「東方見文録」弾幕系じゃない方の“東方”ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(3/3 ページ)

» 2010年03月02日 10時00分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]
前のページへ 1|2|3       
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 元の首都・大都に着いた文録とマルコは、チンキンに謁見し、アフマットのクーデター計画を伝えると、上都に取って返す。そしてその場にあった材料を混ぜて黒色火薬を作り、竹筒をバズーカにして宮殿に砲弾を発射! 一撃で木っ端微塵に破壊してしまう。

 この展開も荒唐無稽に見えるが、火薬を作って竹筒をバズーカにするくだりは、スタートレック「宇宙大作戦」の、「怪獣ゴーンとの対決」という話に出てくるらしい(わたしはスタジオぬえの「宇宙でパズル」という本で知った)。

 かくしてフビライ・ハーンへの謁見を果たした2人。文録は望みどおり、元国の船団とともに“黄金の国ジパング”へ向かうこととなる。ただし船団の目的は、ジパングとの交易ではなかった。

皇太子チンキンも実在の人物なのに、このゲームでは「おチビちゃん」扱いである
早朝バズーカよろしく上都の宮殿を攻撃。一発で宮殿が影も形もなくなるほどのすごい威力だ
フビライ・ハーンに謁見。このゲームが発売される前の年まで総理大臣だった中曽根さんに似てる

文録! 文録! 助けて文録!

 この記事を書くにあたって、ネットで「東方見聞録」について調べてみたが、調べれば調べるほど、このゲームに対するイメージが変わってきた。破天荒に思えるストーリーにも、その多くに元ネタがあって、作り手が「東方見聞録」をよく研究していることがうかがえるのだ。今ネットで調べてもあまり情報が出てこない、マルコ・ポーロの足跡や、あの時代の中国・中央アジア情勢を、当時よくこれだけ調べたなあと思う。

 アドベンチャーゲームとしても、意外にいい出来。プレイ時間は短いが、音の高さを使って抜ける迷路とか、2人がメッセージウィンドウに逃れる演出とか、場面によって変わる枠のデザインとか、けっこう凝っている。正しい選択肢を選ぶと、効果音が鳴るという親切さも見逃せない。

 もっとも、無理やりな展開や、危なすぎてここには書けないネタが、どっさりあるのも事実。最後の第5章に入ると、一層そういうのが増えて、“プレイヤー置いてけぼり感”が強くなっていく。

 文録とマルコが乗った船は、フビライがジパング征服のために遣わしたものだった。つまり元寇、弘安の役である。マルコ・ポーロが元寇に同行しているのも変だが、この章のツッコミどころはそこじゃない。

 本来この戦では、日本側の激しい抵抗と“神風”によって、元国の船団は壊滅的な被害を受ける。だが航行中、一向に神風が吹かないことで、文録は「このままでは日本が占領されてしまう」と心配する。これは彼の思い違いで、神風が吹くのは元軍と日本軍が戦端を開いた後のこと。だが文録はあせってしまい、タイムマシンを遠隔操作して、強引に神風を呼び込もうとした。

文録のせいでタイムマシンが暴走。芸者が空を飛び交い、日米貿易摩擦の波が渦巻き、上越新幹線がマッハ3で走る
いかに14万の大軍といえども、戦闘機の砲撃の前にはひとたまりもない。マルコも巻き込まれてしまう

 詳しくは書かないし書けないが、一応史実どおり元国の船団は壊滅する。だが問題はその後だ。まずマルコがこの戦闘に巻き込まれて姿を消す。文録はジパングの岸に打ち揚げられるが、タイムマシンの暴走による時空のひずみに陥ったジパングは、時代も世界観もぐちゃぐちゃ。文録が思い描いていた鎌倉時代の日本とは、遠くかけ離れてしまっていた……。

 ファミコンの変てこアドベンチャーゲームとして、「アイドル八犬伝」(トーワチキ)と並び称される「東方見文録」。だが「アイドル八犬伝」と大きく違うのは、ハッピーエンドで終わらないことだ。

 わたしは個人的に“鬱展開”と“人死に”が嫌いなのだが、このゲームの場合はあまりにハチャメチャ過ぎて、鬱な気分になるよりも、あ然とする方が先だった。

 もっとも、この変なジパングをもうちょっと見てみたい気もするので、文録がこの国を探索しつつ、歴史を正しい形に戻していくような、続編があったら良かったのになあと思う。

 そして実はマルコが生きていて、ゲーム中盤で文録と再会する。そういうストーリーを後ろにつなげたら、「東方見文録」の第5章も、それほどおかしな話ではないように見える……かなあ。

ジパングで文録には、恐ろしい運命が待ち受けていた。タイムトラベルもののSF作品に、あり得る展開かもしれないが
衝撃のエンディング画面。このままスタッフ紹介に入って、ゲームは終わる

前のページへ 1|2|3       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  2. パーカーをガバッとまくり上げて…… 女性インフルエンサー、台湾でボディーライン晒す 上半身露出で物議 「羞恥心どこに置いてきたん?」
  3. “TikTokはエロの宝庫だ” 女性インフルエンサー、水着姿晒した雑誌表紙に苦言 「なんですか? これ?」
  4. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  5. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  6. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
  7. 67歳マダムの「ユニクロ・緑のヒートテック重ね着術」に「色の合わせ方が神すぎる」と称賛 センス抜群の着こなしが参考になる
  8. “双子モデル”りんか&あんな、成長した姿に驚きの声 近影に「こんなにおっきくなって」「ちょっと見ないうちに」
  9. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  10. 新幹線で「高級ウイスキー」を注文→“予想外のサイズ”に仰天 「むしろすげえ」「家に飾りたい」