きほんハマる「星のカービィ」ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/3 ページ)

「星のカービィ」は現在まで数多くのシリーズ作品が発売され、任天堂の人気シリーズの1つとなっています。連載第63回は、そんなカービィシリーズの第1弾、1992年に発売された、ゲームボーイ版「星のカービィ」を振り返ってみることにしましょう。

» 2008年07月29日 16時13分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]

ギロッポンの昼

画像 六本木交差点にて。バスの後ろの、カービィと同じピンク色の建物がアマンド

 今回は六本木にやってきた。

 「星のカービィ」でなぜ六本木か?

 「星のカービィ」は任天堂が1992年に発売した、ゲームボーイ用のアクションゲーム。開発したのはHAL研究所で、ディレクター・チーフデザイナーは桜井政博氏。もともとはHAL研究所が、販売も行なう予定だった。

 タイトルも「星のカービィ」ではなく、「ティンクル・ポポ」となる予定で、そのタイトルで広告も打っていた。主人公の名前もこの時点では、“カービィ”ではなく、“ポポポ”だった。

 ……この“ポポポ”から、ただいまヒット中、鼠先輩の「六本木〜GIROPPON〜」を思い出したのだ。

 ただそれだけの理由で六本木まで行ったのだが、撮影場所を探して炎天下でうろうろしてたら体調を崩した。

 ホントは六本木で「星のカービィ」をプレイしたらどうなるのかを検証したかったんだけど、とてもそんな余裕はなかったので、家に帰ってあらためて、プレイしなおすことにした。

吸い込む。はき出す。ふくらむ。飛ぶ

画像 元はモノクロだが、ゲームキューブのゲームボーイプレーヤーで撮影すると、カービィの色がピンク色になる

 「星のカービィ」の主人公は、まん丸い体のキビ団子……じゃなくてカービィ(すいません、まだ「GIROPPON」を引きずってました)。

 平和なプププランドの食べ物を、デデデ大王とその一味がごっそり奪い取ってしまった。旅の途中でプププランドを訪れた若者・カービィが、困っている人々のために立ち上がり、デデデ大王の拠点・デデデ山へと向かっていく。

 それではステージ1をプレイしながら、カービィのアクションを確認していこう(今も人気のシリーズなので、ご存じの方がほとんどだと思うけど、一応)。

 まず、カービィに向かって敵が歩いてくるので、Bボタンを押すと、カービィが大きな口を開けて敵を吸い込む。敵を口にほおばったカービィは大きくふくらむ。

 その状態でもう一度Bボタンを押すと、吸った敵が星になって前に飛んでいき、この星で敵を倒すことができる。この吸い込みとはき出しが、カービィの基本的な攻撃方法だ。

 吸い込みもはき出しも、攻撃できる範囲が広く、初心者向け。吸い込みはある程度近くにいる敵なら吸い込めるし、はき出した星は画面の端まで飛んでいく。

 ステージ1には、まっすぐ歩いてくるキャラや、空中を上下に動くキャラなど、プレイヤーが吸い込める範囲を把握しやすい敵が多い。敵を引きつけて吸い込み、別の敵に向けてはき出す。この基本動作は先のステージでも同じなので、ここで十分慣れておくといい。

 ライフ+残機制なので、ゲームオーバーになりにくいし、またゲームオーバーになっても、そのステージの最初から再開できる。

 カービィはAボタンでジャンプできるが、ステージ1の途中には、ジャンプで飛び越えられない高い壁が出てくる。こういうときは十字キーの上を押すと、カービィは空気を吸い込んで、空を飛ぶことができるのだ。

 吸った空気は、はき出すと空気弾となって敵を攻撃できる。敵をほおばる必要がないので出しやすい技だが、射程距離が短い上、ボスなど特定の敵には効かない。

画像 カービィが敵を吸い込む。ちょっと離れた場所からでも吸い込める
画像 吸い込んだ敵をはき出すと、星になってまっすぐ飛んでいく
画像 空気弾。空中では、はき出した途端に落ちてしまうが、すぐに空気を吸えばまた飛べる

 ワープスターに乗って森へ飛ぶと、中ボス「ポピーブロスSr.」が出現。爆弾を投げたり転がしたりして攻撃するが、落ち着いて爆弾を吸い込み、ポピーブロスに当てれば倒せる。

 その後カービィは、大きな木の中を上っていく。細い床はジャンプや飛行で下から上がれるし、十字キーの下を押せば、上から下りることも可能だ。ただし、敵などをほおばっている状態では空を飛べないことと、ほおばった状態で細い床から下りて、十字キーの下を押したままだと、ほおばった敵を飲み込んでしまうことに注意が必要。

 ちなみにファミコン版以降のシリーズ作品にある、「カービィが敵を飲み込むことで、敵の能力をコピーできる」というシステムは、ゲームボーイ版の第1作には存在しない。

 ステージ1のボスは「ウイスピーウッズ」という木。リンゴを落としてくるので、吸い込んで本体にぶつけよう。ウイスピーウッズも空気弾を使うが、カービィがしゃがんでいればほぼ当たらない。

画像 しゃがむというより、つぶれているように見えるが、これでウイスピーウッズの空気弾をかわせる
画像 ステージボスを倒すと、カービィが3匹に分裂してダンスする
画像 コンティニュー画面。寝ているカービィを、指型カーソルがつついて起こす
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/23/news213.jpg YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  2. /nl/articles/2405/23/news036.jpg 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  3. /nl/articles/2405/24/news017.jpg 猫の見た事ない姿に「未だかつてこれ以上の2度見は見た事がありません」「可愛すぎて10回見た」 爆笑の瞬間が640万再生
  4. /nl/articles/2405/23/news204.jpg 「天才現る」 “富士山ローソン”を迷惑かけず撮影できる!? “持ち運べるローソン”が「商品化して」と話題
  5. /nl/articles/2405/24/news143.jpg 清原翔、約4年ぶりの“顔出しショット”が雰囲気変わりすぎて「別人みたい」 脳出血&3回手術後初のヒゲ解禁姿に「ポニテかわいい」「いい感じにダンディ」
  6. /nl/articles/2405/24/news135.jpg “元めちゃイケ”三中元克、卒業後8年で見た目もスキルも「別人レベル」になっていた “クビ体験”披露する貫録たっぷりの姿に共演者「元力士」「迫力ある」
  7. /nl/articles/2405/24/news128.jpg hitomi、48歳を迎え“急激な変化”に驚き 「少ないと思っていたんだけど」「48歳だもんね〜」
  8. /nl/articles/2405/24/news020.jpg 1歳妹の「いってらったぁい」に小学生兄がもん絶して…… かわいいが連鎖する朝の光景に「かぁぁぁって声でた」「朝からホンワカ」
  9. /nl/articles/2405/24/news026.jpg 「そんなバカな」 喫茶店で“ウインナー・コーヒー”を注文→出てきた予想外の商品に驚がく「ちょっと動揺」
  10. /nl/articles/2405/22/news098.jpg 「最高過ぎる」「すげー!」 ChatGPTに“手書きメモ”をアップすると…… 仕事がはかどる“衝撃の機能”に歓喜の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評