連載
» 2009年08月07日 12時32分 公開

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:佐世保バーガーと「バーガータイム」 (1/3)

連載第77回は「バーガータイム」。前回取り上げた「ギャラクシアン」「ギャラガ」と同じく、ファミコン版はナムコから発売されましたが、もとはデータイーストの「ハンバーガー」というアーケードゲームでした。

[ゲイムマン,ITmedia]

THE 大ハンバーガー

久々にハウステンボスへやってきた。向かって右側にそびえ立つのは、高さ105メートルの塔、ドムトールン

 「バーガータイム」はもともと、「ハンバーガー」というタイトルで、1982年にデータイーストから発売されたアーケードゲームだ。海外版で「バーガータイム」というタイトルになって以降、ファミコンなど家庭用ゲーム機への移植版でも、このタイトルが踏襲されている。

 主人公は、ハンバーガーを作るコックさん。ピータペッパーという名前だが、これは多分、英語の有名な早口言葉「Peter Piper picked a peck of pickled peppers.……」(ピーター・パイパーは1ペックの酢漬けされたピーマンを取り出した)から来ているのだろう。

 このゲームの目的は、ハンバーガーを完成させることなのだが、ハンバーガーの作り方が変わっている。迷路の中に散らばる、バンズ(パン)やパティ(ハンバーグ)、レタスやチーズなどの食材を、踏んで下の段に落として重ねていくのだ。

画面は1985年にナムコから発売されたファミコン版のもの
足で踏むといっても、うどんじゃないから別に踏み固めるわけではない

 できあがるのは、ピータよりはるかに大きなハンバーガー。……シュールな設定だ。さすがに、後に「カルノフ」「チェルノブ」「トリオ・ザ・パンチ」を世に送り出し、自社広告のキャッチコピーが“ヘンなゲームならまかせとけ”だったデータイーストだけある。

 さらにシュールなのが、ピータを邪魔する敵の存在。ソーセージ、エッグ、そしてピクルスが、執拗にピータを追ってきて、捕まえようとする。

ペッパー、ペッパー、ピップペッポッピ

複数の敵をまとめて落とすと、さらに落ちる段数が増える

 ピータが彼らに対抗する手段は3つ。まず、上から食材を落として、ハンバーガーの具にしてしまうこと。落とした段に別の食材があると、それがさらに下の段に落ちるので、うまくいけばかなり下の方にいる敵を巻き込むことも可能だ。

 次に、敵を食材の上に誘導して、下の段に落としてしまうこと。敵が乗った食材は、敵の重みが加わって、一気に3段も落ちてくれる。踏む回数が少なくなるので、積極的に狙っていきたい。ただし、落とされた敵はしばらく経つとその場で復活する。

 そして最後の手段、コショウ。コショウを敵に振りかけると、一定時間動きが止まる。止まった敵をすり抜けて逃げてもいいし、バンズの上で敵を止めて落とすこともできる。


コショウは横方向だけではなく、ハシゴで上か下にいる敵にも振りかけることが可能

 ただし、コショウの数には制限がある。あまり使いすぎると、先のステージでコショウがなくなって苦労することになるのだ。食材を一定数落とすと出現するサイドメニュー(アイスクリーム、コーヒー、ポテト)を取ると、コショウの数が増えるのだが、サイドメニューは出たと思ったらすぐ消えてしまうので、取るのはなかなか難しい。

 各ステージを見ていこう。ステージ1は単純な形で、一見簡単そうなのだが、敵の動きは速いし、数も多い。スクロールしない固定画面のゲームなのに、ステージ1から、敵が6匹も出てきてしまうのだ。だからしょっちゅう挟み撃ちに遭う。

 まあステージ1はどうにかクリアしたとしても、ステージ2がまた難関。上半分はやたらハシゴがあって、敵の移動経路が読みづらいし、下半分は逆に、移動できるルートが少なくて、うまく移動しないと行き止まりに追い詰められてしまう。

 そしてステージ3。ここから敵にピクルスが加わる。スタート直後に急いで上の方へ脱出しないと、左右からわらわら来る敵に囲まれて、たちまち逃げ場を失ってしまう。

ハシゴと床の境目が見えにくいので、曲がったつもりが曲がれてなくて、ミスすることもしばしばある
ステージ3。スタート直後に急いでハシゴを上れば、ギリギリで卵を避けることができる

 このゲームは全部で6ステージだが、わたしはここまでで残機を使い果たしてしまい、なかなかステージ4までたどり着けない。

 いったいどうすれば、このゲームをもっとうまくプレイできるだろうか?

 ……ハンバーガーのことをもっとよく知らなくちゃ!

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 自分のことを“柴犬”だと思っている猫ちゃん!? 犬猫4きょうだいの息ピッタリな「いただきます」がお見事
  3. 圧倒的疾走感ッ! 深田恭子、ドローン撮影のサーフィン動画が「うわぉ カッコいい!」「水を得た魚のよう」と反響
  4. セーラームーンを自分の絵柄で描く「sailormoonredraw」チャレンジ 漫画家やイラストレーターの美麗なイラストが集まる
  5. 印刷した紙がプリンタから次々消失 → 原因を突き止めた動画に爆笑 「紙隠し」「ピタゴラスイッチだ」
  6. 「イチャイチャ感半端ない」 ヒロミ、妻・松本伊代をヘアカットする動画が130万回再生超えの大反響
  7. 「パワポで作った」 離れると意味が分かる岐阜新聞の「Stay Home」広告が話題、制作したのはデザイン経験のない営業社員
  8. 仕事のLINEに「洗濯たたみましたほめてほめて!」 応募総数8000件の「LINE誤爆」最優秀作品が決定
  9. 「私も撮りたい、貸して!」と言われて娘にカメラを渡したら―― 26万いいねを集めた衝撃写真を御覧ください
  10. 「レターパックプラスがボロボロの状態で郵便受けに入ってた」 受領印必須のサービス、明らかな過失でも補償なし? 日本郵便に聞いた