ニュース
» 2008年09月24日 23時50分 公開

「TOD」オープニングムービーをバックにDEENが歌う――「テイルズ オブ フェスティバル 2008」 (2/2)

[遠藤学,ITmedia]
前のページへ 1|2       

“テセアラ編”の制作が決定――「テイルズ オブ シンフォニア THE ANIMATION」

 テイルズ オブ シンフォニア THE ANIMATIONの新展開も明らかになった。発表されたのは“9月26日にBlu-ray Disc版が発売すること”“DVD版を1年間限定で再販すること”“テセアラ編の制作が決定したこと”の3つで、Blu-ray Disc版の特典映像「帰ってきたクラトス先生のプライベートレッスン」に、テセアラ編の予告などが収録されているという。

 発売時期などは明らかになっていないものの、やることだけは完璧に決定しているそうで、ロイド役の小西さんから来場者に向けて「いつになるのかは僕らも聞いていません。楽しみに待っていてください」との言葉が贈られた。

photophotophoto

据え置き機と同等のクオリティを目指す――「テイルズ オブ ハーツ」

photo 馬場英雄氏

 12月11日に発売予定のニンテンドーDS用ソフト「テイルズ オブ ハーツ」のコーナーでは、バンダイナムコゲームス テイルズ オブシリーズブランドマネージャー兼プロデューサーの馬場英雄氏が登場。「これまでにニンテンドーDSで(テイルズ オブシリーズを)2本作ってきたが、さらなる可能性が見出せた」と切り出した馬場氏は、プレイステーション 2やゲームキューブといった据え置き機で作ってきたテイルズ オブシリーズと同等のものを、ニンテンドーDSで作るつもりであると話した。

 ここでは東京ゲームショウ2008で流す予定のプロモーションビデオが先行上映された。テイルズ オブ ハーツは、CGムービーエディションとアニメムービーエディションの2作品同時発売が決定しているが、どちらのバージョンのプロモーションビデオも見ることができた。


 今回、CGムービーエディションを作った理由を聞かれた馬場氏は「テイルズ オブシリーズファンにとって、テイルズ オブ=アニメが大前提です。我々もそれを大事にして13年間作ってきました。ただ、新しい試みということを考えると、これまでのアニメのスタイルは続けていくとしても、もう1歩踏み込んだ演出の表現に本気で取り組みたいと考えたんです」と説明。続けて「映像表現は異なりますが、伝える内容は一緒です。どちらかお好きなほうを購入してください」と話した。

 ゲーム紹介がひと段落したところで、ヒスイ・ハーツ役の松風雅也さん、コハク・ハーツ役の井上麻里奈さんがゲストとして登場する。演じた役について聞かれると、それぞれ「見た目はおとなしそうですが、実際にはすごく勝気というか、わりとお転婆です。“お兄ちゃん蹴るよ”というセリフがありますが、口よりも先に足が出ます(笑)」(井上さん)、「(ヒスイは)男前ですが、口の利き方などには取っ付きにくい印象を受けるかもしれません。兄弟の仲はいいんですが、そのせいでという展開も……」と語ってくれた。

 ここでは残念ながらイベントには参加できなかった、シング・メテオライト役の柿原徹也さんからのビデオメッセージもあった。シングについて真剣に語る柿原さんの映像を見つつ、松風さん、井上さんが突っ込みを入れるという流れで、柿原さんがメモを片手に「でも俺はバカだからさ。命をかけるしか信用してもらう方法が見つからないんだ」というシングのセリフを披露した際には、井上さんから「(セリフの書いてある)紙を見てましたよね。覚えてほしいですね、短いセリフなんですから(笑)」、松風さんから「小野坂さん、大変です。1800人の前で(柿原さんが)“俺はバカだから”と言った以外、何も覚えてない(笑)」という突っ込みを受けるなど、愛すべきいじられ役(?)としての使命をまっとうしていた。

photophoto (写真左)松風雅也さん、井上麻里奈さん
(写真右)柿原徹也さんのビデオメッセージ

「テイルズ オブ デスティニー」のオープニング映像をバックにDEENが歌う

 イベントも終盤に近づいてきたところで、スペシャルゲスト「DEEN」が招き入れられ、ミニライブがスタート。「テイルズ オブ デスティニー」のオープニングテーマである「夢であるように」から始まり、「ひとりじゃない」「眠ったままの情熱」「このまま君を奪い去りたい」を熱唱した後、テイルズ オブ ハーツの主題歌である「永遠の明日」ゲームサイズバージョンを初お披露目した。

photophotophoto

photophotophoto DEENによるライブの様子


 DEENのライブ終了後は、「『テイルズ オブ フェスティバル 2008』出演者全員サイン入り色紙」や「『テイルズ オブ シンフォニア THE ANIMATION』Blu-ray Disc BOX」などが当たるプレゼントクイズも行われた。「戦闘中に使用することで敵1体の詳細な情報を知ることができるアイテム?」といった簡単な問題から、「2000年に発売された『テイルズ オブ エターニア』のジャンル名は?」といった、シリーズファンでも即答するのが難しい問題もあった。

photophotophoto 最後のあいさつでは、開演時から客席にいたという「テイルズ オブ リバース」ヴェイグ・リュングベル役の檜山修之氏(写真左)が登場し、「予定が空いたので、無理をいって会場に入れてもらいました。普段はステージの上に立つ側ですが、今日は皆さんにまざってステージの連中を見ていましたが……本当に面白い連中ですね(笑)。皆さんがテイルズ シリーズを愛していることも改めて感じることができましたし、僕も声優として欲がでてきました。皆さんの力で再びヴェイグを演じる機会を与えてください。よろしくお願いします」と語った

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.