ニュース
» 2009年05月07日 00時01分 公開

舞台化やゆかりの地を訪ねるツアーも発表された「バサラ祭2009〜春の陣〜」リポート

「戦国BASARA バトルヒーローズ」の発売を記念して、5月2日に日比谷公会堂で開催された。そこでは声優陣によるアフレコや舞台化の発表が行われた。

[ITmedia]

トラブル続出ながらそれすらも楽しむ

 4月9日に発売されたPSP用ソフト「戦国BASARA バトルヒーローズ」の発売を記念して5月2日、東京・日比谷公会堂にて「バサラ祭2009〜春の陣〜」が開催された。イベントでは、声優陣によるトークショウや「戦国BASARA」の舞台化、伊達政宗や片倉小十郎ゆかりの地を訪ねるツアーなどの新プロジェクト発表も行われた。

 オープニングアクトとなる「chanbaraプロジェクト」による演舞で場を盛り上げたあとは、イベントの出演者たちが登場し、さらに客席はヒートアップさせる。今回、「戦国BASARA バトルヒーローズ」の声優陣から中井和哉氏(伊達政宗役)、森田成一氏(前田慶次役)、森川智之氏(片倉小十郎役)、石野竜三氏(長曾我部元親役)、中原茂氏(毛利元就役)、大川透氏(徳川家康役)、藤原啓治氏(松永久秀役)、そしてシリーズプロデューサーである小林裕幸氏が登壇。それぞれが登場する度に、来場者の9割以上が女性だけあって黄色い歓声が上がる。


アニキのかけ声に「いい波だぜ」とコメントする石野さんをはじめ、「捨て駒どもよ、よく来た」と挑発する中原さんなど、自身が担当するキャラクターを生かしたひと言で盛り上げる

 それぞれが自身のストーリーモードをオススメするフリートークでは、「政宗が駅前留学して英語を覚える話では?」とチャチャをいれる森田氏をよそに、「ストーリーモードないし……」とたそがれる藤原氏が会場を笑わせると、小林氏はオープニングムービーを振り返り、信長と秀吉が巨大化し目からビームを出していることから、そのうち本当にビーム出すようになるかもしれませんとリップサービスも飛び出した。

 その後、楽屋でも練習を重ねたという「戦国BASARA バトルヒーローズ」のトーナメントゲーム大会が行われることに。豪華ご当地グルメ争奪戦というだけあって、気合いを入れて臨んだものの、途中で通信接続トラブルが起きてしまい、なぜか最終的にはジャンケンで勝者を決めることに。これには皆が「毛利の呪いか?」と苦笑い。結局、藤原氏と小林氏がさくっと勝ち抜き、藤原氏は迷った末にコシヒカリを、小林氏は牛タンをゲットした。



 中盤にはお約束となったアニメ「戦国BASARA」のワンシーンをその場でアフレコするコーナーに突入。幸村と伊達の対決シーンを持ち回りでアフレコするのだが、思わず中井氏が危機感を覚えるほどの本気あり、最初からウケ狙いのおふざけありの、盛り上がりを見せる。とりあえず出演者全員の総意としては、あまりのテンションの高さから「幸村役だけはやりたくないよね」とのこと。保志総一朗さん、頑張ってください……。


 後半戦はよむやまトークショウ(カプセルトーク)をすることになったのだが、用意された質問が入ったガチャガチャがうまく作動せず、なかなかお題の入ったカプセルが出てこない事態に。相変わらずのトラブル続きながら、出演者も堂々としたもので、「おばちゃーん、出てこないんだけどー」と、即席の駄菓子屋コントで場をつなぐ場面も。ガチャガチャを回すのに500円玉か100円玉が必要だったために、次々と投入せざるをえず、「公開詐欺か?」と一同が愚痴るほど、何度も投入しないと出てこない。

 ちなみに、引き当てた質問を紹介しよう。藤原氏には「今後のBASARAシリーズについて」。これには「当然、ストーリーモードに自分のキャラ(松永久秀)を出してほしい」とのこと。中原氏は「自分のキャラになりきってBASARAの思い出話を?」と聞かれるが、「ない!」とこれまた毛利らしい回答。森川氏は「片倉家の家紋を書け」という難問だが、やはりできなかった。大川氏への「驚いたシーンやセリフは?」との質問には、「すべてが驚きの連続のシリーズだが、特に天下人になった家康のはずなのに、ドラマCDでは殺されてしまったのには驚いた」と泣きそうだった。「戦国時代にタイムスリップしたら?」との石野氏への質問には、「酒を飲み倒す」とアニキらしい答えで笑わせる。なお、中井さんにカプセルにはプレゼント抽選会が、森田さんにカプセルには保志氏の熱いビデオレターへの前振りが忍ばせてあった。

新プロジェクト発表

小林プロデューサー

 エンディングでは、小林氏から今後展開する新プロジェクトの発表が行われた。ひとつ目は「戦国BASARA」の舞台化だ。伊達政宗役には久保田悠来さんが、真田幸村役には片岡信和さんが決定している。他キャストについては後日公開となる。場所は東京ドームに新設された「シアターGロッソ」、公演日時は7月3日〜7月12日。脚本・演出はAND ENDLESSの西田大輔氏。

 また、2つ目として「戦国BASARA 伊達軍ツアー」の開催も発表された。これは、6月20日〜6月21日の2日間、小林プロデューサーが同行する伊達政宗や片倉小十郎ゆかりの地を訪ねるツアー。みちのく伊達政宗記念館や瑞巌寺、仙台城址、瑞鳳殿、片倉家廟所、白石城、傑山寺といったスポットを巡る。募集は5月7日より開始。価格は4万9200円(税込)となる。

 コーナーの合間には主題歌を務めるabingdon boys school(アビングドンボーイズスクール)や、挿入歌を歌うOLIVIAさんのビデオレターのコーナーもあったイベントは、昼夜2部構成が開催された。日比谷公会堂前にはPSPを持って遊ぶ姿も多く見られ、ますますシリーズの多様性を期待させる内容ではなかっただろうか。

(C)CAPCOM CO., LTD. 2009 ALL RIGHTS RESERVED.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」