ファミコン初のRPG「ハイドライド・スペシャル」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/3 ページ)

連載第57回は、「ハイドライド・スペシャル」(東芝EMI)。PCで人気のあった、T&EソフトのアクションRPGをファミコンに移植したもので、実はファミコン初のRPGなのです。ナムコから発売された「ハイドライド3 闇からの訪問者」もあわせて取り上げます。

» 2008年03月21日 16時48分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]

まずはスタート地点でレベル上げ

画像 「ハイドライド」を作ったティーアンドイーソフトは、名古屋市営地下鉄・藤が丘駅の近くにあった。愛・地球博の開催期間中、駅前では地下鉄からリニモへの乗り換え客が行列を作っていた

 今回は、リクエストが多かった「ハイドライド・スペシャル」(東芝EMI)を取り上げてみよう。

 PC版の「ハイドライド」は、1984年に発売された、アクションRPGの草分け的存在。後のゲームにも影響を与えた。

 ファミコン版「ハイドライド・スペシャル」が発売されたのは、1986年3月18日。PC版との大きな違いは、主人公が魔法を使えるようになった点。すでに発売されていたPC版「ハイドライドII」のシステムを取り入れたのだ。

 実はこの「ハイドライド・スペシャル」、ファミコン初のRPGである。「ドラゴンクエスト」(エニックス)が同年5月27日発売なので、「ハイドライド・スペシャル」の方が2か月ちょっと早い。「ゼルダの伝説」(任天堂)は同年2月21日発売で、ゲームシステムにも近い部分があるが、メーカー側が“アクションアドベンチャー”としており、また経験値を貯めてレベルアップするシステムではないので、RPGには含めないことが多い。

 「ハイドライド」「ハイドライド・スペシャル」の舞台は、3つの宝石によって平和が保たれていたフェアリーランド。宝石の1つが盗まれたことで、封印されていた悪魔バラリスが復活してしまった。勇者ジムは、バラリスを封印するのに必要な3つの宝石と、3人のフェアリーに姿を変えられたアン王女を探しに旅立つ。

画像 「ハイドライド・スペシャル」のスタート地点。この画面から外に出ないで、まずは2レベル上げよう

 まずはバラリスが放ったモンスターを倒していこう。今のRPGに慣れた人はとまどうかもしれないが、下に1画面進んだところに出てくる毒バチ・ワスプがもう強敵。スタート地点でひたすらスライムやコボルドと戦って、経験値(EXP)を稼ぐのだ。

 攻撃はモンスターの横や後ろから行なうのが鉄則。正面から当たると、受けるダメージが半端じゃない。Aボタンを押せば、ATTACK状態とDEFEND状態が切り替わる。ATTACK状態だと敵に与えるダメージが大きいが、自分が敵から受けるダメージも大きくなる。

 敵を攻撃するときはATTACK状態にするが普通なのだが、すごく弱い敵ならDEFENDでも倒せる。反対に、すごく強い敵と戦うときにもDEFENDは有効。少しずつ敵の体力を削って、危なくなったら体力を回復できる場所に避難する(草原でじっとしていれば体力が速く回復する)。ヒット&アウェイ戦法だ。

 モンスターを倒すとEXPゲージが伸びる。ゲージがいっぱいになるとレベルアップし、攻撃力と体力、魔力の最大値が上がる。ストーリー志向の強い最近のRPGとは違って、「ハイドライド」はこのレベル上げがゲームのメイン。レベルが上がるたびに少しずつ強くなっていって、今まで太刀打ちできなかったモンスターを倒せるようになる。単純だけどこれがおもしろい。

 セーブは2種類ある。1つはパスワード。後日続けてプレイできるが、経験値はそのレベルの最低値で切り捨てとなる。

 もう1つ、ゲーム内で“SAVE”と表示されているコマンドは、「電源を切らない限りその状態から再開できる」というもの。ゲームオーバーになったとき、“LOAD”コマンドを使えばSAVEしたときの状態に戻れる。こまめにSAVEして、少しずつ経験値を貯めていくのがクリアへの早道だ。

ノーヒントで謎解き

 レベルアップして行動範囲を広げていき、3つの宝石と3人のフェアリー、それから冒険に役立つアイテムを探し出すのだが……。行く先々で“謎”に行き当たる。それに引っかかってゲームが先に進まなくなってしまうのだ。

画像 木にぶつかると、強いうえに動きのすばやいワスプが出てくる。フェアリー救出はある程度レベルが上がってから

 まず、宝石がどこにあるか、フェアリーがどこにいるか、手がかりが全然ない。例えば最初のフェアリーは、ワスプの飛び交う森の中の、1本の木に隠れていて、その木に体当たりすれば発見できる。

 でもそれに関するヒントが、ゲーム中に一切出てこないのだ。だからフェアリーを見つけるには、しらみつぶしにいろいろなことをやってみるか、偶然木に当たって見つけてしまうかのどちらかしかない。

 当時のPCゲームでは、この種の謎は珍しくなかった。当時どころか、その後5、6年ほどこういう傾向は続く。謎が解けない人も、「ログイン」や「コンプティーク」などのゲーム専門誌を見れば攻略法が載っていたから、問題はなかったのかもしれない。

 しかし、そういうタイプのゲームに慣れていないファミコンのユーザーには、「ドラゴンクエスト」のような難度の低いRPGのほうが受け入れられた。「ハイドライド・スペシャル」は、「ドラゴンクエスト」の発売より前にファミコンに移植されながら、ファミコンRPGの歴史の中では、浮いた存在になってしまった。

 わたしは過去に、MSX版と携帯電話版の「ハイドライド」をクリアしたことがあるが、ファミコン版「ハイドライド・スペシャル」は初めて。そこで、実際にプレイをしていきながら、このゲームの流れを解説していこうと思う。

 さて、スライムとコボルドで経験値を稼いでレベルを上げると、教会の前にある迷宮の、吸血コウモリにも立ち向かえる。しかし、迷宮内をはいかいしている吸血鬼が倒せない。吸血鬼に対抗できるアイテムは、地上で楽に入手できるのだが、レベル3くらいではまだ歯が立たないのだ。

 おまけにレベル3ともなると、スライムやコボルドをいくら倒しても、経験値が得られない。そこで、地上にある別の迷宮で、ローパーを倒して経験値を稼ぐことにした。

地下迷宮と砂漠と2人めのフェアリー

 迷宮の入口付近でローパーと戦い、体力が少なくなったら外に出て休む。これを繰り返して2レベル上げた。この間に、ワスプの出る場所へ行って1人めのフェアリーを救出。

 レベル5でバンパイアをやっつけて、暗くて通路が見えない地下迷宮を明るく照らす「永遠のランプ」を入手。このランプで通路が見えるようになった、ひとだまのいる迷宮で、「勇者の剣」を手に入れて攻撃力アップ。

 続いて、2種類のよろいを着た戦士がうろついている迷宮へ。ピンク色のレディアーマーを何匹か倒すと、防御力の上がる「正義の盾(たて)」が手に入る。一方、ゴールドアーマーのほうを何匹か倒すと宝箱が出現。だが開けられない。

 この迷宮にある別の出口から出ると、川の向こうの砂漠に渡れる。砂漠では動きの速いサンドウォーム(大ミミズ)が襲ってくるので、急いで横断。動く木が何本かあるが、このうち1本にフェアリーが捕らわれている。ぶつかれば救出できるが、ほかの木に当たると大ダメージ。木を倒す必要はないので、フェアリーを助けたら、無理せずにさっさと退散だ。

画像 アーマー軍団はバラリスの親衛隊。1種類だけを数匹倒していかなければならない
画像 さえぎる物のない砂漠で、ジムを囲むように襲ってくるサンドウォーム。横や後ろから攻撃するのは至難の業
画像 裏技。ウェーブの魔法でウォームを3匹まとめて倒すと、砂漠に足跡が出現。しばらく魔法が無制限に使える

 砂漠の隅には、さっきの迷宮からの出口以外に、あと2つ出口がある。

 左下の出口に行くと、いきなり川の中へワープしてしまう。元の場所へは戻れないので、陸地に上がれる場所を探さなくてはならない。実はすぐ上に進むと砂漠に戻れるのだが、そこが見つからないと、川の中を延々と歩きまわるはめになる。しかも川の中には大ウナギ(イール)という強い敵もいる。川幅が細く、大ウナギをよけて進むのは難しい。

 もう1つ、砂漠の右下の出口からは、さっきローパーがいた迷宮の地下へ進める。宝箱がいっぱいあるが、ほとんどがカラ。しかし、ゴールドアーマーをよけながら宝箱を根気よく開けていくと、その中の1つに「秘密の鍵」が入っている。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/23/news213.jpg YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  2. /nl/articles/2405/23/news036.jpg 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  3. /nl/articles/2405/24/news017.jpg 猫の見た事ない姿に「未だかつてこれ以上の2度見は見た事がありません」「可愛すぎて10回見た」 爆笑の瞬間が640万再生
  4. /nl/articles/2405/23/news204.jpg 「天才現る」 “富士山ローソン”を迷惑かけず撮影できる!? “持ち運べるローソン”が「商品化して」と話題
  5. /nl/articles/2405/24/news143.jpg 清原翔、約4年ぶりの“顔出しショット”が雰囲気変わりすぎて「別人みたい」 脳出血&3回手術後初のヒゲ解禁姿に「ポニテかわいい」「いい感じにダンディ」
  6. /nl/articles/2405/24/news135.jpg “元めちゃイケ”三中元克、卒業後8年で見た目もスキルも「別人レベル」になっていた “クビ体験”披露する貫録たっぷりの姿に共演者「元力士」「迫力ある」
  7. /nl/articles/2405/24/news128.jpg hitomi、48歳を迎え“急激な変化”に驚き 「少ないと思っていたんだけど」「48歳だもんね〜」
  8. /nl/articles/2405/24/news020.jpg 1歳妹の「いってらったぁい」に小学生兄がもん絶して…… かわいいが連鎖する朝の光景に「かぁぁぁって声でた」「朝からホンワカ」
  9. /nl/articles/2405/24/news026.jpg 「そんなバカな」 喫茶店で“ウインナー・コーヒー”を注文→出てきた予想外の商品に驚がく「ちょっと動揺」
  10. /nl/articles/2405/22/news098.jpg 「最高過ぎる」「すげー!」 ChatGPTに“手書きメモ”をアップすると…… 仕事がはかどる“衝撃の機能”に歓喜の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評