女装少年にキュンキュンきちゃう? 話題の“男の娘”に萌えるべし!今日は何の日? 萌え曜日!

“女装した少年に萌える”人たちって、女性ファンが多そうに聞こえますよね。しかし、いまや男性にも女装少年に萌える人たちが増えているようです。大丈夫なのか? 日本男児! とお思いのアナタ。本稿を読んで、めくるめく“男の娘(おとこのこ)”萌えワールドをご堪能あれ!

» 2008年10月28日 00時00分 公開
[雛見沢秀一,ITmedia]

萌えの最新トレンド“男の娘萌え”

 マンガやアニメを見ていて、「なにこの娘、チョー萌え萌え!」なんて思ったキャラクターが実は女装した男子だと知った時、詐欺にでもあったような気分になってしまう雛見沢です、こんにちわ。

 しかし昨今の萌え業界では「むしろそれがイイ!」という風潮が目立つようになりました。女装する少年=“男の娘(おとこのこ)”という言葉ができたり、マンガ「ハヤテのごとく!」でのセリフ“こんなかわいい子が女の子のはずないじゃないですか”がネットで話題になるくらい、ホットな萌えジャンルのひとつとして注目されています。そんな“男の娘”というジャンルを楽しむために、先月発売されたばかりの作品や、絶対押さえておきたい実用書をピックアップしてご紹介します。

photo (C)GINTA/chuable soft (C)studio-HiRo (C)Fujimishobo

●絶対☆アイドル
発売元:富士見書房
原作:須田洋 作画:ぎん太

 アイドルを目指す少年・天乃宙が、ひょんなことから女装アイドルとしてデビューし、活躍するシンデレラストーリー。絵を見て分かる通り、ほんのり桜色に頬を染めながら衣装で裸体を隠す宙くんが、とんでもなくかわいいんです。本人としては男性アイドルとして活躍したかったのに、なぜか女装して歌うハメになる宙くんの苦悩っぷりを楽しみつつ、萌えるべし!


photo

●みずほアンビバレンツ
発売元:双葉社
著者:こいずみまり

 中学入学と同時に“女の子になること”に目覚めた超絶美少年・田代みずほが、周りの人間を勝手気ままに振り回すドタバタコメディ。彼女(彼?)の魅力の前には男女の差も関係なく、「男でも好きだ!」と同じ男子から迫られるほど。好き勝手に振る舞ってもかわいいから許せるのは、男の娘でも通用すると初めて知りました。こんな子に振り回されるなら本望ですね。


photo

●女装少年コレクション ゲーム編
発売元:一迅社

 男の娘萌えの火付け役ともなった、美少女ゲーム「はぴねす!」に登場する“準にゃん”こと渡良瀬準や、コンシューマ版が発売を予定している「恋する乙女と守護の楯」の山田妙子など、美少女ゲームを代表する男の娘たちが一挙紹介された書籍。本作では、美少女ゲームに登場した男の娘キャラ・約50人の魅力がたっぷり紹介されています。男の娘好きならばバイブルとして一冊は持っておくべき必携の書!


photo (C)CherryGirls

オトコのコはメイド服がお好き!?
制作:ホビージャパン

 喫茶店「cherry girls」で働く4兄弟のかわいいメイドさんたち(全員男の娘)の生活を、イラストとシナリオで楽しめるキャラクターコンテンツ。魅力は、なんといっても4人のメイドさん。物腰柔らかな清楚系の長男・ナオ、女装に抵抗を示す次男・ユキ、メガネが知的な三男・トモ、純真無垢な小悪魔系の四男・リオと、それぞれ個性豊かな男の娘たちが魅了してくれます。時折ある“ドキっ”とするシーンや萌え萌えシーンでは、彼らが男だと分かっていてもドキマギしてしまい、この葛藤や思いのたけを川辺でぶちまけたく(叫びたく)なります。


●オンナノコになりたい!
発売元:一迅社

●オトコの娘のための変身ガイド
発売元:遊タイム出版

photophoto (左から)オンナノコになりたい!、オトコの娘のための変身ガイド

 マンガやWebサイトなど、二次元の男の娘を楽しめる作品を紹介しましたが、お次は一段レベルを上げて、かわいい男の娘になるための女装ハウツー本2冊を紹介します。どちらも女装するために必要なメイクやスキンケア方法、パンストのはき方や仕草などが非常に細かく説明されており、初心者でも安心して女装できます。また、「オンナノコになりたい!」は続編としてコスプレ編が発売され、「オトコの娘のための変身ガイド」は本場の女装サロンに全面協力を得て制作するなど、それぞれに特色が見られる凝りよう。ちなみにもし自分が女装したら……なんて想像したら、久々に寒け以外で鳥肌立ちました。


 「もやしもん」の蛍や「ギルティギア」のブリジット、「乙女はお姉さまに恋してる」の瑞穂お姉さまや「ゆびさきミルクティー」の由紀(ゆき)ちゃんなど、今回紹介した以外にも男の娘ネタ作品はたくさんあり、魅力的な作品もまだまだたくさんあります。見た目が萌え萌えな女の子なのに実は男、といったモンモンとする葛藤を楽しみたい方は、ぜひ一度、これらの作品を手に取ってみてください。

 それでもまだ萌えないという人がいるかもしれません。でもほら、よーく考えて、恥ずかしがってイヤイヤ女装する男の娘を想像するとちょっと萌えません? ……なんて思った僕は、萌えの新たなステージへと上がったような気がします

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/12/news182.jpg 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  2. /nl/articles/2404/13/news017.jpg 1歳妹、大好きな18歳兄の登校を泣きながら引きとめて…… やさしい兄の対応と爆笑のオチが430万再生「こりゃ離れられない」「早く帰ってこなきゃ」
  3. /nl/articles/2404/13/news010.jpg 「このシステムすごくいい」 東横INNの「フードロス対策」に称賛の声 「全てのホテルに拡大してほしい」
  4. /nl/articles/2404/13/news012.jpg 「このヒートテック、いつ買ったっけ?」→一発でわかる“タグの見方”が600万再生 手放しどきをユニクロに聞いてみた
  5. /nl/articles/2404/12/news172.jpg いなば食品、「由比のボロ家報道について」とするコメント発表 「誠意をもって改修に全力」
  6. /nl/articles/2404/13/news014.jpg 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  7. /nl/articles/2404/12/news132.jpg 2歳女の子、空港で祖父母を見つけた瞬間! 2200万再生の喜びダッシュに「トトロに出てくるメイちゃんに見えた笑」【豪】
  8. /nl/articles/2404/13/news006.jpg 1歳妹、6歳姉のお迎えは大興奮→ママのお迎えは……? 270万再生のリアクションに「差が歴然ですねw」「可愛いすぎる姉妹ですね」
  9. /nl/articles/2404/13/news008.jpg デート中の妻に「野球しよう」と誘ったら……エッッ!? まさかの腕前にしびれちゃう「かっこよー!」「いったい何者……?」
  10. /nl/articles/2404/13/news024.jpg 2歳息子がイモムシから育て、羽化したアゲハ蝶との別れの日…… 胸を打つ奇跡の光景に「こんな事あるんですね!」「感動をありがとう」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  2. 500円玉が1つ入る「桜のケース」が200万件表示越え! 折り紙1枚で作れる簡単さに「オトナも絶対うれしい」「美しい〜!」
  3. 赤ちゃんがママと思ってくっつき爆睡するのはまさかの…… “身代わりの術”にはまる姿に「可愛いが渋滞」「何回見てもいやされる!」
  4. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  5. 日本地図で「東京まで1本で行ける都道府県」に着色 → まさかの2県だけ白いまま!? 「知らなかった」の声
  6. 中森明菜、“3か月ぶりのセルフカバー動画”登場でネット沸騰 笑顔でキメポーズの歌姫復活に「相変わらずオシャレで素敵」「素敵な年齢の重ね方」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. もう別人じゃん! 「コロチキ」西野、約8カ月のビフォーアフターが「これはすごい」と驚きの声集まる
  9. 娘がクッションを抱きしめていると思ったら…… 秋田犬を心ゆくまで堪能する姿が440万再生「5分だけ代わっていただけますか?」「尊いなぁ…」
  10. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」