたので、これでわたしは全国3カ所にある桃太郎シリーズ関連の像をすべて制覇したということになる。

 ……あ、確か銚子電鉄に、「桃太郎電鉄」の電車が走ってるんだっけ。

 ネットで調べてみたら、今後は駅に「貧乏が去る像」などの石像も建つ予定だとか。じゃ、いずれこの連載で「桃太郎電鉄」の方を取り上げるときに行ってみよう。

1987年のRPG事情

 「桃太郎伝説」(ハドソン)は、1987年にファミコンで発売されたRPG。和風の世界を舞台としたRPGは、当時珍しかった。

 後にX68000や、PCエンジンにも移植されている(PCエンジン版は「桃太郎伝説ターボ」)。テレビアニメ化もされ、今では桃太郎クンは、ボンバーマンや高橋名人とともに、ハドソンの歴史を語るうえで欠かせないキャラクターとなった。

 ゲームデザイン・さくまあきら氏。キャラクターデザインは土居孝幸氏。週刊少年ジャンプの読者投稿コーナー「ジャンプ放送局」でおなじみのコンビだ。音楽はサザンオールスターズの関口和之氏が作っている。

画像 オープニング。当時のファミコンで、これだけ大きな絵が出るゲームは珍しかった
画像 家々や田んぼ、神社、村人の姿などが、純日本的な風景を演出。こんな村人(?)も出てくるけど

 1986年に「ドラゴンクエスト」(エニックス)が発売され、人気を得たことで、ファミコンでもRPGというジャンルが知られるようになった。1987年1月の「ドラゴンクエストII」は、前作を上回るヒットを記録。これ以降、各社から続々とRPGが発売される。

 1987年には「桃太郎伝説」のほか、「ファイナルファンタジー」、「ヘラクレスの栄光」と、後にシリーズ化されるRPGの第1作が登場し、「ウルティマ」や「ウィザードリィ」もファミコンに移植されている。タイトーの「ミネルバトンサーガ」もこの年だ。

 だが意外にも、この時点ではまだ、「ドラゴンクエスト」のようなタイプのRPGよりも、アクションRPGの方が多かった。

 1月に登場した「リンクの冒険」(任天堂)が大ヒット。また同じく1月、アーケードから「ドラゴンバスター」(ナムコ)がファミコンに移植された。

 さらに「ドラゴンスレイヤーIV」、「ロマンシア」、「ファザナドゥ」と、PCで人気の「ドラゴンスレイヤー」シリーズ作品が、3作もファミコンで発売されている(「ファザナドゥ」は原作の「ザナドゥ」とは違うゲームになっているが)。

 だからこの時代、非アクションのRPGは、どうしても「ドラゴンクエスト」と比較される運命にあり、「ドラクエに似ている」と言われることも多かった。

 しかし今考えると「桃太郎伝説」は(ヘラクレスもFFもそうだが)、後にいっぱい出たドラクエライクなRPGに比べれば、はるかに個性的といえる。

 例えば、戦闘時の仲間の行動。コマンド入力するタイプのRPGでは普通、仲間の人数分だけコマンドを入力する。これは「ウィザードリィ」から来ているシステムで、「ドラゴンクエストII」でも使われている。

 これに対して「桃太郎伝説」では、仲間(犬、猿、キジ)のコマンドはない。仲間はランダムで加勢するのだ。

 桃太郎の攻撃の前にときどき、敵の鬼に犬がかみついたり、猿が引っかいたり、キジが突っついたりすることがある。攻撃回数が1回(ときどき2回)増えるわけで、ありがたい。確実性・戦術性という点ではドラクエタイプに劣るが、そのかわり、意外性が楽しめる。

 また、仲間がつくと桃太郎の攻撃力・防御力・素早さが上がるという利点もある。それまで太刀打ちできなかった強い鬼を相手に、真っ向から勝負できるようになるのだ。

 そのほかにも、桃太郎の段(レベル)が上がったときの処理や、移動魔法の使い勝手などにも、「ドラゴンクエスト」とは違った個性がみられるのだが、これらについてはのちほど述べる。

画像 各地のお地蔵さんは皆、「なー ほー ざ ワールド」が好きらしい
画像 お風呂のシーンは、その後「桃太郎伝説」、「桃太郎電鉄」シリーズで恒例となる。女湯もあり
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/29/news029.jpg 彼女が「ほんまやめて」と嘆く“彼氏の撮影”が1231万表示 電車で見ちゃダメな傑作に「歯磨き中に吹いた」「どう撮ったらそうなるの?」
  2. /nl/articles/2405/29/news048.jpg 夜道をさまよう子犬を見た、幼い息子の一言に「ハッとします」「何度見ても涙が…」 天使のような優しさに95万再生の反響
  3. /nl/articles/2405/28/news145.jpg 四肢欠損症のママタレント、第1子出産時に受けた“心ない言葉”明かし悲嘆「心がとても痛みました」「私は甘えたのではない」
  4. /nl/articles/2405/29/news027.jpg 1歳娘、海外赴任帰りのパパを見た瞬間…… 涙なしには見られない“再会”に「かわいすぎる!!」「よかったねえええ」
  5. /nl/articles/2405/29/news031.jpg 【今日の計算】「7−7×7+7」を計算せよ
  6. /nl/articles/2405/29/news014.jpg 土を使わずペットボトルでイチゴを育てたら…… 225日後の夢のような光景に「とんでもなかった!」「アイデアの勝利ですね」
  7. /nl/articles/2405/28/news043.jpg 大雨の中ソロキャンしてたら思わぬ客が…… そばを離れず寄り添う姿に「楽しさ100倍やん笑」「優しいひとには寄ってくる」
  8. /nl/articles/2405/29/news159.jpg 83歳・巨人OB張本勲の“激変”姿に驚きの声 「一気にお爺さんになった」「人間ってこんなに激変するものなのか」
  9. /nl/articles/2405/29/news071.jpg 浅野温子、金髪ボブの“激変”姿が話題 デコルテ露出のタイトなドレス姿に「かっけー」と注目の声も
  10. /nl/articles/2405/29/news015.jpg 子犬のころはタヌキのようだった愛犬、成長すると…… 激変のビフォーアフターに「1匹で3度美味しい」「かわいい事に変わり無い」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評