ニュース
» 2009年04月17日 03時54分 公開

歴代「テイルズ オブ」シリーズの頂点に君臨するのは誰だ!? 「テイルズ オブ バーサス」

バンダイナムコゲームスが2009年夏に贈る、いわば「テイルズ オブ」シリーズのお祭り的ソフトがPSPで発売される。13作品のキャラクターが対決するその先には?

[ITmedia]

狙うはユグドラシルバトル


 「テイルズ オブ」シリーズ歴代キャラクターの夢の対決が実現した。初代「ファンタジア」から最新作「ハーツ」までの13作品、35人の人気キャラクター達がステージ狭しと繰り広げる対戦アクションゲームがPSPで発売される。本作には、ストーリーモードをはじめ、さまざまなモードを搭載し、やり込み要素も十分とのこと。作品の枠を超え、大乱戦を征するのはいったい誰だ?

 なお、メインとなるユグドラシルモード(ストーリーモード)では、ユグドラシルバトルに参加するキャラクターたちの視点で描かれる、立ちふさがる敵と戦っていくという流れ。異世界「ダイランティア」の各地を巡り、さまざまな場所でストーリーが展開される。マップにはさまざまなロケーションが用意されており、最大4人での対戦バトルを勝ち抜いてストーリーを進めていく。また、さまざまなモードに関係したやりこみ要素も用意されている。

最大4人での対戦バトルを勝ち抜いてストーリーを進めていく。また、さまざまなモードに関係した



謎のモード(右)も?

 世界樹が「大いなる実り」としてもたらす根源エネルギー――「マナ」によって支えられた世界“ダイランティア”。「マナ」に溢れた太古の世界で、人類は幸福な幼年期を過ごした。

 しかし、文明の発展とともに人の欲望は肥大し、やがて世界樹が3年に一度結実させるマナの塊「大いなる実り」のみでは、世界全土に繁栄をもたらす事ができなくなってしまう。

 歴史は、無数の勢力が、唯ひとつの「大いなる実り」を巡って争う戦乱の時代に突入する。一部の人々が手にする栄華の陰で、幾百の国が興亡し、幾万の命が散り、幾億の涙が流されていった。

 果てなく続く抗争は、殲滅大戦寸前にまで拡大したが、人類はかろうじて踏みとどまり、全国家間に「世界樹協定」が結ばれた。各国は、戦争ではなく代表戦士「シグルス」による武闘大会で「大いなる実り」の獲得権を競う事を承認した。

 これが人類の理性の産物と呼ばれる「ユグドラシルバトル」の始まりである。世界から国家間の戦争が消滅して百年……現在は4つの大国によってユグドラシルバトルが競われている。


テイルズオブキャラクター達が所属する四大国家

  • 神聖王国「ヘイズル」:もっとも古い歴史と文化を持つ大国。四大国家の中で、これまでもっとも多く世界樹に仕える神子を輩出してきた。礼と伝統を重んじる、少々堅苦しい国柄。
  • 騎士王国「フレスヴェルグ」:英雄王に率いられる騎士国家。国家の誇る2大騎士団は、質実剛健である事を尊び、鍛え抜かれた高い戦闘力を誇る。近年、ソーディアンと呼ばれる特殊兵器を開発したと噂されている。マナの代替エネルギーとして「レンズ」と呼ばれるエネルギー発生装置を研究中。
  • 新帝国「ニーズホッグ」:急速に力をつけ大国にまでのし上がった新興帝国。マナに代わる力として独自の機械文明を発達させている。一説にはフォミクリーと呼ばれるレプリカ技術を完成させたとも言われている。
  • 自由都市連合「ダイン」:広大な辺境地域に点在する数十の自由都市で形成される連合国家。さまざまな種族や文化が混在し、良く言えば自由闊達、悪く言えばまとまりのない野蛮さが特徴。他の大国からは後進国として一等低く見られがちだが、若々しい活力と柔軟な適応性に秘められた潜在能力は、あなどれないものがある。

キャラクター

  • シング・メテオライト(CV:柿原徹也)
  • 出演作品:「テイルズ オブ ハーツ」

 辺境の地からやってきた、不思議な武器を扱う少年。シグルスとしての大会出場権は持たないが、ある大切なものを取り戻すため、どんな願いも叶えるという「大いなる実り」を求めてユグドラシルバトル参加を狙う。その腕前は歴戦の勇士にも引けを取らない、確かなもの。


  • ユーリ・ローウェル(CV:鳥海浩輔)
  • 出演作品:「テイルズ オブ ヴェスペリア」

 なりゆきで自由都市ダインを代表するシグルスとなった青年。自由都市の下町で「なんでも屋」として暮らしている自由人。日の当たらぬ裏社会とも繋がりを持ち、普段からはうかがい知れない顔を持っているらしい。


  • リヒター・アーベント(CV:浜田賢二)
  • 出演作品:「テイルズ オブ シンフォニア -ラタトスクの騎士-」

 ある男を仇として追い求める孤高の戦士。物静かで理知的な雰囲気を漂わせるが、その瞳の奥には復讐の炎が燃えている。身の上について謎が多く、世界樹とユグドラシルバトル、そして異世界ダイランティアについて、常人では知りえないはずの知識を身に付けている。


  • ルーク・フォン・ファブレ(CV:鈴木千尋)
  • 出演作品:「テイルズ オブ ジ アビス」

 新帝国ニーズホッグの皇子。皇位継承の通過儀礼として、帝国上層部からの強制で嫌々ユグドラシルバトルに参加することに。自分が皇子であることと、その特権を行使できることを当然のものと思っており、非常に態度が大きくわがまま。


  • スタン・エルロン(CV:関 智一)
  • 出演作品:「テイルズ オブ デスティニー」

 騎士王国フレスヴェルグ二大騎士団の団長だったが、現在は国を離れ行動している。3年前のユグドラシルバトルにも参加しており、決勝戦まで勝ちあがる功績を持つ。前回大会中に起きた“ある事件”で盟友を亡くし、仇を追い求めダイランティアを奔走している。


  • クラトス・アウリオン(CV:立木文彦)
  • 出演作品:「テイルズ オブ シンフォニア」

 金で仕事を引き受ける、凄腕の傭兵。神聖王国ヘイズルの代表として雇われ、ユグドラシルバトルに参加する。剣と術を使いこなし、いかなる時も冷静に振舞う歴戦の勇士。その物腰は一介の傭兵とは一線を画するものがあり、謎の多い人物。


  • アニス・タトリン(CV:桃井はるこ)
  • 出演作品:「テイルズ オブ ジ アビス」

 幼いながらもニーズホッグ軍に所属する軍人。人形使い(パペッター)としての腕前は天才的で、新帝国を代表するシグルスとして任命される。歳のわりに現実主義で、将来の夢は玉の輿。


  • マイティ・コングマン(CV:玄田哲章)
  • 出演作品:「テイルズ オブ デスティニー」

 騎士王国の格闘チャンピオン。鍛え上げた己の肉体のみを武器とし、どんな相手にも正面から戦いを挑む様は、民衆の尊敬を集めている。その実力は王国騎士団の団長クラスに匹敵し、国を代表するシグルスとしてユグドラシルバトルに参加する。


 なお、「テイルズ オブ バーサス」のテーマソングには、昨年のデビューから大活躍を続ける「GIRL NEXT DOOR」が担当。本作のために書き下ろされた楽曲は、オープニングなどで使用される。


「テイルズ オブ バーサス」
対応機種PSP
ジャンルアクション
発売予定日2009年夏
価格未定
(C)いのまたむつみ (C)藤島康介 (C)2009 NBGI
※画面は開発中のものです。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/27/news031.jpg 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  2. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  3. /nl/articles/2402/27/news032.jpg 体調が不安な愛猫を病院へ→先生に「笑われた」診察風景が244万表示! 思わぬ結果と珍しい姿に「落ち着き方すごいw」
  4. /nl/articles/2402/27/news030.jpg 1歳娘、寒い日にホットミルクを飲んだ瞬間…… しみじみ味わう爆笑の一言に「かわいすぎます」「スタバおいしそう」
  5. /nl/articles/2402/09/news148.jpg パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  6. /nl/articles/2402/27/news126.jpg 「ホント理想の家族」「普段から当たり前のよう」 “6男7女の大家族”うるしやま家の大黒柱パパ、“13人分の洗濯物”をテキパキたたむ姿が尊敬しかない
  7. /nl/articles/2402/27/news036.jpg 【今日の計算】「699×7」を計算せよ
  8. /nl/articles/2402/18/news016.jpg 築36年住宅のありふれた玄関を、2万円以下でDIYしたら…… 雰囲気激変の作業まとめに反響「このお値段でこのクオリティー、すごい!」
  9. /nl/articles/2402/27/news075.jpg 「すき家へ1000日以上通い続ける男」に届いたプレゼント “斜め上過ぎる中身”に困惑「何に使うんだこれ」
  10. /nl/articles/2402/26/news029.jpg 冷え込む深夜、玄関の前に何かを訴える野良猫が現れて…… 試行錯誤の保護劇に「長期戦お疲れさまです」「暖かい部屋に入れて良かった」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」