Xbox 360でもPCでも! 両者入り乱れての激しい撃ち合いを――銃と魔法とテクノロジーの新感覚FPS「Shadowrun」レビュー(2/2 ページ)

» 2007年06月22日 00時00分 公開
[仗桐安,ITmedia]
前のページへ 1|2       

トレーニングで経験を積み、実戦で大暴れしちゃいましょう

教官の指示に従えば操作を覚えることができる

 本作の基本的な操作は、Aでジャンプ、B長押しでセットメニュー(購入したマジック、テックを各ボタンに振り分ける機能)、Yで武器の切り替え、Xでリロード、そしてRTで攻撃、LT、LB、RBで装備したマジックとテックの使用だ。移動については従来ののFPSと同じ感覚で左スティックでキャラの移動、右スティックで視点移動ができる。その他にもさまざまな操作があるが、FPSに慣れている人なら、すんなり入り込める操作系統になっている。


BOT(コンピュータが操るキャラ)を利用しての実戦練習もある。ここで腕を磨こう

 FPSに慣れている人でも慣れていない人でも、本作のプレイに当たってまずやっていただきたいのはトレーニングだ。トレーニングはチャプター6まで用意されていて、チャプター1からプレイすることで段階的に本作でのプレイが理解できるようになっている。マジックやテックなどによる特殊攻撃、特殊移動などが非常に多い本作なので、突然オンラインにつないで対戦プレイを始めても、おそらく何をどうすればよいか分からずに死んでしまうのがオチだろう。各マジックやテックの特徴、各種族の特性をバッチリ把握するためにも、トレーニングは一通りプレイしてみてほしい。

 1人用モードは、トレーニングの他に、コンピュータが操るBOTというキャラとの協力・対戦を楽しむソロプレイがある。オンライン対戦の前の予行演習としてソロプレイで実戦経験を積んでおくといい。

 しかし本作の最大の魅力は、やはりプラットフォームの垣根を越えたオンライン対戦にあり!PCゲーマー対Xbox 360ユーザーの仁義なき戦いがおそらく今日もどこかで繰り広げられていることだろう。実際に筆者もオンライン対戦をやってみたところ、これがなかなか面白い。操作に慣れれば慣れるほど、マップを把握すればするほど、マジックやテックの利点を理解すればするほど、するめのように味が出てくるのである。8人対8人の対戦は、かなりの興奮もの。ボイスチャットでの仲間との連携も楽しく、思わずぶっ続けで遊んでしまったほどだ。

購入は1回の対戦で1度まで。6回戦あるので6つまで購入できることになる

 プレーヤーはRNA側かリネージ側、いずれかの勢力について種族を選ぶ。基本的に6回戦が行われるのだが、1回決着が着くごとにキャッシュがたまっていく(直前のプレイでのチームへの貢献度によって報酬の額も変わってくる)。スタートボタンでいつでも購入メニューを出せるので、そこで武器、マジック、テックを買い、Bボタンによるセットメニューで装備をする。

 最初のキャッシュは少ないので、まず何を購入して装備するかが重要。8人中2、3人がリザレクト(死んだ仲間を蘇生させる能力)を装備し、2、3人がライフツリーを装備し、守備を固めてスタートするもよし。グライダーなどの特殊移動でとにかく相手を翻弄する作戦に出るもよし。チームでの連携と戦略が大いに問われる。

 各プレーヤーの使える能力が限られている序盤も面白いが、キャッシュがたまってきて、プレイの自由度が上がってきてからの激しい攻防もまたたまらないものがある。ライフツリーなどの回復系能力は依然活躍するだろうが、加えてサモンやストラングル(敵を妨害するクリスタルを生成する能力)などのトリッキーな攻撃能力や、マジックの使用を妨害するアンチマジックジェネレーターなどが大活躍し、戦局がどちらに転ぶのかわからない、絶妙な緊張感を味わうことができる。

 広大なフィールドと快適な移動操作、そしてそれらを支えるハイクオリティな描画能力。さまざまな要素が絡み合い、ハマると抜け出せない没入感を得られる作品に仕上がっている。オンライン対戦をするために作られた、と言っても過言ではないその練りに練られたシューティングシステムは、FPS好きなら間違いなく楽しめるはずだ。

隠密行動をとりながら、敵陣に1人で切り込む緊張感がたまらない!
ある程度仲間が密集している方が生存率がアップする場合もある。仲間と行動をともにして敵の進行を防ごう
激しい戦闘を制するのはRNAとリネージのどっちだ!?

オフラインは寂しいけども……相互オンライン対戦はバッチリ楽しい!

 オンライン対戦の面白さは折り紙つきだが、逆に言えば、オンライン環境がない場合はちょっと寂しい。トレーニングとBOT相手のマッチだけでは本作の真の魅力の何分の一も味わえないだろう。オフラインでのソロプレイでもやりこめるような、ストーリーモードやミッションモードなどがもっと充実していればなおよかったと、非常に残念に思った。

 しかしオンライン環境があって一緒に遊べるフレンドがいて、ということになれば、話が違ってくる。10以上もあるマップはそれぞれクセのあるものばかりなので、そこそこ長く遊べるだろうし、何よりも他のプレーヤーと協力し、他のプレーヤーを敵とする遊びには無限の広がりがある。ボイスチャットで「じゃあ次はこういうルールで遊ぼう」と話しあったり、エルフ8人とトロール8人で対戦してみるなど、いろいろな可能性を秘めているのだ。

 FPSが苦手な人でも参加できるような配慮もうれしい。敵を銃で撃つだけでなく、味方を回復する、蘇生する、もしくはマジックの効果で敵を倒すという行動にも評価が与えられるので、味方のサポートに徹してチームに貢献する満足感も得られるようになっている。射撃がうまい人はうまい人で、敵のマジックやテックをかいくぐりながら、いかにして狙撃するかを考えながらプレイする楽しみがある。とにかく、本作の持つ戦略性は、非常に深く楽しいものになっているのだ。

 Windows Vista版は今回試すことができなかったが、長い調整期間を経ているタイトルなので、2つのプラットフォームによる相互オンライン対戦についても万全な体制で臨んでいることを期待したい。今後おそらくXbox 360とWindows Vistaでオンライン環境を共有できるタイトルは次々と出てくるであろう。その栄えある第1弾として発売された本作は、“純粋にオンライン対戦が楽しい”という点においてその責務を十分にまっとうしているように思えた。クロスプラットフォームがこれからのオンラインゲームの可能性を感じさせてくれる作品だ。

「Shadowrun」
対応機種Xbox 360
メーカーマイクロソフト
ジャンルシューティング
発売日2007年6月21日
価格(税込み)6090円
対応Xbox LIVE:マルチプレイヤー (2〜16人)/コンテンツダウンロード (予定)/ボイスチャット/HDTV(D2、D3、D4)/Dolby Digital(5.1ch)
CEROD(17歳以上対象)
(C) 2007 Microsoft Corporation. All rights reserved.
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2403/04/news113.jpg フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. /nl/articles/2403/04/news031.jpg 弟を出産したママをお見舞い、1歳息子が見せたけなげな姿が500万再生 かみしめる下唇に「背中から抱きしめたい」「涙腺崩壊」
  3. /nl/articles/2403/04/news068.jpg 急に片耳がたれたワンコ、慌てて病院にいった結果…… 「こんな可愛い診断結果初めて見たよw」「笑っちゃった」と反響
  4. /nl/articles/2403/04/news086.jpg 明治のキャンディー「チェルシー」3月に終売 「販売を終了せざるを得ない状況」で53年の歴史に幕
  5. /nl/articles/2403/03/news012.jpg 築56年の小さな平屋→扉を開けると…… “予想もつかない内装”のレトロ物件に仰天「ギャップがすごい」
  6. /nl/articles/2205/10/news146.jpg フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  7. /nl/articles/2403/04/news021.jpg 6歳娘「ママはどうしてパパと結婚したの?」 かわいい質問に隠された真意と軽快なトークに「人生何周目なん!?」「終始爆笑w」
  8. /nl/articles/2403/04/news096.jpg 辻希美、長女&長男の珍しい“年頃コンビ”ショット すっかり大人びた姿に感慨「16年前は想像も出来なかった」
  9. /nl/articles/2310/12/news116.jpg 1歳息子に付き合う柴犬、困惑しながらアンパンマンカーに乗り…… 優しい兄犬に「ワンコの表情w」「癒やされました」
  10. /nl/articles/2403/04/news016.jpg 眠る弟に膝枕する兄、カメラ目線で「し〜っ、だよ」と教えてくれた次の瞬間……! 衝撃の展開に「面白すぎる」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」