レビュー
» 2007年11月30日 12時30分 公開

番組を知らなくてもレトロゲームが大好きな人ならよかですよ「ゲームセンターCX 有野の挑戦状」レビュー(3/3 ページ)

[ゲイムマン,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

1980年代のゲーム界を再現

画像 ありの少年との雑談でも、会話の内容が時代によって変わる。当時のゲーム界の状況が思い出されて懐かしい

 それぞれの年におけるゲーム界の流行が盛り込まれていて、当時を知る人なら、たとえ「ゲームセンターCX」をよく知らなくても十分楽しめる。

 例えば「コズミックゲート」の時代には、アーケードのゲームが家庭でプレイできることに価値があった。「スタープリンス」の時代には名人が出現する。さらに時代が進むと、雑誌に開発者や広報さんのコメントが載るようになったり、ゲームの発売が延期になったりする。

 取扱説明書も用意されていて、古いゲームでは3色カラーだが、途中からフルカラーに変わり、さらにページ数がだんだん多くなっていく。

 おもしろいことに、当時のゲームの不便だったところまで、不満にならない程度に再現されている。

 例えば、裏技全盛時代のゲームは、コンティニューが隠しコマンドだった。終盤2本のゲーム以外は、ゲーム途中でのセーブができない。逆に終盤のゲームは、各ステージが長くて、ちょっと難しい。

 とはいえ、隠しコマンドはゲームファンマガジンに書いてある。ゲーム途中でのセーブはできなくても、ニンテンドーDSの蓋を閉じればゲームを中断できる。各ステージの長さも、当時のゲームに比べれば大したものではない。

 さてゲーム終盤、ゲーム魔王アリーノーの挑戦は、現在の「ゲームセンターCX」に近いものになる。

 ただしほとんどのゲームに、裏技による抜け道が用意されている。ゲームファンマガジンのバックナンバーをあされば、何か使える裏技はあるから、有野課長のような苦労はしなくて済む。

 とはいえ最後のゲームは、抜け道を使うとパワーアップができないので、かなり苦労した。まあそれでも、アクションゲームの苦手なわたしがクリアできたんだから、そんなに難しくはないと思う、多分。

1980年代末にはボリュームのあるゲームも

 RPG「ガディアクエスト」は、ゲーム暦1987年9月11日に発売される。同じ日に発売されたRPGには、ナムコの「デジタルデビル物語 女神転生」があるが、「ガディアクエスト」は「女神転生」のような3D視点ではなく、一般的な見下ろし型視点のRPGだ。

 この年の1月26日に「ドラゴンクエストII」(エニックス)が発売されて以降、空前のRPGブームが巻き起こり、各社からいくつものRPGが生まれた。「桃太郎伝説」や「ファイナルファンタジー」もこの年だ。

 「ガディアクエスト」には、2つの大きな特徴がある。1つは“アタッキングマークシステム”。それぞれの武器に8個のマークが設定されていて、その組み合わせにより、武器の攻撃力が変わる。威力は大きいが当たりにくい武器もあり、使うかどうかはプレーヤーの判断にゆだねられる。

 もう1つは、ガディアと呼ばれる一部のモンスターを仲間にできることだ。仲間になったモンスターは、数ターンに1回敵を攻撃するが、これがすごい威力。かなり役に立つ。

 迷宮は長くて複雑だが、回復魔法を早い段階で覚え、またレベルがさくさく上がるので、気持ち良く迷宮を探検できる。どこでもセーブできるのもいい。

画像 街の人々の話は、ゲームが進むと変わることがある。特殊な敵が隠れている場所を教えてくれる人も
画像 アイテムには「課長の名刺」「ひえピッタン」なんてものもある。ひえピッタンを使うと目が覚める

 そして最後のアクションゲーム。発売がゲーム暦1989年という設定なので、大きなキャラクターが動き、ステージマップが広い。ステージ間のビジュアルシーンも凝っている。

 かなり難易度が高いので、何回もやられて敵の出現パターンを覚え、少しずつ進むことになるだろう。

 まさに、“有野の挑戦”でよく見た場面を、ゲームで体験できるのだ。ボスキャラ戦でも、有野課長さながらの一進一退の攻防が味わえる。

番組のファン向けに多数の小ネタも

 「ゲームセンターCX 有野の挑戦状」は、基本的に1980年代の雰囲気を味わうコンセプトなので、もとのテレビ番組「ゲームセンターCX」との関連性は薄い。

 ただ、番組のファンだけにわかる小ネタも満載。ゲーム中にありの少年が音声で入れるツッコミの中に、「パターン入った!」「ガメオベラ」「有野オーン!」(まだ課長じゃないから「課長オーン!」ではない)など、番組での有野さんの言葉がいくつか出てくる。

 ゲームファンマガジンには、番組スタッフがゲーム開発者や名人として登場。あんなキャラの濃い名人が、もし当時実在していたら、大人気になっていただろう。

 番組で有野課長をサポートするADの皆さんは、歴代編集長になっている。初代の東島さんは、編集長を辞めてアメリカへ行った後、いったん出戻ってくる。芸が細かい。

 番組で有野課長やスタッフが使うホワイトボードも、メモ帳という形で再現。タッチペンを使って、各ゲームのマップやヒント、裏技情報などがメモできる。

 各ゲーム内にも、「ラリーキング」のドライバーが“ヒゲのおっさん”(しかも名前がマーサー・アリオ)だったり、2周して初めてクリアとなるゲームが多かったり、アクションゲームで鳥(社員になりたくてしょうがない敵)が猛攻を仕掛けたりと、番組の1シーンを思い出させる要素が入っている。

 ちなみに、エンディングのスタッフロールが終わった後、何もしないでしばらく待つと、ちょっとした(本当にちょっとした)お楽しみがある。

 直前のゲーム魔王アリーノーのセリフもあったし、このゲームを作ったスタッフが、「たけしの挑戦状」をすごくリスペクトしていることがうかがえた。

画像 編集長のコラムでは写真が入るが、番組で募集した歴代ADさんの似顔絵になることもある
画像 ありの少年との雑談でもなぜか、番組ネタがいくつか出てくる

●取り上げてほしいなつかしゲー募集

思い出のあるゲームについて、ゲイムマンと語ってみませんか? あのゲームが好きだったのに今はもう手元にない、けどもう一度見てみたい! とか、俺が好きだったこのゲームを紹介しないなんて許せない! というあなた。是非こちらから、取り上げてほしいゲームをリクエストしてください。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  3. /nl/articles/2201/26/news014.jpg 飼い主がストーブ前に座ると、黒柴三兄弟がのってきて…… 団子状態で暖をとる子犬に「鼻血でるほど可愛い」
  4. /nl/articles/2201/26/news103.jpg 超笑顔だ! 笑わない男・ラグビー稲垣啓太とモデル・新井貴子が結婚、初夫婦でデレデレの笑み
  5. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  6. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  7. /nl/articles/2201/26/news043.jpg なかやまきんに君、「お願いマッスル」カバーMVで“自慢の肉体美”を披露 本家は2億4000万回再生超え
  8. /nl/articles/2201/25/news110.jpg トンガに物資を運ぶ自衛隊員の“ステキなアイデア”にジーンとくる…… 「お疲れ様です」「泣けてきました」と称賛の声
  9. /nl/articles/2201/26/news019.jpg 子猫「肉球ぜんぶ見せたげよっかな?」 かわいい肉球をもったいぶる子猫に全力で「見せて!」とお願いしたい
  10. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」