連載
» 2009年05月12日 19時29分 公開

ゲーム動画ウォッチャー(第4回)zoome今週のpickup

全俺が泣いた! 同人ゲームの最高傑作!!

[仲村名人,ITmedia]

 先週はゴールデンウィークということでお休みしたので2週間ぶりになりますが、皆さん、元気ですかー!(某プロレスラー風)

 ……えーと、慣れないことはするもんじゃないですね。恥ずかしいったらありゃしない。世の中、元気があってもどうにもならないことだってあるんです。

 ところで、実は私ゴールデンウィークの間ずっとゲームをやっていたのですが、そのゲームがあまりにも素晴らしかったのでこの場を借りて紹介させていただきます。が、その前にまずはこちらをご覧下さい。suiheilibeさんの「Another Moon Whistleをプレイ その9」です。

 さて本題に入りましょう。「Another Moon Whistle 〜くずれてく入道雲〜」(以下、アナムン)とは神無月サスケさん作の同人RPGで、「Moon Whistle」(以下、ムンホイ)の外伝にあたる作品です。

 まずは手短にストーリーを紹介。小さな島「よいの島」に住む幼稚園児の「カズト」が夏休みの間、普段は離れて暮らしている兄の「つくも」、つくもと同い年の少女「かつみ」が、近所の中学生たちと一緒に冒険を繰り広げるというお話です。さて、この説明だけ見るとアナムンはほのぼのまったり系RPGだと思われる方もいらっしゃるかも知れませんが、そう一筋縄ではいかないのがアナムンのすごいところ。

 カズトは島に帰ってきたばかりのつくもと一緒に、ゲンゾウじいさんに花火の設計図を届けに行きます。ゲンゾウじいさんの家に行くと、その近くには光る物体が。光る物体の近くに行くと少年Aと名乗る人物が現れます。少年Aの話によると、なんと彼は特撮ヒーローのXレンジャーを捕らえているとのこと。Xレンジャーを救い出すためにカズトたちはさまざまな試練に立ち向かっていくことになります。

 そのさまざまな試練というのがアナムン最大の特徴で、登場人物はふとしたことがきっかけで心の闇に陥ってしまい、それぞれの言い分を主張して言い争いを始めてしまいます。カズトたちは両者の言い分をよく聞き、どちらが正しいのかを選んで争いを治めます。ちなみにこの言い争いは、どちらの言い分も正しいといえば正しいし、間違っているといえば間違っています。プレイヤーはゲームを進めるたびに自分の心と向き合っていくことになるでしょう。

 巧みな言葉で仲間たちの心を惑わせて凶行に走らせる少年A。そして悪人だと思っていた少年Aとつくもとの意外な共通点。過去の罪にとらわれて思い悩む兄にカズトはどう接すればいいのか? 衝撃の結末は君の目で確かめろ! 「Another Moon Whistle 〜くずれてく入道雲〜」絶賛公開中! ――黒飴の謎が今、明らかになる。

 というわけで誰に頼まれたわけでもないのにアナムンの宣伝をやらかしてしまったわけですが、実はサスケさんのゲームをプレイしたのは今回が初めてではなく、前作の「Moon Whistle」もプレイしたことがあるんです。確か初めてプレイしたのは2000年、今から9年も前のことになりますね。当時名作とうたわれていたいくつかの同人ゲームの中でも、ムンホイのシナリオとBGMのクオリティの高さは突き抜けていたと記憶しています。

 ムンホイもまた幼稚園児が主人公のゲームで、つくもとXレンジャー(偽ホワイトのみ登場)はこちらが初出です。どことなくノスタルジックでほのぼのとした雰囲気を楽しみつつ、ゲームが進むにつれて心の内面をえぐるようなシビアなストーリーとなってゆき、他のゲームでは決して味わうことのできなかった展開に当時の私は衝撃を受けました。エンディングのXレンジャーのモノローグを見て、前向きな気持ちになれたとまではいかないものの、「もう少し、がんばってみようかな」と少しだけ勇気付けられたのを今でも覚えています。

 そういえば、サスケさんのサイト「www.moonwhistle.org」によると、ムンホイのリメイク版「Moon Whistle XP」が開発されていたものの、それが中止になってしまったとのこと。一ファンとしては残念でなりませんが、いつか完成することを願いながら本日はここまで。このページをご覧の皆さんも、ぜひ「Moon Whistle」、「Another Moon Whistle 」をプレイしてみてください。絶対に損はさせませんから。

 というわけで、楽しんでいただけましたでしょうか? 今回はかなり自分の趣味に走ってしまい恐縮ですが、次回もよろしくお願いします。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. ダルビッシュ有&聖子、14歳息子のピッチングがすでに大物 「球速も相当出てる」「アスリート遺伝子スゴい」
  2. 大家に「何でもしていい」と言われた結果 → 台所が隠れ家バー風に! DIYでリフォームした部屋の変化に驚きの声
  3. 中谷美紀、外国人夫の連れ子や元妻と楽しい団らん 国籍や目の色など何もかも違えど「これでも家族」
  4. デヴィ夫人、15歳の愛孫・キランさんが社交界デビュー 「山高帽にモーニング」華麗なる正装姿が超ハンサム
  5. 法隆寺がクラファンを開始 わずか1日で目標金額2000万円を達成「予想もしていなかった早さ」
  6. 元保護子猫に、ずっと欲しがっていたぬいぐるみをあげたら…… 予想外の反応に「人間の子供みたい!」の声
  7. 7歳息子が初おつかいに行ったときのレシート、よく見ると…… ママへの愛がつまったエピソードに「泣ける」の声
  8. 才賀紀左衛門、“親密な女性”の初顔出しショット公開 パッチリした目にスッキリした鼻筋で「想像通り美しい」「綺麗な方!」
  9. 愛犬に「子猫が大変です!!」と呼び出された飼い主、ついて行くと…… まさかの“無免許運転”発覚に「かわいすぎるw」
  10. 見事な「赤富士」を捉えた山中湖のライブカメラ映像に驚きと感動の声 葛飾北斎「凱風快晴」のような絶景……!

先月の総合アクセスTOP10

  1. この写真の中に1人の自衛隊員が隠れています 自衛隊が出したクイズが難問すぎる……「答え見ても分からない」と人気
  2. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  3. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  4. この写真の中に2人の狙撃手が隠れています 陸自が出したクイズが難しすぎて人気 まじで分からん!
  5. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  6. 誰にもバレずに20年 別荘を解体中にバスルームから“とんでもないモノ”が見つかる 「わけがわからない」と困惑
  7. 名倉潤、妻・渡辺満里奈との結婚17周年に“NY新婚旅行”ショット 「妻には感謝しかありません」と愛のメッセージも
  8. 植毛手術のいしだ壱成、イメチェンした“さっぱり短髪”が好評 「凄く似合ってます」「短い方が絶対いい」
  9. 「ビビるくらい目が覚める」「生活クオリティ上がった」 品薄続く「ヤクルト1000」なぜ、いつから人気に? 「悪夢を見る」ウワサについても聞いてみた
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」