秋の味覚をたっぷりお届け!? 秋季萌えアニメを観て“萌えの秋”を堪能しよう!!今日は何の日? 萌え曜日!

10月に入り、秋季新番アニメの放送が始まりました。今期のアニメ新番組は約40本! その中には「CLANNAD」待望の続編や人気ライトノベルのアニメ化など、萌えアニメも続々登場! 充実したラインアップの中から、イチオシ萌えアニメ3作品をご紹介しますよ!

» 2008年10月16日 00時00分 公開
[雛見沢秀一,ITmedia]

雛見沢推薦の3作品はコレだ!

 夏季アニメでは“パンツじゃないから恥ずかしくないもん!”発言がネットで話題となった萌えアニメ「ストライク・ウィッチーズ」に、終始ニヤニヤしてた雛見沢です、こんにちわ。

 夏季アニメの最終回ラッシュが終わり、萌えパッションが抜けきっている諸君も多いと思いますが、そんなことはおかまいなしに始まった秋季アニメ。放映開始されるおよそ40作品ものタイトルの中から3作品をピックアップしました! 雛見沢がチョイスした萌えアニメで、キュンキュンしちゃってチョーダイ!

●CLANNAD AFTER STORY

photo

 3月まで放映されたテレビアニメ「CLANNAD」の続編にあたる本作。原作は、美少女ゲームブランド・Keyが2004年に発表したゲームで、同ブランドが過去に制作した「Kanon」や「AIR」と同じく、“人と人との絆”をテーマに描いた感動的なストーリーが魅力の作品です。

 前作でヒロイン・古河渚(CV:中原麻衣)と恋人関係になった主人公・岡崎朋也(CV:中村悠一)。古河家に居候し、3年の2学期を迎え自身の将来について考える朋也だが……。というのが放映前までに判明していた情報。原作のアフターストーリーでは、高校を卒業した後の朋也たちについて描かれていましたが、第1期にあったアニメオリジナルのアレンジとともに、本作では楽しめるのかが注目の作品です。

 本作の萌えポイントは、京都アニメーションが描く「CLANNAD」のヒロインたち。こまやかな心理描写や原作を忠実に再現したヒロインたちの仕草、言動を見ていると、“萌える”というか普通にときめきます。“萌えー!”とか言ってる自分が恥ずかしい!


photophotophoto (C)VisualArt's/Key/光坂高校演劇部

●とある魔術の禁書目録

photo

 超能力の開発を授業にとりいれた学園都市を舞台に、“異能の力を打ち消す能力”をもつ主人公・上条当麻(CV:阿部敦)と、謎の少女・インデックス(CV:井口裕香)を狙う魔術師たちとの戦いを描いた作品。原作は電撃文庫から発行されるライトノベルシリーズで、現在累計280万部も売り上げている人気作です。

 雛見沢オススメのポイントは、なんといっても超能力と魔術のバトル。電磁力の原理を利用してコインを音速の3倍で打ち出す電撃使いの御坂美琴(CV:佐藤利奈)や、炎の巨人を操る魔術師・ステイル=マグヌス(CV:谷山紀章)たちによる、迫力あるバトルがアニメーションで見られるのだから興奮もひとしお。そして、子供っぽい性格で食いしん坊のヒロイン・インデックスがかわいいのなんの! 作中ではコロコロ表情を変えてファンを魅了してくれます。


photophotophoto (C)鎌池和馬/アスキー・メディアワークス/PROJECT-INDEX

●今日の5の2

photo

 幼なじみ同士の佐藤リョータ(CV:小林ゆう)と小泉チカ(CV:下田麻美)、そして同じ小学校に通う5年2組の生徒たちが織り成す、ドタバタコメディが楽しめる「今日の5の2」。原作者は、第3期も放送決定したテレビアニメ「みなみけ」の作者・桜場コハルで、本作は彼のデビュータイトルのテレビアニメ化作品です。

 本作の見どころは、かわいらしい小学生たちによるちょっとドキドキでシュールなギャグシーン。スーパーボールが女の子の服の中に入るシーンや、噛み癖のある女の子がリョータの耳たぶを噛むシーンといったドキドキなエピソードと、かわいい表情とリアルな表情の描き分けから生まれる桜場コハル式シュールギャグの波状攻撃で、観る者を萌えさせてくれます。


photophotophoto (C)桜場コハル・講談社/5年2組保護者会


 秋季アニメの放送スタートラッシュを迎える10月。バトルもの、恋愛もの、日常ものと、さまざまなジャンルの萌えアニメが放送されています。今からでも遅くありません。今回の記事を参考に秋季新番萌えアニメを楽しんでみてはいかがでしょうか?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  2. /nl/articles/2405/18/news066.jpg 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  3. /nl/articles/2405/18/news004.jpg 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  4. /nl/articles/2405/19/news014.jpg ソファに座る息子を見ると……→“まさかのもの”を食べる姿が585万表示 ママ絶叫の光景に「あああ!!」「バイタリティがすごい」
  5. /nl/articles/2405/19/news058.jpg 本田真凜、ショートパンツのスウェット姿に注目の声 「かわいいー!」「スタイルよすぎる」
  6. /nl/articles/2405/16/news066.jpg 伝説のスポーツカーが朽ちている……!? ある田舎の風景を描いた精巧なジオラマに「リアルすぎる」「ホンモノかと」驚きの声
  7. /nl/articles/2405/19/news036.jpg 「ウンコ食い」という毒魚に刺され“骨に激痛”→その40時間後…… ゾッとする経過報告に「えげつない」「何かの病気になりそう」
  8. /nl/articles/2405/19/news019.jpg 車両置き場から何かの鳴き声→探しても見つからずフォークリフトの中をのぞいたら…… まさかの正体に「困ったもんだ(笑)」「ここはマズイ」
  9. /nl/articles/2405/21/news018.jpg 側溝の泥に埋もれて瀕死の子猫→救助されて1年後…… 涙あふれるビフォーアフターに「良かった……良かったです」「奇跡ってある」と182万表示
  10. /nl/articles/2405/18/news068.jpg 『HUNTER×HUNTER』の冨樫義博がXで怒り 立て続く“誤配”で「三度目です」「次はもう知らん」
先週の総合アクセスTOP10
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評