ニュース
» 2008年01月25日 12時00分 公開

「覚醒 星井美希」などのスペシャルカラー機体を配信――「エースコンバット6」

1月31日に配信されるダウンロードコンテンツは、架空機体「CFA-44」プロトタイプカラー機や「ラーズグリーズ」カラー機などのスペシャルカラー機体。「アイマス」関連からは星井美希が再び登場。

[ITmedia]

 バンダイナムコゲームスから発売されているXbox 360ソフト「エースコンバット6 解放への戦火」(以下、エースコンバット6)の新規ダウンロードコンテンツとして「スペシャルカラー機体」が、1月31日からXbox LIVEマーケットプレースにて配信される。

Typhoon -UPEO EMBLEM-

画像画像

 「エースコンバット3」の主人公所属組織「UPEO(ユーピオ)」エンブレム機。兵装の搭載数を切り詰めることにより、安定性能を強化した機体だ。扱いやすい旋回性能で、戦場を軽やかに駆け抜ける。

 全世界の平和と治安を維持することを目的として設立された、NUN新国際連合共同体。直属の治安維持対策機構であるUPEOは、特別航空部隊SARF(サーフ)を保有し、この世界で起こる紛争の解決を目指し対処する。

 価格は無料。

CFA-44 Nosferatu -PROTOTYPE-

画像画像

 「エースコンバット6」で登場した架空機体「CFA-44」のプロトタイプカラー機。EMLの実戦投入に必要な、安定性の確保を第一に考えて調整が進められた機体だ。ドッグファイト向けではないものの、EMLの攻撃性能を極限まで引き出した。後に、天才的な空戦技術を持つパステルナークに合わせ、大幅なカスタマイズが加えられることとなる。

 価格は200マイクロソフト ポイント。

Tornado GR.4 -RAGING SHARK-

画像画像

 高い攻撃能力を持ち、最も危険な攻撃作戦に従事する攻撃機「Tornado GR.4」のシャークマウスカラー機。スピードに犠牲を払いながらも、頑強さと兵装搭載数の大幅な増強を実現させた機体だ。その真価は、対地攻撃において発揮される。

 シャークマウスは、主に機体の機首にペイントを施すノーズアートの一種であり、その、最もスタンダードなものの1つ。自らの士気の高揚や、敵に与える威圧感から、多くのパイロットに好まれた。

 価格は200マイクロソフト ポイント。

F-14D SuperTomcat -RAZGRIZ-

画像画像

 エースコンバット5 の主人公部隊「ラーズグリーズ」カラー機。アクシデントに強い制御システムと耐久性が特徴的な機体には、部隊の誰一人欠かすことなく勝ち遂げるという覚悟が込められている。

 「英雄」とも「悪魔」とも呼ばれた謎の部隊、ラーズグリーズ。その機動力は、敵の戦意をたやすく打ち砕いたという。歴史が大きくかわるとき、ラーズグリーズはその姿を現す。

 価格は200マイクロソフト ポイント。

Su-33 Flanker -YELLOW SQUADRON-

画像画像

 「エースコンバット04」のライバル部隊「黄色中隊」カラー機。耐久性を犠牲にしたものの、卓越した戦闘機動を手に入れた機体だ。旋回制御力が高く、空に鋭い軌跡を描くその姿は、大空の覇者と言っても過言ではない。

 大国エルジアが誇る精鋭部隊、黄色中隊。隊長である「黄色の13」は僚機を選び、常に5機編隊で出撃する。自らの撃墜数よりも、仲間を無事に生還させることを誇りとしていた黄色の13。同時に彼は、空戦において自らと対等に戦える敵を望んでいた。

 価格は200マイクロソフト ポイント。

Su-47 Berkut -THE IDOLMASTER MIKI-EX-

画像画像 ※写真右・奥の機体「Su-33 Flanker -THE IDOLMASTER MIKI-」は別売です

 「アイドルマスター」より「覚醒 星井 美希」カラー機。限界までチューンを繰り返した結果、扱いやすさを犠牲に驚愕のスペックをたたき出した。眠れる才能を目覚めさせ、やる気を見せた機体。

 価格は400マイクロソフト ポイント。

(C)2007 NBGI
All trademarks and copyrights associated with the manufacturers, aircraft, models, trade names, brands and visual images depicted in this game are the property of their respective owners, and used with such permissions.
(C)日本スペースイメージング株式会社
(C)GeoEye
(C)INTA Spaceturk
(C)DigitalGlobe/日立ソフト

(C)窪岡俊之


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/26/news043.jpg 生後1カ月赤ちゃん、ママが3時間抱っこで限界→バウンサーに座らせた瞬間 “激おこ”な表情に「かわいい」「ママ頑張りましたね」
  2. /nl/articles/2402/26/news040.jpg 1歳弟を寝かしつける4歳姉、2人の会話が「可愛すぎて泣ける」 “小さなお母さん”の活躍に「いつまでも仲良しでいてね」
  3. /nl/articles/2402/25/news065.jpg 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
  4. /nl/articles/2402/25/news021.jpg 10人目妊娠中の妻、出張に行く夫から突然「疲れた時は冷凍庫を開けて」とLINEがとどき…… 優しいサプライズが140万再生
  5. /nl/articles/2402/26/news110.jpg 永野芽郁、ドラマ役作りで減量していた ミラノでの1枚に「足ほっそい!」「スタイルよすぎ」の声集まる
  6. /nl/articles/2402/25/news014.jpg 母が帰宅したと思って出迎えた猫、ふと顔をあげたら…… 想定外の事態へのリアクションに「いいねを一万個ぐらいあげたい」
  7. /nl/articles/2402/26/news122.jpg 石田ひかり、2人の娘たちが海外へ旅立ちしんみり 子どもの乗る飛行機を「朝まで追跡しておりました」
  8. /nl/articles/2402/26/news125.jpg 「時差投稿」宣言の北斗晶、ブログ写真をよく見てみると……? 白物家電の英語ボタンで示唆「円安だし」
  9. /nl/articles/2402/26/news049.jpg 着古したセーターがリメークで冬に大活躍の日用雑貨に超変身! 古着の意外な再活用が「とても懐かしい気持ちに」と話題に
  10. /nl/articles/2402/25/news007.jpg 【漫画】「愛犬の老いに直面した話」に「泣きました」「まさに同じ気持ち」と8万いいね 家族の老いと喪失に向き合う話に涙
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」