「東方見文録」弾幕系じゃない方の“東方”ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(2/3 ページ)

» 2010年03月02日 10時00分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

砦のパーフェクトあんさつ教団

 第2章。文録とマルコは、2人の神父とともに港町ホルムズ(現在のイラン南部)に着いた。史実でも2人の修道士が同行するが、ホルムズのはるか手前で帰国している。一方「東方見文録」では、彼らはホルムズの先の砂漠で襲撃されている。

 マルコたち一行を襲ったのは、“山の老人”と呼ばれる男の配下。山の老人も「東方見聞録」に記された人物で、秘密の楽園に若者を連れてきて、暗殺者に仕立てる“暗殺者教団”を率いていた。この教団が若者を連れてくるときに使った麻薬「ハシシ」が、暗殺者を意味する「アサシン」の語源になったらしい。

 文録も山の老人にさらわれて、秘密の楽園で洗脳されるが、マルコに救われる。山の老人はマルコの荷物を飲み込んでしまっていたのだが、文録の玉ねぎ攻撃で全部吐き出す。さらに、玉ねぎのせいで山の老人の涙が止まらなくなり、とうとう砦や楽園もろとも、水の底に沈んでしまった。このゲームにかかれば、恐ろしい山の老人も、かたなしである。

 それから、この章では便利なランプが手に入る。尿瓶(しびん)のような形をしているが、こするとランプの精が出現。非常に役に立つのだが、労働条件にうるさく、3時間しか働いてくれない。

秘密の楽園に連れ込まれた文録はこんな状態に。BGMもカオスぶりに輪をかける
ランプを3回こすると、ランプの精がカレーを食べながらやってくる

木を斬ろDestiny

 第3章は、現在のアフガニスタン北部にあたるバダフシャンが舞台。熱風の吹きつける砂嵐・シムール(シムーン)に遭い、マルコの姿を見失ってしまった文録。とりあえず1人でバダフシャンに向かう。

 文録は、ここで採れるバラスルビーという宝石に興味を示す。このルビーのことも「東方見聞録」に書かれており、国王がシギナン山で独占的に採掘していたという。今日では、バラスルビーの中にはルビーとスピネルの2種類があったと考えられている。

 文録が王に謁見したとき、王は呪いにかけられ、ひたすら紙ばかり食べていた。王妃は「国王の呪いを解いたらバラスルビーを与える」と、文録に提案する。

 呪いを解く手がかりとなる「孤独の賢者」を探しに、文録は砂漠へ向かう。だが人にだまされたり、第1章と同じ「惑星メフィウス」状態になったりと、散々な目に遭う。やっと会えた孤独の賢者は男女1人ずついた。1本の木の両側に、互いの顔が見えないように埋め込まれ、木と一体化してしまっている。

 「2人が会えるようにしたら、国王の呪いを解く方法を教える」と言われた文録は、荷物の中からチェーンソーを取り出して(持ってたんだそんな物……)、木を真っ二つに斬り裂いた! 孤独の賢者たちは、隣国の神・ルークの像を壊せばいいと話して、息絶える(えー……)。

 文録が隣国に着くと、ルークにいけにえの女性を捧げる儀式の真っ最中。文録はランプの精を使って彼女を救出。その顔をよく見たら何と、行方不明のマルコだった! 山の老人に襲われて死んだはずの神父ニコラスが実は生きており、現地の神官と共謀してマルコをさらっていたのだ。

 ともあれルークは倒され、王の呪いも解けた。ただしバラスルビーが手に入らなかったので、文録は落ち込んだ。

王が紙ばかり食べているのは、乱獲された羊の呪いにかかったからだとか
孤独の賢者たちは、戦争で引き裂かれ、木に縛りつけられたカップルだった。ようやく再会を果たすが……
ランプの精のカレー好きが、思わぬ形で役に立つ

最終地点全部敵

 第4章。2人はヤルカンド(現在の新疆ウイグル自治区の一部)から、地元の女性の道案内で砂漠に入る。

 先が見えない砂嵐の中、彼女の鳴らす鈴の音を頼りに進む。でもわたしが初めてプレイしたときは、鈴の鳴る方へ進んでいたのにゲームオーバーになってしまった。再プレイして、音の高さが違うダミーの鈴があることに気づく。秀逸なトリックだと思う。

 砂嵐を抜けると、文録たちの目の前に軍隊が現れた。2人を迎えにきた、フビライ・ハーン配下の部隊だという。現実でもマルコ・ポーロの一行は、都のはるか手前で元国の使者に出迎えられている。

 このゲームでも、2人は軍団に守られて上都の宮殿に到着。上都は“ザナドゥ”とも呼ばれる理想郷だっただけに、この白亜の宮殿も豪華な造りだ。だが、日本ファルコムの有名RPG「ザナドゥ」の迷宮と同じように、この宮殿も危険極まりなかった。

 ここに2人を導いた部隊は、実はフビライの配下ではなく、クーデターをたくらむ大臣アフマットの配下。アフマットはニコラスと手を組んで、貿易の利権を独占しようとしており、文録とマルコが邪魔だったのだ。

 文録とマルコは、窓から庭へ突き落とされた! 庭には人食い虎が待ち受けていたが、2人はとっさに宮殿のカーテンをパラシュートにして難を逃れた。

 ちなみにアフマット(アフマッド)も実在の人物。元国の財政を一手に取り仕切り、絶大な権力を誇っていたが、皇太子チンキン(チンキム)と対立して暗殺された。

ゲームオーバー画面。某お菓子メーカーっぽいエンジェル。背景を埋め尽くす「ハズレ」の文字。BGMはハレルヤコーラス
アフマットとニコラスは、なぜか風呂場で秘密の相談。文録は偶然この場面をのぞいてしまう
グラフィック画面の枠を飛び出し、メッセージウィンドウまで逃げる2人。この演出は今見ても斬新

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2403/03/news009.jpg 田舎道を車で走っていたら、白鳥がのんびりと…… 見送ったあとのまさかの出来事が100万再生「えっ?って声に出た」「なんて平和なんだ」
  2. /nl/articles/2403/03/news012.jpg 築56年の小さな平屋→扉を開けると…… “予想もつかない内装”のレトロ物件に仰天「ギャップがすごい」
  3. /nl/articles/2403/03/news007.jpg 泣き出した1歳妹、理由を察した5歳兄が近づいて…… スマートなサポートに「優しくて良い子」「ホンマに素敵な兄妹やなー!」
  4. /nl/articles/2403/01/news052.jpg スーパーで売れ残っていた半額のカニを水槽に入れてみたら…… 220万再生された涙の結末に「切なくなった」「凄く感動」
  5. /nl/articles/2403/02/news025.jpg イケメンを自覚しているインコの登場シーンに「歩き方がww」「10回はリピート」 笑いをこらえきれない姿がSNSで話題
  6. /nl/articles/2403/03/news019.jpg 犬「あやしいやつだ」→キツネに吠えてみようとした結果…… まさかの先制“口撃”に柴犬タジタジ「キツネの鳴き声初めてきいた」
  7. /nl/articles/2403/03/news010.jpg わらべうたで遊んでいた兄妹、次の瞬間まさかの展開に……! 240万再生の入れ替わりに「大爆笑した」「めっちゃ可愛いイリュージョン」
  8. /nl/articles/2403/02/news028.jpg □に入る漢字はなんでしょう 空欄を埋めて熟語を作る“漢字パズル”に挑戦しよう
  9. /nl/articles/2402/29/news183.jpg 少女がメンズカットにした結果……! 劇的なイメチェンに「イケメンすぎる!」「絶対モテる」と大絶賛
  10. /nl/articles/2403/01/news159.jpg 薬剤師は「医者憧れ」「そいつが見たって薬変わらへん」 バラエティー出演芸人の発言に批判殺到 かまいたち濱家らが相次ぎ謝罪
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」