実はひそかなモテツール? ニンテンドーDSi、発売初月で約54万台を販売日々是遊戯

去る11月1日に発売となった、ニンテンドーDSの最新モデル「ニンテンドーDSi」。メディアクリエイトによれば、発売1カ月間での販売台数は約54万台にのぼった模様。ついでに1カ月間持ち歩いてみた、個人的感想もお届けします。

» 2008年12月05日 16時25分 公開
[池谷勇人,ITmedia]

飲み会ではモテモテ間違いなし!?

 発売から1カ月が経過し、けっこう電車の中などでも普通に見かけるようになってきたニンテンドーDSi。メディアクリエイトの発表によれば、11月1日から11月30日までの1カ月間における累計販売台数は53万8177台。発売1カ月間で53万2037台を販売したDS Liteと、ほぼ同ペースでの立ち上がりとなったようだ。

 いつものようにメディアクリエイト シニアアナリストの千葉研一氏にお話をうかがったところ「台数的にはDS Liteとほぼ同じですが、DS Liteの時は極端な供給不足だったため、実際の需要は当時より落ち着いていると思います」とのこと。とは言え50万台という数字は、すでに累計で2400万台以上普及している機種としては順調で、年末も安定した需要が見込めそう、とも語ってくれた。DS Lite発売時に比べるとやや落ち着いた印象のあったDSiだが、まずは順調なスタートをきったと言えそうだ。

 ちなみに発売日に勢いだけでなんとなく2台購入してしまった(記事参照)我が家のDSiですが、リポートで使用した白い方はその後、まだ初代DSを使っていた母親にプレゼントしてしまい、現在はブラックを個人用として主に持ち歩いていたりします。

 で、1カ月間使ってみた感想はというと、周囲の友人の「どうせまたすぐ飽きるんじゃない?」という冷ややかな反応とは裏腹に、実はけっこう肌身離さず持ち歩いてたりします。

 一番の用途はやっぱり「カメラ機能」なわけですが、どちらかと言えば“撮る”というよりも、“誰かに見せる”目的で持ち歩いているという感じ。日常の中で「誰かに見せたいシーン」というのはけっこうあるもので、たまに会った友人・知人などに「このお店がおいしかったよ」とか、「この日はこんなイベントを取材してきたよ」といった感じで触らせてみると、ちょっとしたハナシの種としてかなり盛り上がる。正直カメラとしての画質はかなり物足りないのだが、結局、誰かに見せたいから面白いものがあるとついDSiで撮ってしまう――という感じで、今では出かける際、DSiを忘れると軽くショックをおぼえるほど、筆者の生活に溶け込んだツールになりつつある。

 そしてやっぱり、すさまじく威力を発揮するのが「飲み会」の席。その場で撮った写真を「表情カメラ」や「いたずらカメラ」で加工して見せてあげると、正直こんなにウケちゃっていいのかと思うくらいウケます。モテモテです。

 この、“知っている人の顔をリアルタイムでイジって遊べる”という楽しさは、触ってみないとなかなか分からないもの。それだけに「えー、しょせんおもちゃのカメラでしょ?」と半信半疑な人の顔をパシャっと撮って、その場で怒り顔にしてみたり、ネコミミを付けてあげたりすると、途端に「えーやだウッソーなにこれ〜!」と手のひらを返したような好反応が見られたりして非常に楽しい。あとこれからの忘年会シーズン、「DSiだと女の子でもわりと気軽に写真を撮らせてくれる」ということを覚えておくと、男性諸君はもしかしたらちょっとだけ幸せになれたりするかもしれません。ただ、残念ながら暗い場所での撮影は致命的に苦手なので、会場がちょっと暗めのお店だった時には運が悪かったと諦めよう。

 というわけで、我が家ではゲーム機というより、すっかりコミュニケーションツールとして活躍中のDSiなのでした。12月には「うごくメモ帳」「うつす メイド イン ワリオ」などのニンテンドーDSiウェアの配信も予定されており、これから年末年始にかけ、どれほど販売台数を伸ばすことができるか、そして岩田社長がカンファレンスで提唱していた「1人に1台」をどこまで実現できるか、楽しみに見守りたいところだ。

DSi発売日の様子。DS Liteの時に比べると、在庫も潤沢で落ち着いたスタートだった
筆者が現在使用中のDSiブラック。もはや出かける時には欠かせないツールになりつつある
なんだかんだでけっこうカメラとしても活用中。見せたい時にすぐ見せられる手軽さがイイ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2404/17/news023.jpg 2カ月赤ちゃん、おばあちゃんに少々強引な寝かしつけをされると…… コントのようなオチに「爆笑!」「可愛すぎて無事昇天」
  2. /nl/articles/2404/16/news192.jpg 「ゆるキャン△」のイメージビジュアルそのまま? 工事の看板イラストが登場キャラにしか見えない 工事担当者「狙いました」
  3. /nl/articles/2404/17/news136.jpg もう別人じゃん! miwa、大胆イメチェンで面影ゼロに「まさかのこんな色になってるとは」「だれー!?」
  4. /nl/articles/2404/17/news111.jpg 「ぶち抜きたいです」 辻希美、懇願拒否された13歳長男が“荒くれ反抗”……息子の室内破壊に嫌悪あらわ「言葉が出ない」
  5. /nl/articles/2404/16/news185.jpg 異世界転生したローソン出現 ラスボスに挑む前のショップみたいで「合成かと思った」「日本にあるんだ」
  6. /nl/articles/2404/17/news029.jpg 「キュウリが冷凍できるとは76年も生きて来て知らんかったなあ」 野菜ソムリエプロが教える冷凍&活用アイデアが328万再生
  7. /nl/articles/2404/17/news117.jpg 「虎に翼」、壮絶過去演じた16歳俳優に注目の声「違国日記の子か!」 「ブラッシュアップライフ」にも出演
  8. /nl/articles/2404/17/news025.jpg 築36年物件の暗くてボロいトイレをリメイク→ぐーんと垢抜け! 驚きのビフォアフに「すごいですね!」「天才」の声
  9. /nl/articles/2404/15/news081.jpg 【今日の計算】「13+8×2−11」を計算せよ
  10. /nl/articles/2211/26/news054.jpg 辻希美&杉浦太陽、15歳迎えた長女のレアな“顔出しショット”でお祝い 最近は「恋バナ」で盛り上がることも
先週の総合アクセスTOP10
  1. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  2. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  3. 安達祐実、成人した娘とのレアな2ショット披露 「ママには見えない!」「とても似ててびっくり」と驚きの声
  4. 兄が10歳下の妹に無償の愛を注ぎ続けて2年後…… ママも驚きの光景に「尊すぎてコメントが浮かばねぇ」「最高のにいに」
  5. “これが普通だと思っていた柴犬のお風呂の入れ方が特殊すぎた” 予想外の体勢に「今まで観てきた入浴法で1番かわいい」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評
  8. お花見でも大活躍する「2杯のドリンクを片手で持つ方法」 目からウロコの裏技に「えぇーーすごーーい」「やってみます!」
  9. 弟から出産祝いをもらったら…… 爆笑の悲劇に「めっちゃおもろ可愛いんだけどw」「笑いこらえるの無理でした」
  10. 3カ月の赤ちゃん、パパに“しーっ”とされた反応が「可愛いぁぁぁぁ」と200万再生 無邪気なお返事としぐさから幸せがあふれ出す
先月の総合アクセスTOP10
  1. フワちゃん、弟の結婚式で卑劣な行為に「席次見て名前覚えたからな」 めでたい場でのひんしゅく行為に「プライベート守ろうよ!」の声
  2. 親が「絶対たぬき」「賭けてもいい」と言い張る動物を、保護して育ててみた結果…… 驚愕の正体が230万表示「こんなん噴くわ!」
  3. 水道検針員から直筆の手紙、驚き確認すると…… メーターボックスで起きた珍事が300万再生「これはびっくり」「生命の逞しさ」
  4. フワちゃん、収録中に見えてはいけない“部位”が映る まさかの露出に「拡大しちゃったじゃん」「またか」の声
  5. スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  6. 桐朋高等学校、78期卒業生の答辞に賛辞やまず 「只者ではない」「感動のあまり泣いて10回読み直した」
  7. 「これは悲劇」 ヤマザキ“春のパンまつり”シールを集めていたはずなのに…… 途中で気づいたまさかの現実
  8. 「ふざけんな」 宿泊施設に「キャンセル料金を払わなくする方法」が物議 宿泊施設「大目に見てきたが厳格化する」
  9. がん闘病中の見栄晴、20回以上の放射線治療を受け変化が…… 「痛がゆくなって来ました」
  10. 食べ終わったパイナップルの葉を土に植えたら…… 3年半後、目を疑う結果に「もう、ただただ感動です」「ちょっと泣きそう」