連載
» 2008年02月18日 00時00分 公開

2度の挫折を経て「FFXI」にハマりつつある独身男性の物語(その14)ヴァナ・ディールをもう一度(2/2 ページ)

[山本博幸(ねこひげLLC),ITmedia]
前のページへ 1|2       

高みを目指すための最終試練

 レベル上限を上げる「限界突破クエスト」を4回クリアしてきた僕は、ようやくレベル70まで到達した。残す限界突破クエストはジュノ大公国のル・ルデの庭にいる老人、Maat(マート)と対決する「星の輝きを手に」のみ。これをクリアするとMAXレベルの75まで上げることができるので、挑戦しない手はない。

 まずはMaatと戦うために必要な「証」と呼ばれるアイテムを入手するところから始まる。この証はジョブごとに用意されており、Maatと対決するジョブに対応した証が必要だ。例えば戦士の僕は「偉大な戦士の証」が必要になるわけだ。LS(リンクシェル)メンバーの協力を得て証を手に入れた僕は、Maat戦はどんなものだろうと軽い気持ちで早速チャレンジしてみることにした。

 証をMaatにトレードすると、決戦場となるBFまで瞬間移動できる(戦士の場合はホルレーの岩峰)。そしてBF入り口に証をトレードすればMaatとの対決が始まるのだが、ここで僕は大きな勘違いをしていた。証はBFにトレードした時点で破れてしまい、以後は使い物にならないのだ。証を落とす敵はパーティで挑めば難なく倒せるが落とす確率は低め。今回入手した証も結構な時間を費やしてようやく手に入れた1枚なので、1戦1戦を大事にしないと再び証取りからやり直すことになる。

 ちなみに、挑むジョブによってはMaat撃退の難易度も変化し、とくに赤魔道士でクリアするのはとても難しいらしい。クリアするまで何度も挑戦しなければならないので、限界突破クエストの中では最難関と言っても過言ではないだろう。

 Maat戦に対して何の準備もしていない今回の挑戦はあまりにも無謀で、正真正銘の時間の無駄。一応、Maatに戦いを挑んではみたが結果はタコ殴りされて敗北という目も当てられない結末を迎えてしまった。知らなかったとは言え、証取りを手伝ってくれたLSメンバーに申し訳ない……。

 後日、LSメンバーにMaat戦が失敗したことを告げると、いくつかの攻略法を教えてくれた。すでに戦士でMaatを倒している人にとっては承知のことかもしれないが、詳細は以下の通り。ちなみに、この戦いではサポートジョブが無効になる。この制限がさらに難易度を高めている要因でもあるのだ。

  • 1:最大HPを上げるため、防具はAF(アーティファクト)一式が望ましい。
  • 2:BFに入ったら睡眠状態のときにTP(タクティカルポイント)が徐々に蓄積されていく首装備の「オポオポネックレス」を装備して昏睡薬(睡眠の効果がある)を飲む。これでWS(ウェポンスキル)もすぐに発動できる。
  • 3:食事アイテムはHPが徐々に回復するオレ系のジュースも一緒に飲んでおく。
  • 4:「ハイポーション」などのHP回復アイテムを忘れずに用意する。
  • 5:瞬時にTPが100%になるアイテム「イカロスウィング」を用意する。
  • 6:WSを使う際は「バーサク」と「ウォークライ」で攻撃力を、「アグレッサー」で命中率を上げ、さらに「マイティストライク」で物理攻撃をすべてクリティカルヒット状態にする。
  • 7:両手斧のWS「レイジングラッシュ」を2回連続で使って連携を決める。
  • 8:Maatが「マイティストライク」を使ったら「ディフェンダー」で防御力を上げる。

 ほかにベターな方法があるのかもしれないが、メンバーから聞いた内容はこんな感じだ。話を聞いたあと、早速メンバーが「証を取りに行こう!」と言ってくれたので好意に甘えることにした。結果から言うと、最初の無駄な挑戦から数えて4戦目にしてようやくMaatを倒すことに成功したのだが、2戦目には自分でも思わず苦笑せずにはいられない何とも情けない失敗をしてしまった。それは上記2番における「オポオポネックレスを装備して睡眠状態でTPを貯める」過程である。

 僕はTPがMAXの300%になるまでずっと眠り続けていた。睡眠状態が切れてはひたすら昏睡薬を使う、ということを繰り返していた。そしてTPが300%になった瞬間、Maatが待っている場所まで移動してようやく攻撃スタート。2、3回互いに攻撃を交え、アビリティを使ってこれからWSを発動させようと思った瞬間、いきなりバトルが終了したのである。最初は「もう勝った!?」と思い喜んでいたがログを見て愕然。そこには

「バトルフィールドの占有制限時間が過ぎました」

 と書かれていた。そうだった。Maatと対戦できる時間は地球時間で10分間だというのをすっかり忘れていた。その短い時間を、僕はほとんど睡眠時間にあててしまったのである。TP蓄積はWSが使える100%でやめておけば良かった。べストを尽くして負けたのならまだ納得はいくが、用意したアイテムをほとんど無駄にし、全力を出し切っていない状態での敗北だったので、悔しさは半端ではない。ほとんど不戦敗に近い。Maatには負けた気はしなかったが、自分の間抜けっぷりに降参したい気分だった。そしてまた証取りの日々が始まったのは言うまでもない……。

3戦目のチャレンジでは時間切れの失態は免れ、あと一息でMaatを撃退できるといったところまで追い詰めたのに、ハイポーションがなくなるというアクシデント。それに気付かず何度もマクロを連打し、またもや時間を無駄にして敗北した。食事とるのも忘れてるし……
今までの失敗を教訓にして4戦目に突入。「これまでの苦戦は何だったんだ!?」というくらいに順調にバトルが進行し、何と一度もハイポーションで回復せずに勝利。レベル75になれる喜びにうち震えた。オレ系のドリンクは飲み忘れているが……

ビシージで誘われた超貴重? なパーティ

 カンパニエバトルが日課になっている今日この頃、ビシージに参加する機会がめっきり減ったので久しぶりに参加することにした。僕はビシージには白魔道士で参加することにしている。現在はレベル31だが、これを36までビシージで上げてテレポを使えるようにしたいからである。「それならレベル上げのパーティ組めばいいじゃん」と思う人もいるだろうが、僕はパーティで白魔道士の役目を務める自信がない。つねにメンバーのHPに気を配らなければいけないし、何よりガルカはMPが低いという欠点がある。それでも立派に白魔道士の役割を果たしているガルカプレイヤーはたくさんいるが、僕には少し荷が重い。というわけでソロでも経験値ロストを気にせずに楽しめるビシージが、白魔道士のレベル上げに適しているのだ。

 その日も孤独の白魔道士を気取ってビシージが発生するのを待っていたのだが、見知らぬプレイヤーからTellで「ビシージでパーティ組みませんか?」と誘われた。白魔道士で誘われたのは初めてなのでいささか緊張し、「白魔道士でパーティ組んだことないんですけど……それでもいいですか?」と聞くとあっさり快諾してくれた。ビシージは長くても1時間で終了するし、経験値ロストもないので通常のレベル上げパーティよりもそれほど気を使わなくていいからだろう。ある程度の無茶も許されるだろうし……。

 勧誘を快く受け入れいざパーティに入ってみると、すでにアライアンスが完成されているほどの大所帯。しかも種族を見るとほとんど僕と同じガルカという、稀有なパーティ編成だった。さらに言うとガルカのジョブのほとんどが魔道士系。僕から見れば憧れの大先輩とパーティを組める滅多にない機会だった。言うなれば、今回のビシージはガルカの祭典。やっていることはいつものビシージと同じなのに何だか楽しい気分になる。ビシージ中は皇都アルザビを守る五蛇将の1人、ガルカのZazarg(ザザーク)将軍の側で戦っていた。よくできたシチュエーションだ。久しぶりにビシージに参加したが、毎回こんなイベントごとが行われるなら率先して参加したい。むしろ次回からは自分が発起人となるべきかな?

見よ、このガルカっぷりを!! これぞ「石を投げればガルカに当たる」状態だ。やはり同じ種族同士は親近感が沸く。魔道士系のジョブを立派にこなす姿に惚れ惚れします
(C)2002-2008 SQUARE ENIX CO.,LTD All Rights Reserved.
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/06/news163.jpg 「普通に頭おかしい」 朝倉未来、一般人のジム乱入に困惑 週刊誌記者をかたっての不可解な訪問へ「マジ迷惑」
  2. /nl/articles/2112/06/news149.jpg 47都道府県の「県章」を仮面ライダーにアレンジ 各地の特色を宿した空想ヒーローに全国特撮ファン大盛り上がり
  3. /nl/articles/2112/06/news136.jpg ファミチキの“袋”の写真だけを淡々とツイートするアカウント「ファミチキへの怒り」が人気 気持ちは確かに分かる
  4. /nl/articles/2112/07/news122.jpg 「美賀君に会えました」大島優子、川栄李奈との2ショットを披露 大河ドラマ共演にファン「すごくないか?」
  5. /nl/articles/2112/06/news140.jpg どういう展開なんだ フワちゃん、有吉弘行からの贈り物で母が懐柔「宝物にする(ハート)」→「娘さんから僕が守ります!」
  6. /nl/articles/2112/06/news141.jpg 柴咲コウ、ヘアドネーションでロングへアから大胆イメチェン クールなショートカット姿に「美人が引き立ちます」
  7. /nl/articles/2112/06/news053.jpg 「竹とトラって、最高に似合っててカッコイイ」 ヘソ天で爆睡するトラに「思ってたのと違う」とツッコミ殺到
  8. /nl/articles/2112/06/news033.jpg 隣人が執拗に「引っ越せ」と嫌がらせをしてくる理由は? その「真実」を描いた漫画に切ない気持ちになる
  9. /nl/articles/2112/06/news051.jpg お風呂に呼ぶ父に息子が「行けるわけなかろーもん」 猫さまとラブラブな光景に「息子さん正しい」と賛同の声
  10. /nl/articles/2112/07/news028.jpg 柴犬の肉厚ほっぺをもんで、手を離すと……? “冬毛のコブ”ができた姿に「ハムスター?」「形状記憶ほっぺ」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  2. 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  3. 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  4. 45キロ減のゆりやんレトリィバァ、劇的変化の“割れたおなか”に驚きの声 「努力の賜物」「昔を思い出せない」
  5. 46歳と18歳の内田有紀、“2人そろって”『STORY』表紙へ 「自分の妹と撮影しているみたい」
  6. ダレノガレ明美、“痩せすぎ”指摘する声に「体絞っていました」 現在は4キロの増量 「ご安心ください」
  7. 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  8. アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  9. 「美男美女の一言」「これぞベストカップル」 高橋英樹&小林亜紀子、“48年前の夫婦ショット”が絵になりすぎる
  10. ゴマキの弟・後藤祐樹、服役中に死去した“母との約束” 「1000万円企画」朝倉未来の計らいで首のタトゥー除去

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」