ひとりで「ファミスタ」できるかな?ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(1/7 ページ)

連載第85回は、ナムコの「ファミスタ」(プロ野球 ファミリースタジアム)シリーズ。対戦プレイがおもしろいと評判のこのゲームですが、1人でプレイしてより楽しむにはどうしたらいいか、考えてみました。

» 2010年05月10日 08時28分 公開
[ゲイムマン,ITmedia]

オヒトリ球団

プロ野球の開幕から間もない4月上旬、神宮球場へ行ってきた

 1986年12月10日、ファミコンに「プロ野球 ファミリースタジアム」(ナムコ)が登場した。

 それまでファミコンの野球ゲームは、1983年に発売された「ベースボール」(任天堂)のみ。「ベースボール」でも投球時と守備時で画面が切り替えられていたが、「ファミリースタジアム」では「ベースボール」よりもバッターボックスが大きく描かれた。

 これは単にグラフィックの違いにとどまらない。投球のコースや、微妙な変化球の曲がりを表現できるようになり、球種・コースの読み合いという、投手と打者の駆け引きが楽しめるようになったのだ。

 各選手に能力値が設定されたことも、例えば「2死2塁、この打者は一発があるし、次の打者はあまり打てないから、四球覚悟でストライクゾーンぎりぎりに投げよう」というような、野球らしい駆け引きの要素をもたらした。もちろん十字キーのちょっとした操作のずれで、大きく外れたり、真ん中へ行ってしまったりもする。

 また、投球のたびに投手のスタミナが減り、球速や変化球の曲がり方が落ちていく。それによって守備側は配球や、投手交代の時期を、攻撃側は狙い球を考えなくてはならない。

写真は「プロ野球 ファミリースタジアム'87」。投手も打者も、この広い空間をいかに使うかが勝負の分かれ目
「ベースボール」ではオートだった守備も、プレイヤーが自ら操作する。一瞬の判断が重要

 展開がスピーディーなことも特筆すべきだろう。捕手から投手への返球や、ホームランの際のベースランニングを省略。1試合に20分とかからないので、気軽にできるし、何試合も続けられる。

 「ファミリースタジアム」は205万本を売り上げる大ヒットとなり、シリーズ化された。特に人対人の駆け引きの熱さから、2人対戦プレイの人気が高かったようだ。あの糸井重里さんもこのゲームにハマって、自宅のテレビを“青山球場”と呼び、リーグ戦を開いていたらしい(参考:「電脳遊技考」山下章著、電波新聞社)。

 ……でも、わたしには「ファミリースタジアム」で対戦できるような友達がいなかった。シリーズ作品をいくつかプレイしたけれど、全部1人プレイ。

 そんなわたしが2人対戦の楽しさについて語るすべはないので、今回はこのシリーズの1人プレイモードのみを、限定して解説することにしよう。

パの野球少数(やくみっつある)

試合が終わると、スポーツ新聞に大きく載る。パスワードもここに表示される

 「ファミリースタジアム」の1人プレイモードは、1つのチームを使って、ほかのすべてのチームに勝つのが目的。1試合勝つごとにパスワードが表示されるので、その後で負けてもパスワードを入れれば再挑戦できる。

 チームは全部で10あるので、9試合勝つとエンディングとなる。基本的にはプロ野球の実在球団がモデルとなっているが、12球団のデータがROMに収まらなかったため、パ・リーグでは複数の球団を統合させたチームが2チーム作られた。

 当時常勝軍団だった西武だけが単独の「Lチーム」とされ、そのほかは、日本ハムとロッテが食品系のFチーム(フーズフーズ)、阪急と近鉄と南海が鉄道系のRチーム(レールウェイズ)にまとめられた。

 今では考えられないが、それくらい当時のパ・リーグはマイナーだった。何せ巨人の人気が圧倒的で、巨人との対戦がないパ・リーグの選手は、オールスターのときくらいしか、テレビに映る機会がなかったのだ。むしろセ・リーグ6球団(あるいはそれプラス西武)しか収録されてなくても、おかしくない状況だった。

 もっともこれら統合球団は、複数チームの主力選手が集まっているだけに、かなり強かった。特に、Fチームには落合、Rチームにはブーマーという超人的なスラッガーがいたし。

 超人的なスラッガーといえばほかにも、阪神のバースがいた。落合とともにこの年、2年連続の三冠王に輝いている。

 「ファミリースタジアム」には、まったく架空の球団も1つあった。「ナムコスターズ」である。選手それぞれにナムコのゲームキャラクターの名前がついているこのチームは、以後シリーズに欠かせない存在となった(アーケード版やPC版などには、登場しない作品もあるが)。

ぴのの盗塁(「'87」)。1人プレイでは、よほどのことがない限りまず失敗しない

 ナムコスターズで有名なのが、並外れた俊足を誇る「ぴの」。元は「トイポップ」の主人公だったのだが、「トイポップ」は家庭用ゲーム機では、プレイステーション版「ナムコミュージアム」と、Wiiのバーチャルコンソール(こちらはごく最近の2009年)にしか移植されておらず、また続編もないため、知名度が低い。だから「ぴの」といえば、元ネタよりも「ファミリースタジアム」の印象が強い。

 そんな「ぴの」も初代「ファミリースタジアム」では、意外にも控えの選手だった。ただしこの頃から足は速かったので、1巡めからスタメンの誰かと代えて使った方がいい。

 盗塁がほぼ確実に成功するのも「ぴの」の強み。2人対戦だと牽制球で走者を釘づけにできるが(これもまた駆け引きである)、1人プレイだとCOMの投手は牽制球を使ってこないので、Bボタン連打で楽に盗塁できる。

       1|2|3|4|5|6|7 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2405/23/news213.jpg YUKI、大胆なスリット入った近影に驚きの声 「52歳なの意味わからんな」「ここまで変わらないって本当凄い」
  2. /nl/articles/2405/23/news036.jpg 【今日の計算】「9−9×9+9」を計算せよ
  3. /nl/articles/2405/24/news017.jpg 猫の見た事ない姿に「未だかつてこれ以上の2度見は見た事がありません」「可愛すぎて10回見た」 爆笑の瞬間が640万再生
  4. /nl/articles/2405/23/news204.jpg 「天才現る」 “富士山ローソン”を迷惑かけず撮影できる!? “持ち運べるローソン”が「商品化して」と話題
  5. /nl/articles/2405/24/news143.jpg 清原翔、約4年ぶりの“顔出しショット”が雰囲気変わりすぎて「別人みたい」 脳出血&3回手術後初のヒゲ解禁姿に「ポニテかわいい」「いい感じにダンディ」
  6. /nl/articles/2405/24/news135.jpg “元めちゃイケ”三中元克、卒業後8年で見た目もスキルも「別人レベル」になっていた “クビ体験”披露する貫録たっぷりの姿に共演者「元力士」「迫力ある」
  7. /nl/articles/2405/24/news128.jpg hitomi、48歳を迎え“急激な変化”に驚き 「少ないと思っていたんだけど」「48歳だもんね〜」
  8. /nl/articles/2405/24/news020.jpg 1歳妹の「いってらったぁい」に小学生兄がもん絶して…… かわいいが連鎖する朝の光景に「かぁぁぁって声でた」「朝からホンワカ」
  9. /nl/articles/2405/24/news026.jpg 「そんなバカな」 喫茶店で“ウインナー・コーヒー”を注文→出てきた予想外の商品に驚がく「ちょっと動揺」
  10. /nl/articles/2405/22/news098.jpg 「最高過ぎる」「すげー!」 ChatGPTに“手書きメモ”をアップすると…… 仕事がはかどる“衝撃の機能”に歓喜の声
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  2. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  3. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  4. 「なぜ今になって……」 TikTokで“15年前”の曲が大流行 すでに解散の人気バンド…… ファン驚き 「戸惑いが隠せない」
  5. どういう意味……? 高橋一生&飯豊まりえの結婚発表文、“まさかのタイトル”に「ジワる」「笑ってしまう」
  6. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」
  7. “世界一美しいザリガニ”を入手→開封して見ると…… 絶句を避けられない姿と異変に「びっくり」「草間彌生作のザリガニみたい」
  8. 「誰かと思った」 楽天・田中将大の“激変した風貌”にファン驚き…… 「一瞬わからなかった」
  9. 複数逮捕&服役の小向美奈子、“クスリ”に手を出した理由が壮絶すぎ……交際相手の暴力で逃亡も命の危機 「バレてバルコニー伝って入られて」
  10. 耐火金庫に“溶岩”を垂らしてみたら…… “衝撃の結果”に実験者も思わず「なんだって!!!」と驚愕【海外】
先月の総合アクセスTOP10
  1. 庭に植えて大後悔した“悪魔の木”を自称ポンコツ主婦が伐採したら…… 恐怖のラストに「ゾッとした」「驚愕すぎて笑っちゃいましたw」
  2. 小1娘、ペンギンの卵を楽しみに育ててみたら…… 期待を裏切る生き物の爆誕に「声出して笑ってしまったw」「反応がめちゃくちゃ可愛い」
  3. 生後2カ月の赤ちゃんにママが話しかけると、次の瞬間かわいすぎる反応が! 「天使」「なんか泣けてきた」と癒やされた人続出
  4. 「歩行も困難…言動もままならず」黒沢年雄、妻・街田リーヌの病状明かす 介護施設入所も「急激に壊れていく…」
  5. 車検に出した軽トラの荷台に乗っていた生後3日の子猫、保護して育てた3年後…… 驚きの現在に大反響「天使が女神に」「目眩が」
  6. 「虎に翼」、新キャラの俳優に注目が集まる 「綺麗な人だね」「まさか日本のドラマでお目にかかれるとは!」
  7. 釣りに行こうとしたら、海岸に子猫が打ち上げられていて…… 保護後、予想だにしない展開に「神様降臨」「涙が止まりません」
  8. 身長174センチの女性アイドルに「ここは女性専用車両です!!!」 電車内で突如怒られ「声か、、、」と嘆き 「理不尽すぎる」と反響の声
  9. 築152年の古民家にある、ジャングル化した水路を掃除したら…… 現れた驚きの光景に「腰が抜けました」「ビックリ!」「先代の方々が」
  10. 「葬送のフリーレン」ユーベルのコスプレがまるで実写版 「ジト目が完璧」と27万いいねの好評