レビュー
» 2008年02月27日 09時00分 公開

何度も言いますが、連邦のMSはバケモノです!!──ギレン総帥のすごさが骨身にしみました「機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威」レビュー(1/3 ページ)

1998年にセガサターン用ソフトとして産声を上げた、戦略級シミュレーションゲーム「機動戦士ガンダム ギレンの野望」。5年ぶりとなるシリーズ最新作「アクシズの脅威」がPSPにて登場した。やっぱジークジオンな人としては、連邦の連中に一泡吹かせてみたいと思うワケですよ、ね?

[内田志乃,ITmedia]

自軍を指揮し勝利へ導け──ジャブローまでは何マイル?

 1998年に登場したセガサターン用ソフト「機動戦士ガンダム ギレンの野望」。キャラゲームとしては珍しい戦略級シミュレーションで、ガンダム史の“if(もしも)”を体験できるシナリオや硬派な設定、ゲームシステムなどで、多くのガンダムファンから人気を博したゲームだ。

 2000年には、その続編である「ギレンの野望 ジオンの系譜」(以下、系譜)がプレイステーション用ゲームとして登場。そして、このたび登場した「機動戦士ガンダム ギレンの野望 アクシズの脅威」は、その「系譜」をベースに、新たなシステムやシナリオ等々を盛り込んだシリーズ最新作だ。

 おなじみ「一年戦争」から「逆襲のシャア」までを舞台に、各勢力いずれかを指揮し、敵勢力の打倒を目指していく。登場キャラクターは200名以上、モビルスーツ(以下MS)などのユニットも400種以上を数えるという大ボリュームで、これに“if”を含めた各種イベントが盛大に華を添える。なお筆者は“ジーク・ジオン”な人種であり、以下それを念頭にご覧いただきたい。

 最初に選択できる勢力(シナリオ)は連邦、我らがギレン総帥率いるジオン公国、エウーゴ、ティターンズ、そしてハマーン・カーンが指揮するアクシズの5勢力。各シナリオを進めていくと新たな勢力が追加され、後に選択できるようになっていく。

画像 ゲーム開始直後の陣営選択画面。これは各陣営かなり出揃ったところで、おなじみの顔ぶれがズラリとならぶ……ってアレ? 右端にいらっしゃるのはキシリア様……?
画像 “if”の歴史を紡ぎ出していけるのも本作の大きな楽しみ。ザクに加えてヅダが生産されるというシーン

画像 各種兵器を改造し、グレードアップすることも可能。これはドムをランバ・ラル専用機に改造したところだ。「グフとは違うのだよ!」なんてことまで口走ったり
画像 各種メカがこれでもかと言わんばかりに登場するのも魅力の1つ。それにしても、ZZってのはやっぱり強力なMSですね、我が陣営にも欲しいものです

自軍の発展は敵エリア制圧から

 戦略フェイズでは、MS等各種兵器の生産のほか、敵方への諜報、新兵器の開発、資金の臨時徴収や「攻略作戦」(後述)の発動といった指示を、「資金」と「資源」をやりくりしながら出していく。いち早く精強な軍備を整えたいところだけど、MSを生産するにもその機体に見合った「資金」と「資源」を用立てしなくてはならず、またより強力な兵器を開発するにも膨大な時間と金が必要なのだ。

 ちなみに、「資源」と言っても鉄や石油やルナチタニウム合金等々イロイロありそうだが、このゲームにおいては各種まとめて「資源」と簡略化し表現している。

 「資金」と「資源」は、自軍が制圧するエリアから毎ターン「(資金の)収入」と「(資源の)生産」が入ってくる。この量はエリアごとに決められたものであり、工場を建てたり田畑を開墾したりなんてコマンドはない。したがってそれらの収入を増やすためには敵エリアを切り取って行くしかなく、そしてそれは敵も同じ考えであり、よって地表と宇宙を舞台に激しい攻防が繰り広げられていく、というわけだ。

 制圧エリアが広ければその分有利には違いないけれども、このゲームを特徴づける大きなポイントとして「特別エリア」というものが存在する。

 「特別エリア」というのは、他のエリアに比べ収入や生産がケタ違いに多く、かつ各種兵器の生産もそこでしか行うことができないという、まさに特別なエリアのこと。例えば日本列島周辺を含むエリア「ニホン」が収入75、生産0に対し、ジオン公国軍の第一次降下作戦(最初の地球侵攻作戦)目標である「オデッサ」は収入250、生産1600といった具合だ(ただしこの生産量は他に比べケタ違いであり、それが最初の攻略目標とされた理由でもある)。

 連邦の本拠地である「ジャブロー」や我らが「サイド3」はもちろん、宇宙要塞「ア・バオア・クー」なんかも特別エリア扱いになっている。

 そして、この特別エリアは各々に対する「攻略作戦」を発動しないと侵攻することができず、このシステムによってゲーム的縛りが生まれるのだ。同時に、原作と同様の流れも再現している。ただ、敵方はそんなのお構いナシに攻めてくるので、こちらの守備を手薄にするわけにはいかないのだけれどもね。

画像 こちらエウーゴの戦略フェイズの様子。世界地図がエリアごとに区切られていて、特別エリアには◎印が付いている
画像 開発部へ予算を投下すると技術レベルが上昇し、それに伴い新兵器の開発プランが提案される。ただ、開発にGOを出すにも見合った資金が必要で……やりくり上手になれるかも?
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/27/news100.jpg 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  2. /nl/articles/2110/27/news095.jpg 水川あさみ、週刊誌に対して怒りの反論 「事実無根だと言っても強行突破で発売」「かなり目に余るものがあります」
  3. /nl/articles/1904/10/news098.jpg 賀来賢人、“フライデー被害風”写真が超リアル! 「本当にそろそろやめてね」と写真週刊誌への本音も
  4. /nl/articles/2110/25/news149.jpg 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  5. /nl/articles/2110/27/news109.jpg 「納言」 薄幸、テレ朝で警備員からまさかのシャットアウト “牢獄みたいな薄暗い部屋”へ閉じ込められる事態に
  6. /nl/articles/2110/27/news025.jpg 猫よけをびっちり置いた結果……子猫が!? ちんまりくつろぐ姿に「仲間がいた」「何やっても人間の負け」と爆笑
  7. /nl/articles/2110/26/news040.jpg ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. /nl/articles/2101/23/news043.jpg 水川あさみ、5キロ増の“愛しきぜい肉”ショットが女優の勲章 「リアルお母さん体型」「気取らないとこが素敵」と反響
  9. /nl/articles/2110/20/news052.jpg 「PS5購入者は箱に名前を書いてもらう」ノジマはなぜ転売ヤーを許さないのか? 苛烈な転売対策の背景を担当者に聞いた
  10. /nl/articles/2110/26/news181.jpg 「学校へ行こう!」出演のパークマンサー、V6へ感謝のメッセージ 「ホントにホントにありがと言っちゃうアホだよ」

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  2. 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  3. 庄司智春、愛車ダッジ・チャレンジャーが廃車に ガソリンスタンドで炎上、ボンネットから発煙し「やばい」
  4. 山本美月、ウエディングドレス姿がまるで「妖精」 母親のドレスをリメイクし背中に“羽”
  5. 「シーンとなった球場に俺の歌声がして……」 上地雄輔、後輩・松坂大輔の引退試合で“まさかのサプライズ”に感激
  6. シャンプーしたての柴犬に、猫がクンクン近づいて…… 何年たっても仲の良い姿に心がほかほか癒やされる
  7. ニトリで猫用ベッドを購入→「大変気に入ってるようです」 笑撃のオチに「そっちだよね」「猫あるある〜」の声
  8. じゃれ合う保護子猫たち、1匹が逃げ込んだのはまさかの…… ダッシュする姿に「一番安心だと知ってる」「爆笑した」の声
  9. 元SKE石田安奈、第1子出産後のぽっこりおなかに驚愕 産んだらへこむと思っていたのに「もう1人いるの!?」
  10. 産み捨てられた未熟児の子猫を保護、生死をさまよったが…… すくすく育った1カ月後のビフォーアフターに涙