汎用兵器ヴァンツァーを駆って勝利をつかめ――人気シミュレーションRPG、DSに推参「フロントミッション 2089 ボーダー・オブ・マッドネス」レビュー(1/2 ページ)

自ら死地に身を投じ、明日を生きるために今日を戦う傭兵たち。最高の仲間たちとともに戦い、ともに泣き、そしてともに笑え。キャラクターはユニークで、掛け合いはポップ。だが、その底に流れているのは紛れもなく戦場のリアリズム。

» 2008年06月20日 17時00分 公開
[清水英行,ITmedia]

ケータイから携帯へ

ゲーム画面の端っこを押すと高速でマップが移動する。マップ全体を把握する作業が楽になり、うーん、実に快適

 「フロントミッション 2089」は、一度携帯電話用のアプリゲームとして2005年にリリースされている。リアルな描写が売りの戦術シミュレーションゲームが携帯電話で遊べる(しかも戦闘シーンなどはそのまま!)ということで、当時非常に驚いたことを覚えているが、そのニンテンドーDS移植作が本作というわけ。それに合わせて 「ボーダー・オブ・マッドネス」というサブタイトルも付けられている。

 ケータイアプリから携帯機へのプラットフォーム変更と聞くといぶかしげに思う人もいるかもしれない。確かに据え置き機などに移植する場合と比べ、グラフィックや容量が劣る分、グレードアップの幅は小さい。まして、もともとケータイアプリとして場所を選ばずどこでもプレイ可能なわけだから、一見メリットは薄いように見える。ところが、この移植はとても素敵なチョイスだったのだ。

 ニンテンドーDSに移植してよかった点、それは非常にレスポンスが快適になったということ。中でもタッチスクリーンでの操作が可能になったことを強くプッシュしたい。といっても、タッチペンはあまり使わない。じゃあ何を使用して画面をタッチするというのかって? それはプレイヤー自身の親指。本作はメニュー表示のボタンがタッチスクリーンの左下と右下に用意されており、親指をもっていきやすく作られているのだ。ターン終了するためにポチッ。セーブするためにポチッ。ついでに画面中央まで親指をもっていって決定をポチッ。慣れてくるとついついほかの画面でもメニューを押してしまう。さすがにマップ上のユニット選択を行うのは難しいが、武器の選択くらいなら簡単にできてしまう。親指でぺたぺた画面を触ってのプレイはまさにニンテンドーDSならではの操作といえるだろう。ただ問題がひとつ。それは画面が指紋だらけになってしまうこと。まあ、こればっかりは仕方ない。常にクリーナーやティッシュを持ち歩いて対処しよう。

物語を彩る個性豊かなキャラクターたち

 今回の舞台はハフマン島。記念すべきシリーズ第1作の舞台だが、本作の時代設定はそれより以前の西暦2089年。ハフマン島の地下資源をめぐり、超大国O.C.UとU.S.Nが争う中、主人公であるストームはO.C.U軍の傭兵として戦場に身を投じることになる。それまでに培ったキャリアを買われたストームは傭兵隊の隊長に抜擢され、4名の部下を預かることになる。

 ここまでを見れば、ミリタリーものの王道を行くようなストーリーに見えるだろうが、そう一筋縄ではいかない。まずは、この部下たちのことを紹介しよう。こいつらがとてつもなくユニークなのだ。

 まずは最初に部下になる女性副官のレイン。理知的な彼女はよき参謀としてストームを支えてくれる。まさにクールビューティーという表現がぴったりの女性だ。ところが、周囲があきれるほどの大酒飲みでおまけに滅法強い。アルコール度96度を誇るスピリタスを飲んでも普段と何も変わらないのだから、ほとんどバケモノである。結構面倒見のいいところがあって、酔いつぶれた仲間がいれば部屋まで運んでくれるし、他の傭兵が戦場で見捨てられたという話を聞かされれば激昂するし、なかなか熱いところもある。

 レインに続いて隊に入ってくるのがチャンプ。その名の通り、かつて立ち格闘技の世界大会でチャンピオンになったほどの格闘家なのだが、登場するなりブリーフィングルームで爆睡したり、突然筋肉トレーニングを始めたりと、あまりチャンピオンの威厳はなく、どちらかといえばただの筋肉バカ。ガタイはいいくせに、自分がチャンピオンだったことを知らなかったストームの態度を見てへこんだりと、意外に打たれ弱かったりする。

 チャンプと同じタイミングでオッドアイという女性パイロットも登場してくる。コードネームの由来は両目の色が異なる“オッドアイ”だからと、とてもストレート。明るく人当たりのよい彼女は、部隊のマスコット的な存在だ。パソコンオタクでサブカルチャーに関する造詣が深く、特にシューティングゲームでは世界屈指の腕前。インターネットの世界ではかなりの有名人らしい。一方で多国語に堪能であるなど、多彩な才能を持つ。

 4人目はグレイ。彼は入隊が少し遅く、序盤が過ぎた頃に現れる。O.C.U.の特殊部隊出身で、以前にいた部隊ではスナイパーとして高い評価を得ていた。彼はいたって普通の人間なのだが、まわりのメンバーが個性派揃いなので、すっかりそれに振り回されてしまう。ある意味、気の毒なヤツだ。

 こういう一癖も二癖もあるメンバーをストームがどうやってまとめているかというと、基本はスルー。別に性格が悪いわけではないのだが、忠実な軍人気質で他人のことに無関心な性格ゆえ。しかし、まわりが放っておかない。何だかんだと絡んできて、知らぬうちにリーダーっぽくなっている。

 プレイヤーはこの5人を操作して戦いを続けていくことになるのだ。

主人公のストーム。戦場では頼れるリーダーだが、軍事以外のことに関心が薄いため、時々周囲から浮いてしまうことも
序盤が過ぎると参加してくるグレイ。特殊部隊の狙撃チームに所属していた経歴を持ち、遠距離戦を得意とする
懇切丁寧にチュートリアルをしてくれる“ユウジ・キノシタ”。基地には他にも個性的なスタッフがいっぱい
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/24/news076.jpg 18÷0=? 小3の算数プリントが不可解な出題で物議「割れませんよね?」「“答えなし”では?」
  2. /nl/articles/2406/24/news018.jpg 定年退職の日、妻に感謝のライン→返ってきた“言葉”が193万表示 「不覚にもウルッとした」「自分も精進します」と反響多数
  3. /nl/articles/2406/23/news022.jpg あずきバーに砲弾を撃ち込む様子が“そんなわけなさ過ぎる結果”で爆笑 ツッコミが不可避の投稿はどのように生まれたのか聞いてみた
  4. /nl/articles/2406/21/news154.jpg 「死ぬほど笑ったw」 “ほろよい”限定デザイン → 人気ゲームの“例のロゴ”に見えると話題に まさかの公式も反応「ほろよい うま」
  5. /nl/articles/2406/23/news014.jpg 「やばすぎ」 ブックオフに10万円で売られていた“衝撃の商品”に仰天 「これもう文化財」「お宝すぎる」
  6. /nl/articles/2406/22/news028.jpg いつも遊びに来る野良猫がケガ→治療するもひどく威嚇され…… 「嫌われた」と思った翌日の光景に「涙が出ました」
  7. /nl/articles/2406/24/news020.jpg 「行政に連絡しやなあかんやろ」街頭で遭遇した“危険生物”が477万表示 “経験者”から「足速いから気を付けて」「近付かないほうが」
  8. /nl/articles/2406/22/news082.jpg “英語”で書かれた商品説明をよく見ると…… 「日本人にしか読めない」遊び心あふれるパッケージに9万いいね
  9. /nl/articles/2406/24/news038.jpg “大好きなチーズを離さないハムスター”に見えて、実は…… 目を疑う正体に「天才」「本物かと思った…」
  10. /nl/articles/2406/24/news041.jpg ご飯中に眠すぎる赤ちゃん、ぐでんぐでんになっていき…… 100万再生の“世界一かわいい寝落ち”に「この時期しか見られない」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「最初から最後まで全ての瞬間がアウト」 Mrs. GREEN APPLE、コカ・コーラとのタイアップ曲に物議 「誰かこれを止める人いなかったのか」
  2. 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  3. 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
  4. 185センチ木村沙織、生放送で櫻坂46メンバーの横に立つと……朝8時51分に驚きの光景 「あれ? 子供が混じってる?」「親子すぎる」
  5. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  6. 【今日の計算】「8−8÷8+8」を計算せよ
  7. フジ「アンメット」、池脇千鶴のサプライス姿が激変しすぎて“最も衝撃” イメージ覆す“肉づきたるみ顔”に「わからんかった」「びっくりして夜中に声出た」
  8. 「これどうやって使うの?」→「考えた人マジ天才」 セリア新商品の便利な使い方に「これ100円でいいんですか!?」
  9. 「この子はきっと豆柴サイズ」と言われた子柴犬、4年たつと…… 衝撃のビフォーアフターに「愛情詰まりすぎてw」「爆笑しました」の声
  10. 飼い主のことが好きすぎる超大型犬、最後は勢い余って…… 直視できないレベルの一撃に「何回見ても笑っちゃう」「襲われてる人がいます!!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」