レビュー
» 2007年11月19日 12時00分 公開

膨大なクエスト数で“イヴァリース”の世界を堪能できる作品「ファイナルファンタジー タクティクス A2 封穴のグリモア」レビュー(1/3 ページ)

前作より4年、待望の続編がニンテンドーDSで登場。手軽に遊ぶことができながらも、ボリューム満点の本格シミュレーションRPGで、異世界“イヴァリース”での冒険を楽しもう。

[原田一,ITmedia]

「イヴァリース」を舞台にしたもう1つの作品

 夏休みを迎える目前の教室で、主人公ルッソはそれまでのイタズラの罰として図書室の整理を先生から命じられる。そこで見つけた古い本は途中から空白になっており、その最後のページには「空白を告げるもの、その名を告げよ」と書かれていた。ルッソは迷わずそこに自分の名前を書き込むが、その瞬間、本の中に吸い込まれてしまう。

画像 「FFT-A2」は “イヴァリース”を舞台にした作品群の一角という面も持つ。この作品群には本作以外にファイナルファンタジー XII」や「ファイナル ファンタジー XII レヴァナント・ウイングなどのタイトルが含まれており、本作にも「ファイナルファンタジーXII」の主人公ヴァンやパンネロが登場する

──上記のようなストーリーで始まる「ファイナルファンタジー タクティクス A2 封穴のグリモア」(以下、FFT-A2)は、「ファイナルファンタジー」シリーズでおなじみのさまざまな要素を盛り込んだシミュレーションRPG「ファイナルファンタジー タクティクス アドバンス」(以下、FFT-A)の流れをくむ新作だ。

 2003年に発売された「FFT-A」には、“ジャッジロウシステム”という特徴的なシステムが取り入れられている。これは、日付ごとに設定される“ロウ”という特殊なルールを破ると罰則が与えられるというもの。たとえば、アイテム禁止のロウが設定されている時にアイテムを使ってしまうと、アイテムを使用したユニットはイエローカードを受けてしまう。イエローカードを受けると、戦闘後にアイテムが没収されたり、能力値が下がったりと破ってしまったロウに応じたかなり厳しい罰則が待っている。場合によっては“プリズン”という牢獄に送られて一定数の戦闘をこなすまでは基本的に使用できなくなってしまうのだ。

 このジャッジロウシステムの導入により、さまざまなロウに対応するためにそれぞれ違ったタイプのユニットを育てたり、あるいは、敵にも適応されることを利用して登場する敵の特殊能力を封じるといった、それまでのシミュレーションRPGにない部隊運営や戦略をもたらしたが、制限を受けることへの不満も大きかった。

シリーズの魅力はそのままにより遊びやすくなった育成システム

 「FFT-A2」では、それまでのシリーズの基本的なシステムはそのままに、より遊びやすくなるように改良が加えられている。まずは、「FFT-A」シリーズの特徴でもある育成システムに関して紹介しよう。

 「FFT-A」では、装備品にアビリティが設定されており、装備しているとその装備品に付加されているアビリティを使用でき、“AP(アビリティポイント)”が目標値までたまるとそのアビリティを覚え、以降その装備品を外してしまってもアビリティを使用することができるようになっている。ジョブチェンジできるジョブを増やす条件はジョブのレベルではなく、対応するジョブの覚えたアビリティの数になっており、ジョブチェンジできるジョブを早く増やしたい場合は、アビリティの性能を気にせずにAPの目標値が低いアビリティをたくさん覚えさせる、といった方法を採ることができる。

 また「FFT-A」では、経験値は同じ1回の行動ごとに各ユニットごとに獲得する方式だが、APは戦闘終了時にその戦闘に参加しているユニット全員に入る仕組みとなっている。「FFT-A2」では、基本的な仕組みは「FFT-A」と同様だが、ジョブの中に、アビリティの数以外に特定のクエストをクリアする必要があるものが加わった。また、経験値もAPの入り方も変更になっており、経験値は戦闘に参加したユニットにレベルに応じた一定値と、戦闘中の活躍に応じたボーナス値が加算されるようになっている。また、APは戦闘に参加していないユニットにも全て同じ値が与えられるようになった。

 これにより、レベルが離れすぎて使いにくいユニットも戦闘に参加さえすれば育てていくことができるようになり、前作「FFT-A」よりも育成しやすくなったと言える。また、レベルが上がった時のステータスのあがり方はそのときのジョブによるので、戦闘に参加させずにアビリティだけ覚えさせていき、成長率のいいジョブにジョブチェンジできるようになったら戦闘に参加させ、高いステータスのユニットに育てることを狙う、ということも可能になったわけだ。

画像画像 戦闘終了後の経験値獲得画面(左)と結果報告画面(右)。戦闘後に獲得できたギルやアイテムのほか、獲得APも表示され、このAPは全員が得ることができる
画像 ジョブチェンジするためのアビリティの条件を満たしていないジョブは灰色、必要なクエストをクリアしていないジョブは「????」で表示される。ちなみにジョブの中には、他のジョブで身につけたアビリティを使えるものもあり、そういったジョブの場合、「????」でも成長していることがある
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/18/news111.jpg プロレスラー赤井沙希、月イチ美容施術後のセルフショットに反響 「あれだけ激しく戦ってこの美しさ!」
  2. /nl/articles/2201/17/news109.jpg 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  3. /nl/articles/2201/13/news170.jpg 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  4. /nl/articles/2201/18/news024.jpg 「この猫ベッド可愛すぎww」「偉そうな感じがたまらない」 クマのベッドをボコボコにする猫と微動だにしない猫の姿に反響
  5. /nl/articles/2201/17/news033.jpg 犬「帰らぬ!」 雪が大好きな秋田犬、吹雪の中でも帰宅拒否でふんばる表情が「頑固者」でかわいい
  6. /nl/articles/2201/18/news047.jpg 階段でこけた飼い主に愛犬が「どしたの〜!!」 どつきまくるワンコあるあるに爆笑と「助けようとしてる?」の声
  7. /nl/articles/2201/18/news020.jpg ヨウム「ラーメン」(低音) なぜか“ラーメン”だけイケボになる器用なヨウムに「聞けば聞くほど面白い」と爆笑の声
  8. /nl/articles/2201/18/news028.jpg 【漫画】料理を「手抜きみたいでごめん」と謝る妻に…… 夫のすてきな返しとやり取りにほっこりする声
  9. /nl/articles/2201/18/news104.jpg 落語家が遭遇したハプニングが見事な出オチ(物理)で100万回再生 まさかのドッキリ的展開に拍手と笑いが起きる
  10. /nl/articles/2201/17/news035.jpg 「いろんな意味でアカンやつやw」「全猫が行き倒れ」 ホットカーペットに全てを持ってかれてる猫の表情に爆笑

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に
  10. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」