きほんハマる「星のカービィ」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(3/3 ページ)

» 2008年07月29日 16時13分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       

歯ごたえのあるエクストラゲーム

 デデデ大王を倒してエンディングを見た後、あるコマンドが表示される。それをタイトル画面で入力すると、「エクストラゲーム」がプレイできるのだ。

 このエクストラゲームでは、ステージ自体は本編と同じだが、より難度が高くなっている。敵が変な動きをしたり、弾を撃ってきたり、動きが速くなっていたりする。

画像 ゴルドーを避けながら、リンゴを吸い込んで本体に当てなければならない

 ボスキャラの攻撃パターンも異なる。特にステージ1のウイスピーウッズは、リンゴとともにゴルドーというトゲの玉を落としてくる。ゴルドーに当たるとダメージが大きいので、本編より格段に難しい。

 ステージ2でも、中ボスのロロロがゴルドーを投げてくるので、攻撃のタイミングがつかめない。ステージ3では、倒しにくいところに敵が配置されていたり、落ちると爆発するヤシの実があったりして、なかなか先へ進めない。ステージ4では、パラソルを持った敵が地上に下りると、パラソルがカービィに襲いかかってくる。

 それでも、むやみやたらに難しいわけではなく、何度もトライするうちに、敵の出現パターンを覚えるので、少しずつ先へ進めるようになる。このゲームバランスが素晴らしい。

 デデデ大王は画面端から端までジャンプできるようになり、一層動きが読めなくなっている。でも、アクションゲームの苦手なわたしでも、31回戦ったら倒せたくらいなので、そう極端な難しさではないと思う。

 エクストラゲームのエンディングでは、敵キャラクター全種類の名前が紹介される。そして、カービィの残り人数や体力を変えられる、「コンフィグモード」に入れるコマンドが表示されるのだ。

画像 出現・攻撃パターンを覚えれば、敵の猛攻も華麗によけられる、と思う
画像 敵の手を離れたパラソルが、カービィ目がけて飛んでくる。しかも逃げても逃げても追ってくる

ファミコン版で身につけたコピー能力

 「星のカービィ」の大ヒットを受けて、翌1993年、ファミコンで「星のカービィ 夢の泉の物語」が発売された。

 ステージ数は、ゲームボーイ版より大幅に増えた。8つのレベルから成り、それぞれに複数のステージがある。バッテリーバックアップで、クリアしたステージをセーブできる。また、カービィの残り人数が増えやすく、ゲームオーバーになりにくい。

 ゲームシステムでは、カービィが敵の技をコピーできるようになったのが大きな特長。カービィが敵を吸い込んで、そのまま飲み込むことで、敵の使っていた技を使えるのだ。

 ゲーム序盤から、火をはく、電気を放つ、剣を振り回すなど、コピーできる技を持った敵が多く出てくるので、いろんな技を気軽に試してみることができる。前作のシンプルさを継承しつつ、かつ真新しさをプレイヤーに印象づけた。

 「星のカービィ 夢の泉の物語」は現在、Wiiのバーチャルコンソールでプレイ可能だ。

画像 「星のカービィ」では敵が使うだけだったビームを、カービィがコピーして使うことができる
画像 レベル1のボスは、やっぱりウイスピーウッズだった。やっぱりあんまり強くない
画像 ボーナスステージも豊富。クレーンゲームは、取った人形の大きさによってカービィの残り人数が増える

 その後もカービィシリーズは、歴代の任天堂ハードで発売され、現在もニンテンドーDSで新作が登場。

 漫画化、アニメ化もされており、カービィはマリオやリンク、ピカチュウなどと並ぶ、任天堂の看板キャラクターとして活躍している。「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズにも第1作から登場。無敵になって相手を押しつぶす「ストーン」の技が便利なので、わたしはカービィをよく使っていた。

 まあ、対戦する相手がいないので、もっぱら1人用モードでのプレイだったんだけど。

●取り上げてほしいなつかしゲー募集

思い出のあるゲームについて、ゲイムマンと語ってみませんか? あのゲームが好きだったのに今はもう手元にない、けどもう一度見てみたい! とか、俺が好きだったこのゲームを紹介しないなんて許せない! というあなた。是非こちらから、取り上げてほしいゲームをリクエストしてください。

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/16/news001.jpg 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  2. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  3. /nl/articles/2406/16/news017.jpg 2歳娘とかくれんぼ中のパパ、「もういいよー」が聞こえず目を開けると…… まさかの光景に「かわいすぎ!!」「永遠に始まらないww」
  4. /nl/articles/2406/15/news022.jpg 「絶対当たったわこれ」→「は?」 ガリガリ君の棒に書かれていた“衝撃の文章”に「そうはならんやろ」
  5. /nl/articles/2406/15/news025.jpg 【今日の計算】「50×50+50」を計算せよ
  6. /nl/articles/2406/16/news044.jpg 掃除中のママ、物音に振り返った瞬間…… 息子の“やばすぎる”行動に絶望 「もう笑うしかない」「まじこれ世界共通」【米】
  7. /nl/articles/2406/14/news136.jpg 家でポン・デ・リングを作ったら悲劇が…… まさかの姿に変身したドーナツに「爆笑した」「エンターテイナー」 3年後、再挑戦したのか聞いてみた
  8. /nl/articles/2406/16/news049.jpg 「天才見つけた」 ご飯の粗熱をすぐ取りたい→“予想外すぎる方法”を編み出した人に仰天 「効率良いな」
  9. /nl/articles/2406/16/news039.jpg 「こんなことになるのか」 ドラゴンフルーツ、白い服は控えたほうがいい理由 「翌日のトイレもなかなかです」
  10. /nl/articles/2406/15/news008.jpg 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」