美希、電撃移籍!? 新作最新情報も公開されたアイマス3周年記念ライブをリポート!!今日は何の日? 萌え曜日!

7月27日、パシフィコ横浜で、「アイドルマスター」3周年を記念するライブコンサート「Go to the NEW STAGE! THE IDOLM@STER 3rd ANNIVERSARY LIVE」が行われた。さらに、今冬発売予定のPSP用ソフト「アイドルマスターSP」の重大情報も公開。興奮のライブ模様をお伝えする!

» 2008年07月31日 12時34分 公開
[雛見澤秀一,ITmedia]

アイマス史上、過去最大級のライブイベント!!

アイドルたちによる歌やドラマで、会場を大いに盛り上げた

 バンダイナムコゲームスの人気タイトル「アイドルマスター」の3周年記念ライブ「Go to the NEW STAGE! THE IDOLM@STER 3rd ANNIVERSARY LIVE」が7月27日、パシフィコ横浜にて開催されました。会場には4500人もの“プロデューサー”が集まり、約2時間にもおよぶ興奮のライブイベントを楽しみました。

 ライブには、天海春香役の中村繪里子さん、秋月律子役の若林直美さん、三浦あずさ役のたかはし智秋さん、如月千早役の今井麻美さん、菊地真役の平田宏美さん、水瀬伊織役の釘宮理恵さん、高槻やよい役の仁後真耶子さん、双海亜美/真美役の下田麻美さん、星井美希役の長谷川明子さん、音無小鳥役の滝田樹里さんなどの主要メンバーが勢ぞろい。残念ながら仕事の都合により、萩原雪歩役の落合祐里香さんは参加できなかったのですが、ビデオレターで登場。会場のファンたちに熱いメッセージを送ってくれました。

 滝田樹里さん演じるオペレーター・音無小鳥によるおなじみのアナウンスが始まると、今か今かと待ちわびたファンから大歓声が響き渡る! 小鳥&観客の“テイクオフ!”の掛け声とともに、トップを飾るライブ一発目「shiny smile」が始まった。怒号とも言える歓声の中、「エージェント夜を往く!」、「GO MY WAY!!」と続き、ゲーム版でおなじみのスタンダードナンバーを披露してくれます。

 3曲を終え、観客の心をガッチリつかんだ後はメンバー紹介が始まる。中村繪里子さんが、自身の役である天海春香の名セリフをもじって「パシフィコですよ、パシフィコ!」と叫んだ際には、ファンからは歓喜の声が上がっておりました。

 メンバー紹介も終わり、引き続き「Do-Dai」、「私はアイドル(ハートマーク)」、「Here we go!!」、「My Best Friend」、「relations +」、「9:02pm」、「太陽のジェラシー」などをアイドルたちが熱唱。ライブバージョンとなるサンバ調の「relations +」や、アダルトに歌う「9:02pm」など、アッパーなタテノリロックからダウナーなしっとりバラードまで、幅広く押さえた曲目でファンを震わせてくれます。


ビジュアル審査員とアイドルたちとの掛け合いにファンは爆笑! 歌勝負の結果は、サプライズゲストの串田アキラさんが勝利した

 途中、ビジュアル審査員“山崎すぎお”が登場。“765プロのアイドルたちが2組に分かれて、ニューヨークでのファッションショー出演を賭けて歌勝負する”という設定のドラマパートが始まった。2組に分かれたアイドルたちはそれぞれ、仁後真耶子さんが歌う「キラメキラリ」や中村繪里子さんによる「I WANT」、釘宮理恵さんの「フタリの記憶」など、キャラクターの色の出た個性的なナンバーで盛り上げます。そして、下田麻美さん&平田宏美さんが歌う「おはよう!!朝ごはん」では、なんと“YAKINIKUMAN”こと串田アキラさんがゲスト出演!! 予期せぬサプライズゲストにファンは大熱狂! 特撮ヒーロー風にアレンジされた「おはよう!!朝ごはん」が歌われました。その後も、たかはし智秋さんの美声で歌われた「隣に…」や、クリスマスソング「メリー」などが続き、ドラマパートが終了……と、実に駆け足ながら満足のひと言な至福な時間を過ごすことができました。

765プロにライバル出現!? 961プロダクション率いる3人のアイドルの正体が明かされる!!

 後半、「魔法をかけて!」に始まり、「バレンタイン」、「YES♪」、「inferno」といった「MASTER LIVE」シリーズからのナンバーを歌い上げた後、765プロ社長からある重大情報が公表された。会場スクリーンにシリーズ最新作である「アイドルマスターSP」のプロモーション映像が上映されると、765プロのアイドル“星井美希”が、ライバル会社である961プロダクションに電撃移籍することが明かされた。さらに961プロに所属するアイドル“我那覇 響”(がなは ひびき/声:沼倉愛美)、“四条貴音”(しじょう たかね/声:原 由実)の存在が判明。3人が歌う新曲「オーバーマスター」を披露し、観客の興奮も最高潮に!

PSP用ソフト「アイドルマスターSP」は、「パーフェクトサン」、「ワンダリングスター」、「ミッシングムーン」という3つのバージョンが同時発売される
「パーフェクトサン」には我那覇 響が、「ワンダリングスター」に四条貴音、「ミッシングムーン」に星井美希、という振り分けで、961プロが放つライバルアイドルとして登場

最後は春香のおなじみのセリフ「プロデューサーさん! 次はドームですよ、ドーム!」で締めた

 度肝を抜いた重大発表のあとはラストナンバーとして「まっすぐ」、アンコールに「アイドルマスター」テーマソングともいえる「THE IDOLM@STER」を、765プロ&961プロのアイドル全員で歌い上げ、全36曲披露されたライブは拍手喝采の中、幕を閉じることに。

 歌われた曲数も、会場のキャパ数も過去最高の今回のライブイベント。興奮冷め止まぬまま家に帰ったプロデューサーさんたちは、ゲームを起動して今回のライブ再現にいそしんだのではないだろうか。「アイドルマスターSP」の衝撃の情報も公開され、期待も高まる「アイマス」ワールドに、これからも目が離せません!

「Go to the NEW STAGE! THE IDOLM@STER 3rd ANNIVERSARY LIVE」セットリスト

  • 01.「shiny smile」(Short Ver.)
  • 02.「エージェント夜を往く」(Short Ver.)
  • 03.「GO MY WAY!!」(Short Ver.)
  • 04.「Do-Dai」
  • 05.「私はアイドル」
  • 06.「Here we go!!」(REM@STER-A)
  • 07.「My Best Friend」(REM@STER-B)
  • 08.「relations +」
  • 09.「9:02pm」(REM@STER-B)
  • 10.「太陽のジェラシー」(REM@STER-A)
  • 11.「キラメキラリ」(Short Ver.)
  • 12.「ふるふるフューチャー☆」(Short Ver.)
  • 13.「フタリの記憶」(Short Ver.)
  • 14.「スタ→トスタ→」(Short Ver.)
  • 15.「I WANT」(Short Ver.)
  • 16.「ポジティブ!」(REM@STER-A)
  • 17.「おはよう!!朝ごはん」(REM@STER-A)
  • 18.「いっぱいいっぱい」(Short Ver.)
  • 19.「目が逢う瞬間」(Short Ver.)
  • 20.「迷走MIND」(Short Ver.)
  • 21.「隣に…」(Short Ver.)
  • 22.「メリー」
  • 23.「ID:[OL]」
  • 24.「THE IDOLM@STER」(Short Ver.)
  • 25.「魔法をかけて!」
  • 26.「バレンタイン」
  • 27.「YES♪」
  • 28.「inferno」
  • 29.「shiny smile」
  • 30.「思い出をありがとう」
  • 31.「空」
  • 32.「my song」
  • 33.「蒼い鳥」
  • 34.「オーバーマスター」(Short Ver.)
  • 35.「まっすぐ」
  • <アンコール>36.「THE IDOLM@STER」
(C)窪岡俊之 (C)2003-2008 NBGI


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/19/news166.jpg 富山県警のX投稿に登場の女性白バイ隊員に過去一注目集まる「可愛い過ぎて、取締り情報が入ってこない」
  2. /nl/articles/2404/20/news030.jpg 熟睡する3歳&2歳の姉妹、そっと掛け布団をめくってみると…… あまりにも尊い光景に「待ってキュン死にする」「仲の良さがほんと伝わる」
  3. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  4. /nl/articles/2404/18/news029.jpg 【今日の計算】「12×6−5+1」を計算せよ
  5. /nl/articles/2404/19/news176.jpg サントリーのひろゆき氏起用「伊右衛門 特茶」広告が物議 サントリー「ご意見は今後の参考にさせていただきます」
  6. /nl/articles/2404/20/news019.jpg すっぴんママがスーパーモデル風メイクをすると…… 「同一人物!?」な仕上がりに「素晴らしい才能」「メイク前も美しい!」【海外】
  7. /nl/articles/2404/20/news071.jpg 解体が進められている“横浜のガンダム” 現在の姿が「現代アートみたい」「色気がありますね」と話題
  8. /nl/articles/2404/18/news129.jpg 7カ月赤ちゃんが熟睡中、あの手この手で起こすと…… かわいすぎる寝起きに「天使発見!」「なんてきれいな目」
  9. /nl/articles/2404/20/news051.jpg 東京メトロが「1971年の千代田線の駅」を公開 50年以上前のきっぷうりばに「こんな感じだったんですか!」
  10. /nl/articles/2404/19/news036.jpg 1歳赤ちゃん、寝る時間に現れないと思ったら…… 思わぬお仲間連れとご紹介が「めっちゃくちゃ可愛い」と220万再生
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」