ポリゴンに新しさを感じた頃「麻雀ステーション MAZIN〜麻神〜」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/2 ページ)

実に1年2か月ぶりに、プレイステーションのソフトを取り上げます。「麻雀ステーション MAZIN〜麻神〜」(サンソフト)。麻雀牌と麻雀卓をポリゴンによって立体的に表現した、プレイステーションのローンチタイトルです。登場人物が全員濃いです。

» 2007年11月16日 00時00分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]

格闘チックに気合いで麻雀

 「俺と同じ卓についたことを後悔するんだな」

 「おいらの江戸っ子の血が騒ぐぜい!」

 「フン! ハァッ! デヤアッ!」

 「うおぉ、この勝利をゼウス様にぃー!」


 これらは、「麻雀ステーション MAZIN〜麻神〜」(サンソフト)に出てくる雀士が、上がったときの勝ちゼリフ。これだけ見ても、この雀士たちが、いかに濃いメンツかがわかるだろう。

 勝ちゼリフだけではない。ツモや打牌のときにも、いちいち「フンッ!」とか「ハアッ!」とか叫ぶ。気合い入りまくりなのだ。

 「麻神」のキャンペーンモードは、麻雀の神“麻神”が、世界の各時代の英雄に挑戦状を送りつけたという設定。10人の雀士が戦い、勝ち残った者が麻神への挑戦権を得る。

 紀元前のアテネから来た戦士。15世紀のルーマニアから来た吸血鬼の少女。戦国時代の侍。アメリカ西部開拓時代のガンマン。プレーヤーが操作する主人公・伊吹勝也も現代人ではなく、戦後すぐの日本から来た学生だ。

 現代人の雀士は2人。1人はアメリカの空手家で、もう1人は……ボディコンのお立ち台ギャル。

 このゲームにおける“現代”というのはもちろん、ゲームが発売された1994年12月3日のこと(プレイステーション本体と同時発売)。

 この年の夏にジュリアナ東京は閉店していて、お立ち台ギャルも“ちょっと前の流行”という印象があったような気がするが、今となっては“だいぶ前の流行”であり、ギリシャの戦士や戦国の侍と同様、過去の一時代を象徴するキャラクターとなってしまった。

画像 オープニングに出てくる麻神。オープニングには音声が入り、プレイステーションの高機能をアピールしていた
画像 ギリシャの戦士・ローゼスは、上がるたびにゼウス様に勝利を捧げる
画像 お立ち台ギャル。「遊び相手にはちょっと物足りないわね」という勝ちゼリフが何かむかつく

 各キャラクターが勝ちゼリフをしゃべることや、雀士に戦士系のキャラクターが多いことなど、当時流行していた対戦格闘ゲーム、特に「バーチャファイター」の影響がみられる。

 主人公・伊吹勝也も、ツンツン髪に鉢巻きの日本男児と、「バーチャファイター」のアキラをほうふつとさせるキャラクターだ。

 もちろん勝也にも勝ちゼリフがある。プレーヤーが上がったときに、気合いを入れて勝也がしゃべる、その勝ちゼリフは……、

 「よし! 歯ごたえのねえやつだだで!」

 主人公がかむなあ〜っ!!

画像 戦後の混乱期を麻雀の腕だけで生き抜いたという、主人公の伊吹勝也
画像 金持ちのおじさまが大好きの、萌え系(?)吸血鬼、シェルル
画像 多分未来から来ているであろう、江戸っ子ロボットのデンジロウ

牌もポリゴン、卓もポリゴン

 「麻神」最大の特徴は何といっても、すべてがポリゴンで表示されたゲーム画面だ。

 ポリゴンを使ったゲームは、スーパーファミコンの時代からあった。だがプレイステーションでは、ポリゴンによる描画を作りやすいというハード特性もあって、ポリゴンを使ったゲームが主流となった。

 まだ業界トップになる前のプレイステーションでは、異色のソフトがいっぱいあって、独特のカオスな雰囲気をかもし出していた。

 アーケードから移植のレースゲーム「リッジレーサー」(ナムコ)や、リアルタイム3DのRPG「キングスフィールド」(フロム・ソフトウェア)のように高い評価を得たものもある。

 一方、主人公が実写の格闘ゲーム「ツインゴッデス」(ポリグラム)や、登場人物の顔が異様に怖いアドベンチャーゲーム「厄 友情談疑」(アイディアファクトリー)など、強烈すぎるゲームも多かった。

画像 ここだけ見ると普通の麻雀ゲームだが、ここから画面切り替えなしで、視点が下家に移動する

 「麻神」は、その種のゲームのはしりといえるかもしれない。麻雀を打つキャラクターはもちろん、麻雀牌も、そして麻雀卓も、すべてがポリゴンで表示されているのだ。

 ある意味、プレイステーションの機能を存分に生かしたゲームである。

 すべてがポリゴンということで、さまざまな視点から卓を眺めることができる。実際のゲームでは、プレーヤーの手番ではもちろん手持ちの牌が表示されるが、打牌が終わると、下家、対面、上家の動きとその捨て牌が、次々とアップで表示される。

 視点は切り替えではなく、プレーヤーの牌から下家の顔へ、さらに下家の捨て牌へと、なめらかに視点が移動するのだ。当然、ポンやカンが入ると、鳴いた雀士に視点が移動する。

 さらに、視点の動き方はひと通りではない。相手の雀士が、あるときは正面からアップで、あるときは斜めから、またあるときは卓越しにロングでと、幾通りかのアングルで表示されるのだ。

 こうした視点へのこだわりは、ゲーム内容とは直接関係ない。でも、プレイステーションというゲーム機の性能を、わかりやすく示すことになった。

画像 下家にいる空手家のスカッド。同じ局でも、あるツモ順ではこのように真横からのアングルとなるが
画像 別のツモ順では、斜めからのアングル
画像 また別のツモ順では、正面からのアップとなる
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/27/news133.jpg 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  2. /nl/articles/2405/27/news038.jpg 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  3. /nl/articles/2405/28/news118.jpg 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  4. /nl/articles/2405/27/news130.jpg 「声出して笑った」「あかんw」 メロンパンを半分こしようとしたら…… “衝撃のビジュアル”への変貌に5万いいね
  5. /nl/articles/2405/28/news131.jpg 「誰かわからなかった」 香川照之、“激変”したワイルドな姿に周囲も「髪型それでいいんですか」「なんか自由な感じ」
  6. /nl/articles/2405/28/news052.jpg 最新のガンプラに10年前のパーツを付けると……? 「覚醒状態」への変身が「激アツすぎる」と話題
  7. /nl/articles/2405/28/news101.jpg 「くたばれクソメディア」 マイファスHiro、「性加害巡る誤報」伝えかけた週刊誌に中指突き立て “音声暴露”し「覚悟持ってやってこい」
  8. /nl/articles/2203/29/news111.jpg 小林麻耶、元夫・あきら。と「愛の再婚」を報告 駆け落ち理由は“父と縁を切り、母は洗脳にかかっている”ため
  9. /nl/articles/2405/27/news012.jpg 「リノベは正直無理」 絶望的なボロボロ築50年超物件を改装→信じられない変貌に「元の家の面影なし」
  10. /nl/articles/2405/28/news146.jpg 「まさかの本人」 JR東の各駅放送と新幹線の車内放送の中の人が夢の競演 「黄色い線の内側の人だ」「親の声より聞いた声」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「これを見つけたら緊急事態」 農家が恐れる“生えると危険な雑草”の繁殖力に「悪いやつだったんですね」「よく食べてました」
  2. 「虎に翼」、ヒロインの弟役が初登場 演じた人物のギャップに驚き「同一人物なのか?」「朝ドラにも出るの凄いな」
  3. 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  4. スーパーで買ったレモンの種が1年後…… まさかの結果が635万再生「さっそくやってみます」「すごーい!」「手品みたい」
  5. YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  6. 誰にも懐かないボス犬を、1歳娘が散歩へ連れて行くと…… 従えて歩く驚きの光景に「あの狂犬が…」「凄い…凄すぎる」
  7. 晩酌中、ふと机の下をのぞいたら…… 背筋が凍える光景に反響続々「皆様は覗かないようにしてくださいね」
  8. 小林麻耶&國光吟、600万円超する“新型外国車”購入に「中古で売る時の値段は考えてません」 高額iPadもゲットで生活フルエンジョイ
  9. 真田広之の俳優息子、母・手塚理美と“超大物司会者”に対面 最新ショットに「ご立派な息子さん」「似てる雰囲気」
  10. 「トップバリュを甘く見てた」 ジョブチューンで審査員大絶賛の“マストバイ商品5選”に反響 「買ってみよ」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評