ニュース
» 2008年11月27日 15時38分 公開

バンダイのカードゲームは化け物か!! 「ガンダムクロニクルバトライン」がスゴかった日々是遊戯

この冬バンダイが新たに展開する「ネットカードダス」シリーズ。その第1弾「ガンダムクロニクルバトライン」を、いち早く遊ばせていただく機会を得た。

[池谷勇人,ITmedia]

こんなTCGを待っていた! という人も多いハズ

 先日、バンダイから「今度新しく発売するカードゲームを触りに来ませんか?」というお誘いをいただき、「行きます行きます」とやっぱり二つ返事で遊びに行ってきた。

 今回触らせていただいたのは、12月にバンダイより新しく発売される「ネットカードダス」シリーズの第1弾「ガンダムクロニクルバトライン」。“ネット”カードダスというネーミングのとおり、手に入れたカードを使って、オンラインで他のユーザーのデッキといつでも対戦できるのがこのシリーズの特徴。家庭用ゲーム機でいうならば、プレイステーション 3の「THE EYE OF JUDGMENT」のようなものと考えると分かりやすいかもしれない。

 カードは全国の玩具店をはじめ、ローソン、Amazonなどでも販売される予定。カードの裏面には16桁のコードが印刷されており、これをPC上で入力することで、ゲーム内でもそのカードが使えるようになる仕組みとなっている。なお、スターターキットには、コードを読み取るためのリーダーもついているので、いちいち手で打ち込むのは面倒! という人はこちらを利用するといいだろう。

まだ開発中とのことだが、特別にカードの一部を見せていただくことができた
付属のペン型リーダー「cosca」を使って、手に入れたカードを登録していこう
登録したカードを使って、オンラインで他のプレイヤーと対戦!

 対戦では、互いに「ユニット」と呼ばれるカードの組を出し合い、相手の母艦をいち早く撃破した方が勝利となる。「バトライン」というタイトルのとおり、母艦と母艦の間には3本のライン(左舷、中央、右舷)が存在し、どのラインにユニットを送り込むかが戦闘時のポイント。激戦区で真っ向勝負に出るか、それともあえて手薄なラインを攻めるか――? 一度ライン上に出たユニットは、パイロットの特性に従い勝手に戦ってくれるので、駆け引き自体は非常にシンプル。どちらかといえば事前のデッキ編成と、相手の戦略の裏をかく「読み」がモノを言うゲームと言えるかもしれない。

 1プレイあたりにかかる時間は大体5〜10分程度。デッキさえ登録しておけば、留守の間に勝手に誰かと対戦してくれるシステムもあり、あまり遊ぶ時間のとれない社会人でもプレイしやすいのは嬉しいところ。また戦いを重ねることで、母艦やカードが徐々にレベルアップしていくといった“デジタルならでは”の要素もあって、まさに「次世代」のオンライン・トレーディングカードゲームと呼べるものとなっている。今後「ガンダム」以外のシリーズも展開していく予定とのことで、TCGファンにとっては要注目のシリーズとなりそうだ。

戦闘シーンでは、3Dで描かれたモビルスーツたちが激突!
機体とパイロットの組み合わせによって、ユニットの能力は大きく変化する
相手がどのラインから攻めてくるかを読み、的確な判断を下していこう

「ガンダムクロニクルバトライン」公式サイト。対戦やデッキ編成はここから行う
カードを組み合わせ、デッキを編成しているところ
戦闘結果に応じてランキングが算出される。ランキング1位を目指せ!

 気になる価格は、18枚のカードとカードリーダーがセットになった「スターターキット」が2625円(税込)、カード3枚入りの「ブースターパック」が315円(税込)となっている。また現在公式サイトで事前登録を行っておくと、サービス開始に先駆けて、様々なカードデータを入手できるキャンペーンも実施中なので、さらに詳しく知りたい人はこちらものぞいてみてほしい。

2625円(税込)で発売予定の「スターターキット」
「ブースターパック」は315円(税込)にて発売予定だ


第1弾に含まれるカードの一部を紹介! カードは大きく「メカニクス(機体)」「パイロット」「カスタム」の3種類に分けられる

【読者プレゼント】

 今回、バンダイ様より特別に、「ガンダムクロニクルバトライン」内で使用可能なPRコード「ジム・キャノン」をご提供いただきました。公式サイトにて以下のコードを入力することで使用することができるので、ぜひご活用ください!

PRコード:QYEQ-B2BG-9R9A-F8E6


(C)創通・サンライズ BANDAI Co.,Ltd. 2008 All rights reserved.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/28/news013.jpg 4コマ“全員医学部出てない”が大惨事の予感しかない 「大至急首にネギを巻くんだ! 生姜湯も飲ませろ!」
  2. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  3. /nl/articles/2201/27/news182.jpg ガンダムがスノボやってる!? ゲレンデをさっそうと滑るコスプレボーダーが「連邦の面白い悪魔」と人気
  4. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  5. /nl/articles/2201/28/news085.jpg 「だれかわからなかった」 国生さゆり、今年初ソロショットで茶髪ボブへ大胆イメチェン 好評の声へ「可愛いと自覚致します」
  6. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  7. /nl/articles/2201/28/news141.jpg 米43歳の元人気子役、2年のドラッグ断ちですっかり別人に! 「歯がなくて座っていられなかった」過去から復活へ
  8. /nl/articles/2201/28/news081.jpg 水族館「オニカマス展示中です」→魚クラスタ「ヤシャカマスでは?」 野生の魚博士が間違いを発見、水族館に経緯を聞いた
  9. /nl/articles/2201/27/news165.jpg パパ、気を確かに! ベッカム「娘に好きな人がいるっていわれた」絶望フェースが世界中の父親に突き刺さる
  10. /nl/articles/2201/28/news050.jpg 「もう無理……」 虚無感漂う置物「いろいろむりになってきたカエル」がじわじわくるかわいさ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」