ペンで空間を切り取り、過去を修正せよ!――DSで楽しめる本格SFアドベンチャー「タイムホロウ−奪われた過去を求めて−」レビュー(2/2 ページ)

» 2008年03月26日 00時00分 公開
[仗桐安,ITmedia]
前のページへ 1|2       

フラッシュバックを確定させて、ホロウペンでディギング!

画像 アイテムをどこでどう使うかを見極めよう

 本作は何章かの章立てになっており、各章は歩郎が事件を解決することでクリアできるようになっている。

 各章では、まず何らかの事件が発生する。周りの人に困ったことが起きたり、いるはずの誰かが死んでいたり、と事件の内容はさまざまだ。それらの事件は“誰か”が過去に手を加えたことでひき起こされたもの。それらの事件について歩郎が知るたびに、歩郎の能力で事件に関するフラッシュバックが起きる。このフラッシュバックは下画面の左下にあるメニューからいつでも確認できる。また、メニューでは歩郎が得たアイテムや登場したキャラクター名鑑も確認できるので、進行につまったらとにかくメニューを確認してみてほしい。特に、事件に進展があってフラッシュバックの内容変更やアイテムの追加があった場合はメニューアイコンが点滅するので、その際はすかさず変更点、追加点をチェックしておくといいだろう。

画像 キャラクターの情報テキストは途中で変わることもあるので、たまにチェックしてみよう

 フラッシュバックを見た歩郎は、その光景がいつ、どこで、どういう状況のものだったのか、というのを探すために情報収集に向かう。場所の特定は見たまんま同じ場所へ行けば確定することが多いので比較的簡単だが、時間の特定はちょっと厄介だ。そのフラッシュバックに映っている人に聞いてみてもいいし、それでも分からなければ周囲の人たちからも情報を集める必要がある。歩郎が住む町そのものがマップになっており、学校、公園、駅前、黒の巣(喫茶店)など行けるところが決まっている(物語の進行に則して行けるところは増えたり減ったりする)。行けるところをとにかく移動して回って、集められるだけ情報を集めるのが基本だ。


画像 フラッシュバックの情報を確定させることが重要だ
画像 マップのスクロールは十字ボタンかタッチペンによるスライドでできる
画像 情報収集をするためにいろいろな所に行ってみよう。意外なところに意外な人がいるかも?

 そうこうしているうちにフラッシュバックの情報が集まってくる。フラッシュバックの情報が確定したら、その現場に行ってみよう。条件がちゃんとそろっていれば、ホロウペンが緑色に輝くはずだ。ここで本作の目玉である“ディギング”を行うことができるのである。

 ディギングとは、ホロウペンでその場の過去を修正する行動のこと。プレイヤーはタッチペンで下画面の特定の場所を囲むことができる。画面全体くらいのサイズで囲むことはできず、画面のほんの一部しか囲めない。囲まれた線の中は多少左右に動かすことができるが、限界がある。そして、歩郎はディギングを行うたびに自らの時間を消費してしまう(ディギングを行うたびにゲージが減っていく)。つまり、適当にあてずっぽうなところをディギングしていてはダメだ、ということだ。画面上の「ここが怪しい!」と思ったところを狙いすましてディギングし、しっかりと修正したいところを修正しなくては、いずれ時間のゲージがなくなりプレイの進行が止まってしまう、という流れだ。

画像画像 囲みの向こうにはフラッシュバックの絵と同じ人やモノが見えている。これらを調べるだけでいい時もあれば、囲みの向こうにアイテムを置いたり呼びかけたりすることでディギングが完了することもある。しっかりと変えたい方向に過去を修正すべし
画像 フォ郎はゲージを回復する“原動体”というアイテムをくれることがある。これを手に入れたらゲージが1つ回復するのだ

 的確なフラッシュバックに対して的確な修正を加えたならば、物語は正しい方向に進んでくれる。そしてさらなるフラッシュバックを得ることもある。これらを繰り返して周りの人のトラブルを解決したり、消えた存在を元に戻したりしながら、物語が進んでいくのだ。もちろん歩郎の最終的な目的は、12年前に失踪したことになっている両親の謎をといて、両親のいた平和な日常を取り戻すこと。そこに至るまでには数々の試練が待ち受けている。ホロウペンを頼りに、不思議なタイムスリップの世界を体験することができるだろう。

ボリュームは小さめだが、ペンによるシンクロが楽しい良質アドベンチャー

 キャラデザインや挿入されるアニメーションのクオリティも高く、タッチペンを駆使した操作、ホロウペンでの過去修正という風変わりな設定も面白い。全体のストーリーが比較的短くボリュームは小さめだが、物語もよく練られており、タイムスリップもの、タイムパラドックスものとして最後の最後までしっかり作られている。クリアまでの道のり(特に後半の盛り上がるあたり)はなかなか楽しかった。

 筆者としては、本作はペンによる過去への介在というアイデアの面白さに尽きる。アドベンチャーゲームそのものが、物語にプレイヤーが介在することで起きる変化を楽しむジャンルと言っていいと思うが、本作での歩郎がホロウペンで他人の過去に介在して現在を変化させる行動と、プレイヤーがタッチペンをにぎって物語に介在する行動が、うまくシンクロしているのだ。歩郎もプレイヤーもペンを持っているというところで、不思議な連帯感というか、本作でしか味わえないアドベンチャーとしての妙味が醸し出されているように思う。そういったアドベンチャーとしての新境地を味わってみたい人にはぜひプレイしてみてほしい作品だ。

 なお、公式サイトでは体験版がプレイできるので、気になるけどプレイしようかどうか迷ってんだよなぁ、という人はぜひ試していただきたい。

関連キーワード

ニンテンドーDS | KONAMI | RPG


(C)2008 Konami Digital Entertainment Co., Ltd.


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2407/18/news040.jpg 「これ最初に考えた人、まじ天才」 ダイソーグッズの“じゃない”使い方が「目から鱗すぎ」と反響
  2. /nl/articles/2407/18/news016.jpg お姉ちゃんが会いに行くとお顔がとけちゃう柴犬→帰ろうとした瞬間…… 別犬のような見た目の変化に「想像以上で笑ったwww」
  3. /nl/articles/2407/17/news159.jpg 「マジかw」「すごいことなってる」 お笑い芸人が米オーディション番組で日本人初快挙を遂げる
  4. /nl/articles/2407/18/news035.jpg 「SNSの英知」 そうめんの巨大空き箱の“天才的な使い道”があまりにも予想外で話題に 「まねしよう」
  5. /nl/articles/2407/17/news162.jpg 「これ一瞬で店頭から消えるやつ」 “ファン待望のガンプラ”発売決定 「よりにもよって」発売日も話題に
  6. /nl/articles/2407/17/news030.jpg 「すげーな」「鉄壁の防御」 福岡県にあるイオンの“厳重な浸水対策”がガチすぎると780万表示→パワーアップした“現在の姿”にも注目
  7. /nl/articles/2407/17/news026.jpg 6年間外につながれっぱなしだったワンコ、保護準備をするため帰ろうとすると…… 思いが伝わるラストに涙が止まらない
  8. /nl/articles/2407/16/news065.jpg 「誰が、鹿や。」 ニホンカモシカが静かな怒り→ポスターに記された“衝撃の事実”に謝罪続々 「失礼しました」「ごめんなさい」
  9. /nl/articles/2407/17/news027.jpg 観葉植物“モンステラ”、無限に増やす目からウロコの方法が100万再生 「すごい!!」「そんなに簡単に根っこが」
  10. /nl/articles/2407/18/news062.jpg 「日本語ややこしい」 1時間弱と1時間強は何分くらい? → 明解イラストに反響続々 「勘違いしてました!」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 17歳がバイト代を注ぎ込み、購入したカメラで鳥を撮影したら…… 美しい1枚に写り込んだまさかの光景に「ヤバい」
  2. 日本地図で「これまで“気温37度以上”を観測した都道府県」を赤く塗ったら…… 唯一の“意外な空白県”に「マジかよ」「転勤したい」
  3. お昼寝中の柴犬、すぐ近くに“招かれざる客”が現れ…… まさかの正体にワンコも驚き「初めて見たww」「世界よこれが日本の番犬だ」
  4. GU、SNSで話題の「バレルレッグジーンズ」全店発売を延期 「予想を大幅に上回る売れ行き」で
  5. 柴犬に18歳シニア犬との留守番を頼んだら…… 見守りカメラがとらえた行動に「優しい行動に涙が」「人間も見習わないと」
  6. 沸騰したアメに金平糖を入れると…… 京都の製菓店が作った“斬新スイーツ”の完成形に「すごい発想」「夢みたい…」
  7. 車の下から聞こえる“奇妙な騒ぎ”の正体は……? 6200万再生の驚きの光景に「私には絶対にできない」「尊敬します」【米】
  8. 「みんなが勝手にいろいろ言って……」 神田正輝、初告白した激痩せ&重病説の“まさかすぎる真相”に視聴者びっくり「そんな事情だったんですね」
  9. そうめんを作り置き冷凍弁当にしてみたら……おいしくてリピ確定! 100万再生の作り方に「夏休みの子どものお昼に最高」
  10. 丸山桂里奈、“元夫”との2ショットに「え!!」 成長した娘にも注目の声「もうこんなに大きくなって!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. 日本人ならなぜかスラスラ読めてしまう字が“300万再生超え” 「輪ゴム」みたいなのに「カメラが引いたら一気に分かる」と感動の声
  3. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  4. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  5. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  6. かわいすぎる卓球女子の最新ショットが730万回表示の大反響 「だれや……この透明感あふれる卓球天使は」「AIじゃん」
  7. 「これはさすがに……」 キャッシュレス推進“ピクトグラム”コンクールに疑問の声相次ぐ…… 主催者の見解は
  8. 天皇皇后両陛下の英国訪問、カミラ王妃の“日本製バッグ”に注目 皇后陛下が贈ったもの
  9. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  10. 和菓子屋の店主、バイトに難題“はさみ菊”を切らせてみたら…… 282万表示を集めた衝撃のセンスに「すごすぎんか」「天才!?」