オンライン空中戦で“称号”を勝ち取るのは誰だ――「エースコンバット6 解放への戦火」(1/3 ページ)

Xbox 360ソフト「エースコンバット6 解放への戦火」では、Xbox LIVEを通じて世界中のプレーヤーとの空中戦が可能だ。“真のエース”の称号は、果たして誰が勝ち取るのだろうか。

» 2007年08月31日 13時00分 公開
[ITmedia]

世界中のプレーヤーと競い、腕を磨け

 「エースコンバット6 解放への戦火」(以下、エースコンバット6)では、Xbox LIVEに接続することで、シリーズ初となる、世界中のプレーヤーを相手に、最大16人まで(予定)の多人数プレイが可能だ。

 対戦ではボイスチャットにも対応。頻繁に使うメッセージは「簡易コミュニケーションシステム」を搭載し、キー操作で呼び出し可能だ。これにより、他プレーヤーとのコミュニケーションもスムーズに行えるだろう。

 また、「機体レートシステム」を採用しているので、最新鋭機体にそれぞれの勝敗ルールに応じた不利条件が加えられるほか、逆に旧式の機体では有利条件が加えられる。このため、性能を問わず、自分のお気に入りの機体に乗って互角に戦うことも可能となっている。

攻守交替戦(Siege Battle)

 「攻守交替戦」は、攻撃側と防御側の2チームに分かれ、攻守を交替して2戦行うルール。攻撃側は拠点を攻撃し、防御側はその攻撃を阻止するのが目的だ。攻撃側のチームが防御側のプレーヤーや拠点を破壊すると得点が入り、さらに一定時間以内に攻撃側が全ての拠点を破壊すれば、その時間に応じてボーナス得点が入る。その後攻撃サイドと防御サイドの役割を交替してもう1度プレイし、最終的に得点の高いチームが勝利となる。

 この戦いでは、攻守ともに仲間同士の連携が要求されるのはもちろんのこと、1度決めた機体で攻撃と防御の両方をこなさないとならない。仲間同士どんな機体の組み合わせで出撃するかの作戦立ても含めた、高度なチームワークを楽しめるのだ。

画像画像

画像画像

協力プレイ(Co-op Battle)

 「協力プレイ」は、プレーヤー同士が協力し、時にはコンピュータ制御の味方とも協力しながら、コンピュータ制御の敵を撃破するルール。いかに高得点で、いかに短時間でクリアできるかにチャレンジしよう。

 このルールでは、キャンペーンモードのダイナミックミッションのように、複数の個所での戦闘が行われていて、攻略順序や役割分担の作戦立てが重要となるステージや、強大な敵に対してプレーヤーが一丸となって立ち向かうステージが用意されている。協力プレイを戦い抜くことで、仲間と団結して強敵を打ち破る達成感が得られるだろう。

画像画像

画像画像

 なお、本作ではオンラインモードをより熱くする要素として「称号」システムを採用している。称号は約1000種類用意され、多くの人に「称号つき」となるチャンスがあるのだ。その中で、特に上位のプレーヤーに与えられる約100種類の称号は、世界でただ1つずつしか存在しない称号となる。

 称号付きパイロットになると、戦闘開始時に各プレーヤーに向けて特殊な無線メッセージが送られるので、全世界を股にかけたオンライン戦場での注目を集めることができるだろう。

画像画像

 また、「エースコンバット」の世界をより深く何度も楽しめるように、以下のようなXbox LIVEでのダウンロードコンテンツを予定している。

スペシャルカラー機体の追加ダウンロード

 キャンペーンモード・オンラインモードともに使用可能な、特別なカラーリングの機体を配信。お気に入りの塗装の機体を見つけて「愛機」にしてキャンペーンモードの空を制するのでもいいし、珍しいカラーでオンラインモードの空で目立つのもいいだろう。もちろん、友達と同じカラーで編隊を組んで戦うのもアリだ。

 スペシャルカラーには、リアルでミリタリーテイストあふれるカラーや、派手で目立つデザインの塗装の機体はもちろんのこと、ニヤリとするような面白いカラー、「エースコンバット」ファンならピンとくるような「いわくのあるカラー」など、さまざまなタイプの機体カラーを予定しているとのことだ。

特殊性能機体の追加ダウンロード

 キャンペーンモード・オンラインモードともに使用可能な、特殊な性能の機体の追加ダウンロードが可能となる。例えば「通常タイプに比べて抜群にすばやく軽快な飛行ができるが、搭載している武器の数が少なく、耐久度も低い」といった、少し変わった性能の機体などが配信される予定となっている。自分のお気に入りの機体で、より自分のプレイスタイルにマッチした性能のものを選べるようになるだろう。

 なお、ダウンロードできる特殊機体は、スペシャルカラー機体と同様に特別な塗装が施されている。

超高難易度ミッションの追加ダウンロード

 こちらは、最も難しいモードですら物足りないという人のために用意された、最高度に難易度の高いモード。このモードを制してこそエース中のエース。ここでしか戦えない敵も登場するので、腕に覚えがある方は、ぜひ挑戦してしてほしい。

オンラインモード用対戦/協力ステージの追加ダウンロード

 多人数で遊べるオンライン対戦/協力ステージも、ダウンロードすることで追加可能だ。製品中に入っているオンラインステージとは異なった場所で、異なった作戦が要求されるステージとなる。何度も遊べるオンラインステージを、さらに新鮮な気持ちで遊び続けることができる。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/12/news010.jpg 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
  2. /nl/articles/2404/09/news079.jpg お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  3. /nl/articles/2404/11/news030.jpg 夫婦ゲンカ翌日の“やり返し弁当”、白飯に「バカ」だけと思いきや…… 「仕返し最高です」「めちゃめちゃおもろい笑」
  4. /nl/articles/2404/12/news017.jpg ダイソーのバケツでオクラを育ててみたら…… 最強の省スペース栽培に「今年の夏は是非やってみます」「すごい!すごすぎます!」
  5. /nl/articles/2404/12/news182.jpg 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  6. /nl/articles/2404/11/news026.jpg 庭に直植えして大後悔した巨大木の伐採を、YouTuberにお願いしたら…… 流血沙汰の結末に「色々と考えもんだなぁ」「あんなんなるんだ」
  7. /nl/articles/2404/09/news009.jpg “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  8. /nl/articles/2404/11/news095.jpg カビ・石けんカス・水アカはどの順番で落とせばいいのか―― プロが教えるお風呂掃除が参考になる「見事です!」「感動しました!」
  9. /nl/articles/2404/12/news009.jpg 猫素人だった息子と、元野良猫が出会って3年…… 徐々に距離を縮める様子に「ジーンとしました」
  10. /nl/articles/2404/12/news015.jpg 万能「ストライプシャツ」の“コレジャナイ感”を解決するには…… 印象激変の着こなし術に「できそう!」「ちょっとした工夫ですね」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」