「God of War III」はいかに作られたのか――キーマンたちへのインタビューSCE America Santa Monica Studioリポート(1/4 ページ)

3月25日に発売されたPS3「God of War III」の開発スタジオにお邪魔して、開発者たちに聞いてみた。

» 2010年04月07日 02時38分 公開
[戸村賢一,ITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

 いよいよ日本でも発売となった「God of War III」。そのお披露目でもあった2月24日の「God of War 3 Global Media Day」についてはすでにリポートしたが、その翌日に日本メディア関係者向けに、God of War制作が行われているSCE America Santa Monica Studioのガイドツアーも行われた。スタジオ見学だけでなく、ゲーム開発のキーマンへのインタビューも行われたツアーの詳細について、今回はリポートする。

SCE America Santa Monica Studioの全景。周辺に近代的なビルが多いなか、レンガ造りのクラッシックな外観は目立つ

 サンタモニタ市街から車で10分ほど走り、閑静な住宅街を過ぎるとSCE America Santa Monica Studioの建物が現れた。外環は煉瓦造りのクラッシックな建物なのだが、当然ながら中は近代的なインテリジェントビルに改装されている。このスタジオには、現在はGod of Warの開発チームと、海外作品のアメリカ向けローカライズを担当するセクションなどが入居していて、総勢で150人とのこと。各メンバーのパーソナルスペースはそれぞれ4畳半ぐらいあり、PCを何台も置けそうな大きな机と高性能なPCが用意されている。

 どのスタジオでどのタイトルが制作されるかは、プロジェクトの規模その他に応じてフレシキブルに変えているものの、God of Warシリーズについては第1作から引き続きSanta Monica Studioで作り続けられている。つまり、God of War誕生の地でもあるのだ。

 今回のツアーは、「God of War III」に制作に関わったさまざまな部門の中から、6部門の責任者をデスクまで訪ねてインタビューする、という形で進んでいった。以下はそのインタビューの模様である。

Patrick Murphy氏 Lead Character Artist

Lead Character ArtistのPatrick Murphy氏

 Patrick Murphy氏は、主人公のクレイトスを始めとするキャラクターデザインを統括している。この部門で作られたキャラクターを元に、アニメーションやゲームの動きなどが作り出されていく。


Patrick Murphy氏 一番好きなキャラクターはもちろんクレイトスです。PS2版(注:「God of War」、「〜2」のこと)のクレイトスは長くプレイされているため、それをPS3版で作ることは大きな挑戦で、PS2版を何度もプレイして“クレイトスらしさとは何か”を研究しました。クレイトスの特徴はまずプロポーションで、頭が小さく腕や足が長く、頭もヘルメットのような形をしていて、表情は常に怒っている……実際にはあり得ないわけですが、わざとそのようにしています。

 タトゥーもそうですが、遠くから見てもクレイトスだと分かるようにするために、かなり時間をかけました。PS2版でクレイトスに使用したポリゴン数は2000でしたがPS3版では23000に増えクローズアップシーン等もあるので、よりリアリスティックに描くことができました。また、以前は一部のキャラクターについてムービー作成を外注していたのですが、今回はすべてのキャラクターデザインをこのスタジオで作りました。一部キャラクターデザインが変わっているのはそのためです。

クレイトスを始めとした各キャラクターは、このようなT-ポーズをとった状態を基本にデザインされていく
アメリカで配布予定のmorpheus armour。単なるコスチュームではなく、パワーアップ機能もある。このデザインのほか、数種類のmorpheus armourが配布されている

Todd Papy氏 Lead Game Designer

Lead Game DesignerのTodd Papy氏

 彼が担当するのは、キャラクターのモデリングだ。キャラクターデザイナーが起こしたデザインを元に、キャラクターのリアルタイムな動きを作り出していく。

Todd Papy氏 最初は(キャラクターデザインが)Tポーズで届くので、そこに動きを付けたあとに、衝突判定の座標やアニメーションの動きのトリガーとなるポイントなどを付け加えていきます。(山を登るシーンを説明しながら)背景は数値計算でスクロールしていくので、アニメーションが止まったときに、それとマッチするように肩などの位置を調整していきます。

 3Dグラフィックスの作成にはMayaとZBrushを使用していて、ZBrushは通常のマッピング用に、MayaはUVマッピング用と使い分けています。God of War 3で初めてこの役職についたのですが、前作の3倍の大きさでタイタンのプロトタイプを作ってみたところサイズが合わず、結局サイズを6倍にしたり、といった苦労がありました。

ワイヤーフレーム状態のタイタン。この状態で、体の各ポイントに衝突情報など動きにかかわる情報を設定していく

 ちなみに、タイタンの身長は500メートルでクレイトスは2メートルです。またデザインの細かい部分については、アニメーターと常に調整しながら作業をしています。他のチームとの連係にはかなり時間を割いていて、「God of War III」のプロジェクトがスタートした際には2〜3週間集中してミーティングを行ったほか、開発中は1週間に2回、ディレクターのStigと(後述する)コンバットデザイナー、アニメーターなどを交えてミーティングを繰り返しました。(そうした意味で)デザインはデザイナーだけでなく、多くの人たちとの共同作業でした。


       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/1608/02/news135.jpg 渋谷駅「どん兵衛」専門店が閉店 店内で見つかった書き置きに「店側の本音が漏れている」とTwitter民なごむ
  2. /nl/articles/2402/27/news036.jpg 【今日の計算】「699×7」を計算せよ
  3. /nl/articles/2402/28/news025.jpg 1歳兄、年子の弟を受け入れられず泣いて嫌がり…… 日々少しずつ近づく距離に「こうやってお兄ちゃんになっていくんですね」
  4. /nl/articles/2402/28/news018.jpg 勉強を見張りにきた鳥さん、ツッコミ殺到の“5分後の姿”が114万表示! 「頑張りすぎて脳が」「首埋まるの最高」
  5. /nl/articles/2402/27/news134.jpg 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  6. /nl/articles/2402/27/news196.jpg 「これはダメだろ」「ただの危険行為」 街中で奇声上げ走るランナー集団が物議…… サポート役のミズノが謝罪
  7. /nl/articles/2208/06/news075.jpg 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  8. /nl/articles/2402/28/news022.jpg 赤ちゃん返りした2歳長男、保育園の先生の言葉にママが号泣…… 大切なことに気付いた出来事に「いろんな部分で共感の嵐です」
  9. /nl/articles/1611/04/news117.jpg 「ヒルナンデス!」で道を教えてくれた男性が「丁(てい)字路」と発言 出演者が笑う一幕にネットで批判続出
  10. /nl/articles/2402/28/news086.jpg 「FINISH」のはずが「FUNISH」に…… 東京マラソンTシャツに「まさかの表記ミス」、アシックス謝罪「深くお詫び」
先週の総合アクセスTOP10
  1. 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
  3. 生まれたばかりの孫に会いに来た両親、赤ちゃんを見た瞬間号泣し…… 幸せあふれる光景に「一緒に泣いちゃいました」
  4. つんく♂、「僕の大好きな妻」と元モデル妻の貴重ショット公開 「めちゃくちゃお綺麗」と反響
  5. 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  6. 「ずっと手を触って」「強烈な口説きが」 グラドル、元K-1王者のセクハラ行為を“告発”→反論しバトルに 「引っ込んどけよロバは」謎の容姿罵倒で流れ弾も
  7. 2歳娘、帝王切開で入院するママの前では強がっていたが…… 離れてから号泣する姿に「いじらしくて可愛くて朝から泣いた」
  8. 業務スーパーの“高コスパ”人気冷凍商品に「基準値超え添加物」 約1万5000個販売……自主回収を実施
  9. 長女と赤ちゃんの夜のルーティンが「可愛いしか言えん」 愛が強すぎな姉から逃げる姿に「嫌いじゃないのねw」「素敵な姉妹」
  10. 「ほんと愛でしかない」「心から尊敬します」 “6男7女の大家族”うるしやま家のスーパーママ、“15人分のお弁当作り”が神業レベルで称賛の声
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」