レビュー
» 2008年01月07日 15時25分 公開

衝撃の第1作目から早10年──「GT」はついにオンライン完全対応に「グランツーリスモ5 プロローグ」レビュー(2/2 ページ)

[千早秀生,ITmedia]
前のページへ 1|2       

自動車メーカーとのコラボレーションも期待できる「ディーラー」

 アーケードでクルマの操作に慣れたら、次は「イベント」にチャレンジしたい。ここにはさまざまなレギュレーションが設けられたシングルレース、規定タイムを目指すタイムトライアル、指示に沿った走りを行うミッションレースが用意されていて、それぞれクリア条件を満たせば賞金を獲得することが可能だ。また、最初のCクラスをすべてクリアすれば次のBクラス、BをクリアすればAクラス……と、シリーズの伝統である「GTモード」のようなシステムになっている。もちろん、クラスをクリアした際のご褒美、プレゼントカーもある。

サンデーカップやFFチャレンジ、グランツーリスモオールスターズなど、お馴染みのレースイベントが
タイムトライアルにはゴールド、シルバー、ブロンズのタイムが設定されている。狙うのは当然ゴールドだ

 車種やクラス限定のイベントに参加するには、条件に合ったクルマが必要になる。「イベント」で賞金を稼いだら「ディーラー」に向かおう。本作に登場する車種は、国内外の自動車メーカー22社のもの。最大の注目はやはり「GT」シリーズ初登場のフェラーリだろう。新型GT-Rやアテンザスポーツ(来春発売予定)など、東京モーターショー2007で発表された新車もラインアップされており、その数は全37車種。

 「レクサスがあるのにトヨタがないのはなぜ?」、「なぜあのクルマが入ってないの?」なんて言い出したらキリがないが、プロローグであることを考えれば多いとも思えるし、今後は新車種の配信も予定されているので期待したい(※レクサスは単体で購入可能)。

 またこのディーラーは、自動車メーカーと連動している点も見逃せない。現在はそのメーカーのプレスリリースやニュースが見られるだけだが、今後はプロモーション映像なども配信され、ゲーム内試乗も可能になるとのこと。先のモーターショーでの新型GT-Rの発表に合わせ、本作の体験版で同車がアンヴェイル(序幕)されたように、新車発表と同時にゲーム内ディーラーでその新車を試乗、なんてことも夢ではないだろう。

ボディカラーを選んで、お気に入りのクルマを購入
ディーラー内にはワンメイクレースイベントも用意されている

期待のオンライン対戦は果たして……

他のメディアに先駆けて新型GT-Rを映像化した“THE GT-R Legend”

 さて、ここからは本作の目玉ともいうべき2つのメニューを紹介していこう。まずは「GT-TV」(グランツーリスモTV)。このモードでは、実際のクルマの映像や本作のスペシャルムービーなどをビデオ・オン・デマンド方式で鑑賞することが可能だ。現在は新型GT-Rの開発秘話やランエボXのインプレッション、東京モーターショー2007の模様など、GT-TVオリジナルのフルHD映像を無料で見ることができる。そして今後は、世界中の自動車関連コンテンツの配信も予定。おそらく有料になるとは思うが、CSチャンネルでも放送されないようなモータースポーツ関連映像は個人的にぜひ見たいところだ。

 そして、「オンライン」である。ここでは最大16人でのレースと、オンラインランキングに対応したタイムトライアルをプレイすることができる。12月25日から始まり、筆者もさっそくアップデートしてチャレンジしたのだが……マッチングエラー連発でなかなか走ることができない……。ADSLの1.5Mなんていう、今では遅い部類に入る筆者の通信環境が原因か、なんて思ったが、このトラブルは公式にアナウンスされちょっと一安心。ただ、開始間もないオンラインゲームにトラブルはつきものとはいえ、1戦終了したらすぐに再戦とはなかなかいかない状況は残念でならない。

 とはいえ、マッチングに成功すれば、あとは普通にレースを楽しむことができる。先述のペナルティがあるためか、マナーが悪い人は想像していたよりも少ないと感じたし(運が良かっただけ?)、自分もコーナー進入時やオーバーテイク時には注意しようという気にもなる。本物指向のゲームだからこそ、クリーンなレースをしたい思う人は多いと信じたい。また、ペナルティを課せられたクルマや、コースアウトして戻ってくるクルマなどは点滅し当たり判定がなくなるシステムを導入したのは大正解だろう。

 ……と、この原稿を仕上げている時点(12月27日)でアップデートが行われた。どうやら前述の「マッチングできない」問題はかなり改善されたようだ。後手に回ったとはいえ、素早い対応には好感が持てる。

レースのホスト役が1番グリッドからのスタートとなる
タイムトライアルでは、周回毎に現在のオンラインランキングが表示される
ランキング上位10名のリプレイを保存し、ゴーストカーとして呼び出すことも可能だ

レースイベントは最大16人対戦が可能。ただし、高速な通信環境で遊ばないと厳しいかも……

 なお、現状はレース、タイムトライアルともに運営側が用意したものしかなく、プレーヤーが任意に対戦部屋を作れる機能は搭載されていない。また、コミュニケーション機能は今後搭載される予定だが、少なくともオンライン対戦へのチャット等の導入は早急にお願いしたいところ。自分のミスで相手に迷惑をかけてしまった場合にレース後、一言お詫びできるようになるだけでも印象は違うはずだ。

 このように、オンライン対戦に関しては少々辛口になってしまったが、「GT5」の概要に触れられるプロローグ版として考えれば、十分に楽しめる作品だとは思う。オンラインを楽しみに5000円近いお金を払ったのに! という意見も分からなくはない。でも、ここは先行投資と考えて今後のアップデート、さらにその先の本編(過去作品の流れからすると2008年末!?)に期待しようじゃありませんか!

「グランツーリスモ 5 プロローグ」
対応機種プレイステーション 3
ジャンルオンラインカーライフシミュレーター
発売および配信開始日2007年12月13日(木)
PLAYSTATION Store販売価格(税込)Blu-ray Disc版:4980円/ダウンロード版:4500円
(C) Sony Computer Entertainment Inc. Manufacturers, cars, names, brands and associated imagery featured in this game in some cases include trademarks and/or copyrighted materials of their respective owners. All rights reserved. Any depiction or recreation of real world locations, entities, businesses, or organizations is not intended to be or imply any sponsorship or endorsement of this game by such party or parties.
Produced under license of Ferrari Spa. FERRARI, the PRANCING HORSE device, all associated logos and distinctive designs are trademarks of Ferrari Spa. The body designs of the Ferrari cars are protected as Ferrari property under design, trademark and trade dress regulations.
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/09/news144.jpg 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  2. /nl/articles/2205/23/news131.jpg ジャガー横田、愛車・BMWが高速手前でエンスト 九死に一生も原因不明の故障に「新車でまだ一年半なのに…」
  3. /nl/articles/2205/23/news185.jpg 中村江里子、174センチの長女&181センチの中学生長男に驚く声 「足ながっ!!」「モデルになれそう」
  4. /nl/articles/2205/23/news105.jpg キンコン西野、“勝手に出された婚姻届”にまさかの展開 証人欄にはお世話になっている「森田一義って名前が」
  5. /nl/articles/2205/23/news158.jpg 「チコちゃん」マナー講師が炎上で、エガちゃんの株が上がってしまう 「エンタメの見本」「エガちゃんはやっぱり偉大」
  6. /nl/articles/2205/23/news128.jpg ドワンゴ、「ゆっくり茶番劇」商標問題への対応策発表 商標権の放棄交渉や独占防止のための「ゆっくり」関連用語の商標出願
  7. /nl/articles/2205/22/news047.jpg Blenderで作ったパンケーキがなんかおかしい 作者も「なぜ…」と困惑するナゾ挙動に「電車で吹いた」「一生笑ってる」の声
  8. /nl/articles/2205/23/news025.jpg モッフモフの大型犬と娘が「すやぁ……」 大きなワンコに包まれ、添い寝する光景に「幸せな時間」の声
  9. /nl/articles/2205/23/news119.jpg 神田うの、元『プチセブン』モデルたちと“同窓会”ショット ほしのあき、SHIHOらが集合「豪華な顔触れ」
  10. /nl/articles/2110/24/news050.jpg 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声