連載
» 2008年10月28日 00時00分 公開

女装少年にキュンキュンきちゃう? 話題の“男の娘”に萌えるべし!今日は何の日? 萌え曜日!

“女装した少年に萌える”人たちって、女性ファンが多そうに聞こえますよね。しかし、いまや男性にも女装少年に萌える人たちが増えているようです。大丈夫なのか? 日本男児! とお思いのアナタ。本稿を読んで、めくるめく“男の娘(おとこのこ)”萌えワールドをご堪能あれ!

[雛見沢秀一,ITmedia]

萌えの最新トレンド“男の娘萌え”

 マンガやアニメを見ていて、「なにこの娘、チョー萌え萌え!」なんて思ったキャラクターが実は女装した男子だと知った時、詐欺にでもあったような気分になってしまう雛見沢です、こんにちわ。

 しかし昨今の萌え業界では「むしろそれがイイ!」という風潮が目立つようになりました。女装する少年=“男の娘(おとこのこ)”という言葉ができたり、マンガ「ハヤテのごとく!」でのセリフ“こんなかわいい子が女の子のはずないじゃないですか”がネットで話題になるくらい、ホットな萌えジャンルのひとつとして注目されています。そんな“男の娘”というジャンルを楽しむために、先月発売されたばかりの作品や、絶対押さえておきたい実用書をピックアップしてご紹介します。

photo (C)GINTA/chuable soft (C)studio-HiRo (C)Fujimishobo

●絶対☆アイドル
発売元:富士見書房
原作:須田洋 作画:ぎん太

 アイドルを目指す少年・天乃宙が、ひょんなことから女装アイドルとしてデビューし、活躍するシンデレラストーリー。絵を見て分かる通り、ほんのり桜色に頬を染めながら衣装で裸体を隠す宙くんが、とんでもなくかわいいんです。本人としては男性アイドルとして活躍したかったのに、なぜか女装して歌うハメになる宙くんの苦悩っぷりを楽しみつつ、萌えるべし!


photo

●みずほアンビバレンツ
発売元:双葉社
著者:こいずみまり

 中学入学と同時に“女の子になること”に目覚めた超絶美少年・田代みずほが、周りの人間を勝手気ままに振り回すドタバタコメディ。彼女(彼?)の魅力の前には男女の差も関係なく、「男でも好きだ!」と同じ男子から迫られるほど。好き勝手に振る舞ってもかわいいから許せるのは、男の娘でも通用すると初めて知りました。こんな子に振り回されるなら本望ですね。


photo

●女装少年コレクション ゲーム編
発売元:一迅社

 男の娘萌えの火付け役ともなった、美少女ゲーム「はぴねす!」に登場する“準にゃん”こと渡良瀬準や、コンシューマ版が発売を予定している「恋する乙女と守護の楯」の山田妙子など、美少女ゲームを代表する男の娘たちが一挙紹介された書籍。本作では、美少女ゲームに登場した男の娘キャラ・約50人の魅力がたっぷり紹介されています。男の娘好きならばバイブルとして一冊は持っておくべき必携の書!


photo (C)CherryGirls

オトコのコはメイド服がお好き!?
制作:ホビージャパン

 喫茶店「cherry girls」で働く4兄弟のかわいいメイドさんたち(全員男の娘)の生活を、イラストとシナリオで楽しめるキャラクターコンテンツ。魅力は、なんといっても4人のメイドさん。物腰柔らかな清楚系の長男・ナオ、女装に抵抗を示す次男・ユキ、メガネが知的な三男・トモ、純真無垢な小悪魔系の四男・リオと、それぞれ個性豊かな男の娘たちが魅了してくれます。時折ある“ドキっ”とするシーンや萌え萌えシーンでは、彼らが男だと分かっていてもドキマギしてしまい、この葛藤や思いのたけを川辺でぶちまけたく(叫びたく)なります。


●オンナノコになりたい!
発売元:一迅社

●オトコの娘のための変身ガイド
発売元:遊タイム出版

photophoto (左から)オンナノコになりたい!、オトコの娘のための変身ガイド

 マンガやWebサイトなど、二次元の男の娘を楽しめる作品を紹介しましたが、お次は一段レベルを上げて、かわいい男の娘になるための女装ハウツー本2冊を紹介します。どちらも女装するために必要なメイクやスキンケア方法、パンストのはき方や仕草などが非常に細かく説明されており、初心者でも安心して女装できます。また、「オンナノコになりたい!」は続編としてコスプレ編が発売され、「オトコの娘のための変身ガイド」は本場の女装サロンに全面協力を得て制作するなど、それぞれに特色が見られる凝りよう。ちなみにもし自分が女装したら……なんて想像したら、久々に寒け以外で鳥肌立ちました。


 「もやしもん」の蛍や「ギルティギア」のブリジット、「乙女はお姉さまに恋してる」の瑞穂お姉さまや「ゆびさきミルクティー」の由紀(ゆき)ちゃんなど、今回紹介した以外にも男の娘ネタ作品はたくさんあり、魅力的な作品もまだまだたくさんあります。見た目が萌え萌えな女の子なのに実は男、といったモンモンとする葛藤を楽しみたい方は、ぜひ一度、これらの作品を手に取ってみてください。

 それでもまだ萌えないという人がいるかもしれません。でもほら、よーく考えて、恥ずかしがってイヤイヤ女装する男の娘を想像するとちょっと萌えません? ……なんて思った僕は、萌えの新たなステージへと上がったような気がします

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2110/21/news155.jpg 伊藤かずえ、13年間ともにした愛車とお別れ 総走行距離は14万キロ超で「今まで本当に有り難う」と感謝
  2. /nl/articles/2110/21/news173.jpg だって安室ちゃんがついてる! 中川翔子「この写真を見れば生きていける」1枚が100人力どころじゃない頼もしさ
  3. /nl/articles/2110/22/news092.jpg ROLAND、“両サイドの巻き髪”が強い新ヘアに賛否 称賛の一方で「あぁ金髪ローランドが恋しい」との声も
  4. /nl/articles/2110/22/news077.jpg つるの剛士、10年前の家族ショットに時の流れ実感 “このころ影も形もない次男”にしみじみ「今年は七五三」
  5. /nl/articles/2110/20/news095.jpg 「これはガチ長所」 採血で発覚した思わぬ長所を描いた漫画が「うらやましい」と話題に
  6. /nl/articles/2110/21/news013.jpg カリスマ美容師が子猫をスタイリングした結果…… 笑撃の仕上がりが電車の中で見てはいけないやつ
  7. /nl/articles/2110/22/news028.jpg 「あなた一日中家にいるの? はー…シンドイ」→妻が不機嫌になった意外な理由 “ちょっと怖い妻”の漫画がおそろしくかわいい
  8. /nl/articles/2110/21/news050.jpg 「攻殻機動隊」タチコマの“コスプレ”がすごい完成度 人が乗れて走ってアームも動く!
  9. /nl/articles/2110/21/news010.jpg “新人猫の受け入れに精魂尽き果てた管理職の猫です” あおむけで脱力寝する姿に「おつかれさま」「昇給してあげて」と励ましが集まる
  10. /nl/articles/2110/22/news094.jpg ガンダム作中の食事を再現したメニューがガンダムカフェに登場 「連邦軍の配給食」「アーガマ艦内食」など

先週の総合アクセスTOP10

  1. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  2. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  3. 有吉弘行、妻・夏目三久との“イラストショット”を公開 蛭子能収からのプレゼントに「下書きも消さずにうれしい!!」
  4. 「印象が全然違う!」「ほんとに同じ人なの!?」 会社の女性に勧められてヘアカットした男性のビフォーアフター動画に反響
  5. 梅宮アンナ、父・辰夫さんの看板が黒塗りされ悲しみ 敬意感じられない対応に「残酷で、余りにも酷い行為」
  6. 子猫が、生まれたての“人間の妹”と初対面して…… 見守るように寄り添う姿がキュン死するほどかわいい
  7. 工藤静香、バブルの香り漂う33年前の“イケイケショット” ファンからは「娘さんそっくり」「ココちゃん似てる」
  8. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  9. 後藤晴菜アナ、三竿健斗との2ショット写真で結婚を報告 フジ木村拓也アナ、鷲見玲奈アナからも祝福のコメント
  10. 「とりあえず1000個買います」 水嶋ヒロ、妻・絢香仕様の“白い恋人”に財布の紐が緩みまくる