番組を知らなくてもレトロゲームが大好きな人ならよかですよ「ゲームセンターCX 有野の挑戦状」レビュー(1/3 ページ)

1984年にアーケードから移植された「コズミックゲート」や、1985年の「からくり忍者ハグルマン」など、ゲーム史を彩った人気作品。これらのゲームが生まれた歴史的背景をひもといていく(注:これらは「ゲームセンターCX 有野の挑戦状」のゲーム内ゲームです)。

» 2007年11月30日 12時30分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]

※編集注:

 通常ですと連載「ゲイムマンのレトロゲームが大好きだ」を掲載する予定でしたが、“やっぱりこのソフトは外せない”ということで、今回は予定を変更して“番外編”の「ゲームセンターCX 有野の挑戦状」レビュー記事をお届けしますことをご了承ください。


初期シューティング時代を彩った名作

 今回取り上げるゲームは、「コズミックゲート」(TOMATO)。ゲーム暦1984年11月8日、家庭用ゲーム機に移植された。

 この年、ファミコンにはハドソンとナムコ、2社のサードパーティが参入。そして11月8日はまさに、アーケードで大ヒットしたナムコのシューティングゲーム「ゼビウス」が、ファミコンに移植されたその日である。

 「ゼビウス」は、アーケード版にもあった隠れキャラ“ソル”の存在や、ファミコン版での無敵モードの発見などで、裏技ブームを作ったゲームの1つ。

 「ゼビウス」以外にも、ナムコは「ギャラクシアン」や「パックマン」、そしてこれ以後も、「マッピー」「ギャラガ」「ディグダグ」と、アーケードで人気だった作品を、ファミコンに多く移植した。

 「コズミックゲート」もアーケードからの移植。基本システムは「ギャラクシアン」や「ギャラガ」と同様、隊列を組んでビームや体当たりで攻撃してくる敵を、戦闘機で迎え撃つ形。

 だが、当時としては真新しかった要素がいくつか含まれていて、このゲームの個性となっている。

 まず、パワーアップシステム。光るボスを撃つとパワーアップアイテムが落ちてきて、これを取ると、2連射だった弾が3連射できるようになる。しかも3発めは貫通弾だ。

 アーケードではこの時期、すでに「スターフォース」(テクモ)が登場していたが、「コズミックゲート」は家庭用ゲーム機版でも、スムーズな3連射が再現され、気持ち良く攻撃できた。

 また、4ステージごとの“アステロイドゾーン”にも驚かされた。大小さまざまな隕石を撃つボーナスステージなのだが、いちばん大きな隕石がとにかく大きい。優に自機の10倍はある。

 隕石は、大きさによって堅さが違う。小なら1発、中なら3発で壊れるが、大を破壊するには15発撃つ必要がある。

 後半のステージでは、高速で接近する隕石が増えるので、ボーナスステージといえども油断はできない。

 そして「コズミックゲート」いちばんの目玉となっているのが“ワープゲート”だ。

 光るザコ敵を最初に撃つと、出現するワープゲート。これに弾を18発撃ちこむと、3つ先のステージへワープできるのだ。

 早く先へ進みたいならワープ、得点を重視するなら光る敵を撃たずにとっておく。プレーヤーはその目的によって、“ワープか、セーブか”を選択することになる。

 もっとも「マイティボンジャック」とは違って、ワープした後にミスしても、ワープ前のステージに戻されるわけではない。

画像 貫通弾でまとめて敵を倒すと高得点。縦一直線に飛んできたときが狙い目
画像 アステロイドゾーンでは、壊した隕石の数に応じてボーナス点が入る。また、大きな隕石を壊すと15000点入る
画像 ワープゲートは撃っているとだんだん大きくなる。さらに先へワープできる、特殊な色のワープゲートも存在

ゲーム魔王アリーノーからの挑戦

 ……えー、この「コズミックゲート」はもちろん、実際に1984年に発売されたゲームではない。「ゲームセンターCX 有野の挑戦状」(バンダイナムコゲームス)に収録された“ゲームinゲーム”である。

 「ゲームセンターCX 有野の挑戦状」を始めると、番組でおなじみ菅プロデューサーのナレーションで、ストーリーが語られる。

 有野課長が“有野の挑戦”に失敗したとき、その無念の思いがニンテンドーDSに宿り、“ゲーム魔王アリーノー”として実体化した!

画像 ゲーム魔王アリーノー。この顔を見て少年時代の有野さんはショックを受ける

 プレーヤーは小学生となって、少年時代の有野課長の家に飛ばされる。そしてもとの時代に戻るため、アリーノーが次々と出す挑戦(課題)をクリアしていくのだ。

 最初の挑戦は、「コズミックゲートのステージ5をクリアする」。挑戦といっても現在の“有野の挑戦”とは異なり、番組初期でたまに見られた、得点を稼いだり、あるアクションを成功させたりといったものが多い。

 「コズミックゲート」でアリーノーから出された挑戦を4つクリアすると、時代がちょっと進み、ゲーム暦1985年9月13日になる。この日はアクションゲームの「からくり忍者ハグルマン」の発売日で、今度はこのゲームを使って、4つの挑戦をクリアすることになる。

 さらに「ハグルマン」の挑戦を4つクリアすると、同年11月21日に進み、レースゲーム「ラリーキング」を使った挑戦に移る。こうして次々と新しいゲームに挑戦しながら、時代を進めていくのだ。

 昔はゲームが少なかったから、1本のゲームをいろんなやり方でプレイして、長い期間楽しむプレーヤーが多かった。高得点を稼ぐ、短時間でクリアする、あるアクションを封印してプレイする、etc.

 「ゲームセンターCX 有野の挑戦状」の“挑戦”システムは、それを再現しているといえるかもしれない。

気軽に遊べるアクションゲームとレースゲーム

画像 ハグルマンは敵の攻撃を1回だけ耐えられる。ポンコツ状態になるが、元に戻る手段もなくはない

 さて、すでに紹介した「コズミックゲート」以外のゲームを見ていくことにしよう。

 ゲーム暦1985年9月13日発売の、アクションゲーム「からくり忍者ハグルマン」。くしくも「スーパーマリオブラザーズ」(任天堂)と同日発売である。

 珍幻斎にさらわれたほおずき姫を救うため、からくり忍者ハグルマンが妖怪と戦う。ハグルマンの攻撃手段は、手裏剣と踏みつけ。さらに、ステージにある扉を回して、敵を倒したり、敵の攻撃から逃れたりできる。

 扉を回すと、画面内にある同じ色の扉が全部回転する。これを使って離れた所にいる敵を倒すことも可能。

 続いて登場するレースゲーム「ラリーキング」。見下ろし型の画面で、車は基本的に画面の上方向へ進んでいく。当時のゲームだからコースは回転しないが、この時代は、画面がドット単位でなめらかにスクロールすること自体が新しかった。

画像 Aボタンの操作でドリフトブースト! 変な所で発動させると、思い切りガードレールに当たるんで注意

 Aボタン(アクセル)と十字キー(ハンドル)を巧みに操作することで“ドリフトブースト”が発動し、爆発的に加速できる。また、各コースにショートカットが設けられており、うまく使うと順位がジャンプアップする。

 あまりシビアなコーナリングは要求されず、かなり遊びやすい。ただし、一瞬の気の緩みが大きなタイムロスを招くので、油断はできないが。

 裏技を使うと、車が他車やガードレールにぶつかってもダメージが蓄積しなくなり、さらに走りやすくなる。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/24/news076.jpg 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. /nl/articles/2406/24/news018.jpg 定年退職の日、妻に感謝のライン→返ってきた“言葉”が193万表示 「不覚にもウルッとした」「自分も精進します」と反響多数
  3. /nl/articles/2406/23/news022.jpg あずきバーに砲弾を撃ち込む様子が“そんなわけなさ過ぎる結果”で爆笑 ツッコミが不可避の投稿はどのように生まれたのか聞いてみた
  4. /nl/articles/2406/21/news154.jpg 「死ぬほど笑ったw」 “ほろよい”限定デザイン → 人気ゲームの“例のロゴ”に見えると話題に まさかの公式も反応「ほろよい うま」
  5. /nl/articles/2406/23/news014.jpg 「やばすぎ」 ブックオフに10万円で売られていた“衝撃の商品”に仰天 「これもう文化財」「お宝すぎる」
  6. /nl/articles/2406/22/news028.jpg いつも遊びに来る野良猫がケガ→治療するもひどく威嚇され…… 「嫌われた」と思った翌日の光景に「涙が出ました」
  7. /nl/articles/2406/24/news020.jpg 「行政に連絡しやなあかんやろ」街頭で遭遇した“危険生物”が477万表示 “経験者”から「足速いから気を付けて」「近付かないほうが」
  8. /nl/articles/2406/22/news082.jpg “英語”で書かれた商品説明をよく見ると…… 「日本人にしか読めない」遊び心あふれるパッケージに9万いいね
  9. /nl/articles/2406/24/news038.jpg “大好きなチーズを離さないハムスター”に見えて、実は…… 目を疑う正体に「天才」「本物かと思った…」
  10. /nl/articles/2406/24/news041.jpg ご飯中に眠すぎる赤ちゃん、ぐでんぐでんになっていき…… 100万再生の“世界一かわいい寝落ち”に「この時期しか見られない」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」