レビュー
» 2008年02月20日 00時00分 公開

泣く悪魔も黙るスタイリッシュアクション、ここに極まれり「デビル メイ クライ 4」レビュー(2/2 ページ)

[仗桐安,ITmedia]
前のページへ 1|2       

スキルとアイテムをフルに駆使して、数々のミッションに挑め

 本作は2人以上でのプレイには対応しておらず、1人でプレイを進めていくことになる。ミッションをクリアしていくことで物語が進行していく、という形式だ。

 プレイする前に難易度が選択できるのだが、最初はHUMANとDEVIL HUNTERという2つの難易度からしか選択できない。プレイの進行にともなってさらなる高難易度モードも登場するので、ハードなアクションに自信のあるファンはどんどん難しいモードを極めていってほしい。逆にアクションは苦手だ、という人はHUMANをまずはじっくり遊んでほしいところだ。また、各ミッションをスタートさせる前にはAUTOMATICのオン/オフが可能。これがオンになっている場合、攻撃ボタンを適当に押すだけでもカッコいい連続技が出るようになる。初心者にはうれしい配慮だと言っていいだろう。

 プレイの合間に入るムービーは、さすがのハイクオリティ。驚くべきことは、これがプリレンダリングではなくリアルタイムレンダリングだということだ。プレイ画面とムービーではやはりムービーの方がきれいではあるのだが、ムービーに登場するキャラたちもリアルタイムポリゴンで処理されている。次世代機の性能に改めて驚嘆するばかりだ。

迷ったらポーズメニューからマップを見てみるのもいい

 さて。いざプレイをすると、フィールド内を移動しながら悪魔を倒していく3Dアクションが楽しめるわけだが、「デビル メイ クライ」シリーズはただ敵を倒すだけのゲームではない。仕掛けや謎を解いて進むアクションアドベンチャーの要素を持ち合わせているのだ。謎解きの難易度は、個人的にはほどよい感じだった。難しすぎず簡単すぎず、少し考えて遠回りして「あ、なるほどね」と分かるくらいの謎がちりばめられているので、そういった点でも飽きずにプレイできる。ただ、ところどころ仕掛けに対するアクションが難しいと感じるところはあった。アクションゲームが苦手な人なら苦労しそうだな、と思ったりもしたが、何度か挑戦すれば進めなくはない範囲か。


進めなくなったら、他にルートがないか探してみよう

 敵の攻撃も、ミッションが進めば進むほど激しくなり、アクションの難易度も上がっていく。これに関してはプレイヤーのスキルもプレイしながら上がっていくし、敵ごとに有効な攻撃方法を見つけて撃破していく楽しさもあるので、ほどほどに骨太なアクションを味わえることだろう(とはいえ初心者が高難易度モードをプレイすればザクザク死んでしまうかもしれないが)。シリーズの従来作品とくらべても、かなり間口が広くなっているな、とは感じた。ネロのデビルブリンガーなどの新アクション要素も初心者から経験者まで幅広く受け入れられる面白さを内包していると思う。

さまざまなフィールドでミッションをクリアしていく

 ミッションをクリアすると、クリア状況に対する評価が表示される。クリアに要した時間、スタイリッシュアクションなどが評価され、S、A、B、Cなどのランクがつけられるのだ(ネットワークを介してこのスコアをアップロードし、スコアランキングにエントリーすることができる)。そしてプレイヤーはプラウドソウルと呼ばれるアイテムを得ることになる。このプラウドソウルはネロやダンテのスキルアップに必要なもの。貯めれば貯めるほど、より強力なスキルをつけられるようになる。スキルはそれぞれにコストが決まっており、つけはずしは自由自在。ミッションごとにスキルをつけかえてもいいし、ミッション中にも特定のオブジェからスキルアップの画面に行くことができる。本作におけるスキルの数は半端じゃなく、各武器のコンボから特殊能力、特殊移動など、カスタマイズの選択肢はかなり豊富だ。ミッションを進めるに従ってプラウドソウルの数が増えてできることが増えていくのが本作の大きな魅力のひとつだ。

 また、プレイ中に倒した敵や破壊したオブジェから得られるレッドオーブを消費することでアイテムを購入することもできる。こちらもスキルアップと同様のタイミングでミッション前やミッション中に可能だ。レッドオーブで購入できるのはバイタルスターと呼ばれる体力回復アイテムや、ブルーオーブという体力上限アップのアイテムなど。ボス戦の手前で購入できるケースが多いので、ボス戦に不安なときはここでアイテムを買い込んで備える、ということもできる。もちろんボスの挙動や習性を知っていればボス戦の前にスキルをつけかえるというのもアリだ。

多くのスキルが存在する。つけかえを繰り返して色々試してみるのも面白い
レッドオーブはあればあるだけ助かるはず。壊せそうなオブジェは徹底して壊していこう

PS3か、Xbox 360か? いずれにしてもハイクオリティなアクションの良作

 マルチプラットフォームでプレイステーション 3とXbox 360で発売された本作であるが、両ハードを持っている人からすれば、どちらを購入すればよいか迷うところかもしれない。参考までにお伝えしておくと、プレイステーション 3版はプレイ前に本体のHDDにデータをインストールする必要がある。HDDに4900Mバイト以上の空き容量が必要なのでご注意を。ただ、一度インストールさえすれば快適なロードが実現する。Xbox 360版もそんなにロードが長くはないが、それよりもさらに短くなるのだ。

 また、プレイステーション 3版はワイヤレスコントローラのモーションセンサー機能に対応している。モーションセンサーをオンにしておけば、コントローラを傾けることで視点移動(通常は右スティックでできる操作)をすることができる。この機能自体が便利かどうかと言われれば微妙だが、プレイステーション 3版にしかない機能ではある。

ライブラリーという項目では、今までに会った敵や入手したアイテムの詳細データを閲覧することができる

 以上の2点以外はほぼ同じ内容だと言っていいので、あとはそれらにどれだけメリットを感じるか、どちらのコントローラでプレイしたいかなどを加味して、お好みで決めていただきたい。

 いまや3Dアクションゲームの雄として高い人気を誇る「デビル メイ クライ」シリーズ。その最新作は、グラフィック面で次世代機の能力の恩恵を大いに受けつつも、新主人公、新アクション、新たな敵やフィールドなどの作りこみに開発陣の意気込みを感じる作品に仕上がっている。従来のシリーズ作品とくらべて、個人的にはもっとも爽快なスタイリッシュアクションが楽しめたと感じた。欲を言えば「もっとミッションを増やしてくれ!」というあたりか。要は面白いからもっとやりたい、ということなのだ。ネロとダンテをミッションごとに自由に選んだりできたらよかったなとも思ったりする。


 ボリューム面では腹八分目な感はある。だが、だからと言って本作の面白さが損なわれるわけではない。銃と剣と特殊能力による超絶アクションは本作ならではのものだし、それが現時点で最高峰の精緻なグラフィックで体験できるということは、とても素晴らしいことなのだ。開発陣に拍手を送りたい快作だと言っていいだろう。

「デビル メイ クライ 4」
対応機種プレイステーション 3/Xbox 360
ジャンルスタイリッシュアクション
発売日2008年1月31日
価格(税込)8390円
CEROC(15歳以上対象)
(C)CAPCOM CO., LTD. 2008 ALL RIGHTS RESERVED.
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2205/15/news045.jpg 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. /nl/articles/2205/16/news094.jpg 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  3. /nl/articles/2205/16/news075.jpg 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  4. /nl/articles/2205/15/news033.jpg 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  5. /nl/articles/2205/16/news079.jpg キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  6. /nl/articles/1908/19/news093.jpg 任天堂が「草」を商標出願 → ネット民「草」「これは草」「草草の草」
  7. /nl/articles/2007/07/news115.jpg 電通、「アマビエ」の商標出願を取り下げ 「独占的かつ排他的な使用は全く想定しておりませんでした」
  8. /nl/articles/2205/14/news007.jpg 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声
  9. /nl/articles/2205/16/news124.jpg 大沢樹生、血縁関係がない息子と再会で“男飲み”2ショット 「2人が築いていってるものが素敵」「仲良しだね」
  10. /nl/articles/2205/11/news167.jpg 「あなたのAirpodsではありません」 隣の人がAirpodsの蓋を開け締めしているせいでiPadが操作できない話がおつらい

先週の総合アクセスTOP10

  1. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  4. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」
  5. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  6. 神田愛花アナ、バナナマン日村との“夫婦デート風景”にファンほっこり 「幸せあふれてる」「仲良くてステキ」
  7. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  8. 山田孝之、芸能人として“3億円豪邸”に初お泊まり 突然泣き出すはじめしゃちょーをハグする異例展開で「本当にいい人」
  9. トム・クルーズ、4年ぶり来日をウマ娘が発表 突然の大物コラボに困惑する声「まず戸田奈津子さんに理解してもらうところから」
  10. 堀ちえみ、新居ダイニングの解体&再工事が完了 住居トラブルへの怒りも“夫の名言”で鎮火「ハッとしました」