ニュース
» 2009年06月12日 18時40分 公開

日々是遊戯:リアル「シムシティ」の気分が味わえる、中国のものすごい地図サイトたち

ドット絵風のタッチで街並みを再現した、中国の斬新な地図サイトが「ものすごい」と話題を呼んでいます。「シムシティ」や「A列車で行こう」好きは必見!

[池谷勇人,ITmedia]

思わず惚れ惚れするほどの描き込み具合

 ちょっと前、「Google Earth」が欧米やアジアの大都市のいくつかを3D化して話題になっていましたが、お隣中国ではもっと斬新な地図サービスが人気を集めているようです。

 今回紹介するのは「E都市」と「都市圏」というふたつの地図サービス。普通、地図サイトと言えばのっぺりした線や図形の集合体を思い浮かべますが、これらのサイトではいずれも「シムシティ」のようなドット絵風タッチで中国の街並みを再現しているのが大きな特徴。ドット絵世代のゲームファンにとっては、3Dでグリグリ動かせる「Google Earth」よりも、むしろこちらの方が興味をそそるかもしれません。

「E都市」で天安門周辺を覗いてみたところ

こちらは「都市圏」。場所は同じく天安門周辺

 どちらもグラフィックのタッチはよく似ていますが、「シムシティ」や「A列車で行こう」シリーズを思わせる街並みは、まさに「箱庭」という表現がピッタリ。こうしたシミュレーションゲームが好きな人なら、思わず時間を忘れて見入ってしまうこと間違いなしです。

 ちなみにどちらのサービスも、さすがに中国全土まではカバーしておらず、提供されているのはあくまで主要都市のみ。なお「E都市」の方がカバー範囲は広い反面、「都市圏」の方が描き込みは細かく、より近くまで寄って見ることができるといった特徴があります。

 いずれにしても、このすさまじいまでの描き込みっぷりには惚れ惚れするばかり。おそらく建物などはCGだと思われますが、それでも相当な労力と人員が費やされていることは想像に難くありません。このあたりはさすが中国といったところでしょうか……。

「E都市」

「E都市」なら比較的新しい「鳥の巣」周辺もバッチリ
建物などはCGだと思いますが、それでもスゴい
こちらは上海を覗いてみたところ

「都市圏」

「都市圏」では一部、ストリートビュー的な機能も
手前に見える飛行船はスポンサーの広告
どちらのサービスも、都市部以外はまだまだ

関連キーワード

中国 | Google | 地図 | 3D | Google Earth | シムシティ | 日々是遊戯


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた