連載
» 2008年07月29日 16時13分 公開

きほんハマる「星のカービィ」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/3 ページ)

「星のカービィ」は現在まで数多くのシリーズ作品が発売され、任天堂の人気シリーズの1つとなっています。連載第63回は、そんなカービィシリーズの第1弾、1992年に発売された、ゲームボーイ版「星のカービィ」を振り返ってみることにしましょう。

[ゲイムマン,ITmedia]

ギロッポンの昼

画像 六本木交差点にて。バスの後ろの、カービィと同じピンク色の建物がアマンド

 今回は六本木にやってきた。

 「星のカービィ」でなぜ六本木か?

 「星のカービィ」は任天堂が1992年に発売した、ゲームボーイ用のアクションゲーム。開発したのはHAL研究所で、ディレクター・チーフデザイナーは桜井政博氏。もともとはHAL研究所が、販売も行なう予定だった。

 タイトルも「星のカービィ」ではなく、「ティンクル・ポポ」となる予定で、そのタイトルで広告も打っていた。主人公の名前もこの時点では、“カービィ”ではなく、“ポポポ”だった。

 ……この“ポポポ”から、ただいまヒット中、鼠先輩の「六本木〜GIROPPON〜」を思い出したのだ。

 ただそれだけの理由で六本木まで行ったのだが、撮影場所を探して炎天下でうろうろしてたら体調を崩した。

 ホントは六本木で「星のカービィ」をプレイしたらどうなるのかを検証したかったんだけど、とてもそんな余裕はなかったので、家に帰ってあらためて、プレイしなおすことにした。

吸い込む。はき出す。ふくらむ。飛ぶ

画像 元はモノクロだが、ゲームキューブのゲームボーイプレーヤーで撮影すると、カービィの色がピンク色になる

 「星のカービィ」の主人公は、まん丸い体のキビ団子……じゃなくてカービィ(すいません、まだ「GIROPPON」を引きずってました)。

 平和なプププランドの食べ物を、デデデ大王とその一味がごっそり奪い取ってしまった。旅の途中でプププランドを訪れた若者・カービィが、困っている人々のために立ち上がり、デデデ大王の拠点・デデデ山へと向かっていく。

 それではステージ1をプレイしながら、カービィのアクションを確認していこう(今も人気のシリーズなので、ご存じの方がほとんどだと思うけど、一応)。

 まず、カービィに向かって敵が歩いてくるので、Bボタンを押すと、カービィが大きな口を開けて敵を吸い込む。敵を口にほおばったカービィは大きくふくらむ。

 その状態でもう一度Bボタンを押すと、吸った敵が星になって前に飛んでいき、この星で敵を倒すことができる。この吸い込みとはき出しが、カービィの基本的な攻撃方法だ。

 吸い込みもはき出しも、攻撃できる範囲が広く、初心者向け。吸い込みはある程度近くにいる敵なら吸い込めるし、はき出した星は画面の端まで飛んでいく。

 ステージ1には、まっすぐ歩いてくるキャラや、空中を上下に動くキャラなど、プレイヤーが吸い込める範囲を把握しやすい敵が多い。敵を引きつけて吸い込み、別の敵に向けてはき出す。この基本動作は先のステージでも同じなので、ここで十分慣れておくといい。

 ライフ+残機制なので、ゲームオーバーになりにくいし、またゲームオーバーになっても、そのステージの最初から再開できる。

 カービィはAボタンでジャンプできるが、ステージ1の途中には、ジャンプで飛び越えられない高い壁が出てくる。こういうときは十字キーの上を押すと、カービィは空気を吸い込んで、空を飛ぶことができるのだ。

 吸った空気は、はき出すと空気弾となって敵を攻撃できる。敵をほおばる必要がないので出しやすい技だが、射程距離が短い上、ボスなど特定の敵には効かない。

画像 カービィが敵を吸い込む。ちょっと離れた場所からでも吸い込める
画像 吸い込んだ敵をはき出すと、星になってまっすぐ飛んでいく
画像 空気弾。空中では、はき出した途端に落ちてしまうが、すぐに空気を吸えばまた飛べる

 ワープスターに乗って森へ飛ぶと、中ボス「ポピーブロスSr.」が出現。爆弾を投げたり転がしたりして攻撃するが、落ち着いて爆弾を吸い込み、ポピーブロスに当てれば倒せる。

 その後カービィは、大きな木の中を上っていく。細い床はジャンプや飛行で下から上がれるし、十字キーの下を押せば、上から下りることも可能だ。ただし、敵などをほおばっている状態では空を飛べないことと、ほおばった状態で細い床から下りて、十字キーの下を押したままだと、ほおばった敵を飲み込んでしまうことに注意が必要。

 ちなみにファミコン版以降のシリーズ作品にある、「カービィが敵を飲み込むことで、敵の能力をコピーできる」というシステムは、ゲームボーイ版の第1作には存在しない。

 ステージ1のボスは「ウイスピーウッズ」という木。リンゴを落としてくるので、吸い込んで本体にぶつけよう。ウイスピーウッズも空気弾を使うが、カービィがしゃがんでいればほぼ当たらない。

画像 しゃがむというより、つぶれているように見えるが、これでウイスピーウッズの空気弾をかわせる
画像 ステージボスを倒すと、カービィが3匹に分裂してダンスする
画像 コンティニュー画面。寝ているカービィを、指型カーソルがつついて起こす
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2208/14/news053.jpg HIKAKINさん、イベント中に不審者に絡まれマイク奪われる 視聴者から「ガチの放送事故」「無事でよかった」の声
  2. /nl/articles/2208/11/news041.jpg この写真の中に“ドラえもん”が紛れています 難易度の高さに「ギブです」「ドラえもんは僕の心の中に」と諦める人続出
  3. /nl/articles/2208/14/news015.jpg 愛犬に「僕の子猫がいないんです」と呼ばれた飼い主 必死に探すワンコの姿に優しさと愛情があふれている
  4. /nl/articles/2208/14/news042.jpg 185センチの狩野舞子、土屋炎伽との2ショットに驚く人続出 “30センチ”に及ぶ身長差で「そんなにちがうんだ」
  5. /nl/articles/2208/13/news074.jpg AIが描いた「台風が直撃したコミケ」の画像が大惨事 床はじゃぶじゃぶ、散らばる本……
  6. /nl/articles/2208/14/news010.jpg 子猫と猫じゃらしで遊ぼうと思ったら、まさかの…… “遊びながら怒る猫”に「初めて見ました」「最強にかわいい」の声
  7. /nl/articles/2208/14/news016.jpg 「笑えるくらいかわいい」「反則技」「耐えられない」 柴犬の“お耳ピョコン”が850万回再生突破、国内外で大反響!
  8. /nl/articles/2208/13/news077.jpg 「川遊びに行く前にぜひ見てほしい」 穏やかな沢が急に増水する「川の恐ろしさ」がわかる映像が勉強になる
  9. /nl/articles/2208/14/news011.jpg マックのハンバーガーを食べる娘に「今日のお昼ごはん何?」と聞かれ…… 青ざめる父の1コマに「うちも言う」と反響続々
  10. /nl/articles/2208/14/news035.jpg ペットのうさぎがいないケージを見て1歳娘が大号泣! すぐ後ろを跳ね回るうさぎに気づいた瞬間のリアクションに「天使」の声

先週の総合アクセスTOP10

  1. 競技中とのギャップ! 高梨沙羅、キャミソール私服でみせた大胆“美背中”に反響 「背中ガッポリ」「魅惑の黒トップス」
  2. かわいい妹すぎ! 北川景子、義姉・影木栄貴の結婚で“お姉ちゃん愛”が爆発する 「姉がどこか遠くへ行ってしまう」
  3. 泣いていた赤ちゃんが笑い声に、様子を見に行くと柴犬が…… 優しくあやす姿に「最高の育児パートナー」の声
  4. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  5. 「若い君にはこの絵の作者の考えなんて分からない」→「それ俺の絵」 ギャラリーで知らないおじさんから謎の説教を受けた作者に話を聞いた
  6. 木下優樹菜、元夫・フジモン&娘たちとディズニーシーを満喫 長女の10歳バースデーを祝福
  7. 黒柴の子犬が成長したら…… 頭だけ赤色に変化した驚きのビフォーアフターに「こんなことあるんですね」「レアでかわいい」の声
  8. 子「ごめん、もう仕事できない」→母「はぁい了解っっ」 退職を明るく認めた家族のLINEが優しい
  9. スタバの新作が王蟲っぽくてファンザワつく 「怖すぎる」「キショいから買いたくなった」
  10. カナダ留学中の光浦靖子、おしゃれヘアのソロショットに反響 「お元気そうでなにより」「別人のよう」

先月の総合アクセスTOP10

  1. 安倍元首相、銃で撃たれて意識不明か 事件時のものとみられる映像投稿される
  2. 野口五郎、20歳迎えた娘と誕生日デート 家族同然の西城秀樹さん長女も加わり「楽しい時間でした!」
  3. 「大阪王将」店舗にナメクジやゴキブリが発生? 元従業員の“告発”が衝撃与える 大阪王将「事実関係を調査中」
  4. この画像の中に「さかな」が隠れています 猫に見つからないように必死! 分かるとスッキリする隠し絵クイズに挑戦しよう 【お昼寝編】
  5. ダルビッシュ有&聖子、ドレスアップした夫婦ショットに反響 「ハリウッド俳優やん」「輝いてます」
  6. 「auの信頼度爆上がり」通信障害でも社長の“有能さ”に驚く声多数 一方で「まだ圏外だぞ…」など報告続く
  7. スシロー、“ビール半額”で今度は「ジョッキが小さい」との報告? 運営元「内容量に差異はない」と否定
  8. スシロー「何杯飲んでもビール半額」開始前にPOP掲示 → 注文したら全額請求 投稿者「態度に納得いかなかった」 運営元が謝罪
  9. TKO木下、海外旅行先で総額270万円のスリ被害に エルメスの財布奪われた“瞬間映像”も公開「くっそ〜……」
  10. パパが好きすぎて、畑仕事中も離れない元保護子猫 お外にドキドキしながら背中に乗って応援する姿があいらしい