連載
» 2010年05月10日 08時28分 公開

ひとりで「ファミスタ」できるかな?ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」(6/7 ページ)

[ゲイムマン,ITmedia]

ギャラガ様に願いを

 ナムコは2002年、フジテレビとタイアップしたリアル志向の野球ゲーム「熱チュー!プロ野球2002」を、プレイステーション 2で発売した。このゲームはシリーズ化され2005年まで続く(2005年はフジテレビ野球中継の改題に合わせて「ベースボールライブ2005」というタイトルになる)。

 この期間、ナムコの野球ゲームはこのシリーズがメインとなり、ファミスタはゲームボーイアドバンスとゲームキューブで1回ずつと、携帯電話アプリで登場しただけ。1988年から続いていたアーケード版「ワールドスタジアム」も、2001年版が最後となった。

 しかし2006年。「熱チュー!プロ野球」「ベースボールライブ」の流れをくんだ「プロ野球 熱スタ2006」に、「ファミスタモード」が搭載された! これは“ファミスタ20周年”を記念して作られたもので、本編のゲームとはシステムもグラフィックも操作体系もまったく異なる、昔ながらのファミスタだ。

 グラフィックは、直近のゲームボーイアドバンス版やゲームキューブ版ではなく、ファミコン版を再現。BGMはダッシュケイオウで、エラー、ファインプレイ、ひいき設定あり。球場は実在の13球場と、ピッカリスタジアム(初代ファミリースタジアムの球場)、かせんじき球場から選べる。

実在の球場は実写風だが、ピッカリ、かせんじきはファミコンそのままのテイスト

 「ファミスタチャレンジ」では、従来の1人プレイと同じ勝ち抜き戦が楽しめる。プレイステーション 2なのにあえてパスワード式というのがおもしろい。

 ファミコン時代と違うのは、変化球を端から端へ投げるだけでは、COMの打者を打ち取れなくなっていること。なかなか昔のように勝ち進むのは難しい。それと、COMの投手が牽制球を投げるようになった。

 かなり打者優位になっているようで、特にホームランが出やすい。さらに、ピッチャーが汗をかき始めて間もなく、疲れが来て能力ががくっと落ちる。選手数は従来のファミスタより格段に多いので、早め早めの投手交代を心がけよう。

擬人化の星

 翌年の「プロ野球 熱スタ2007」でもファミスタモードは存続。しかもパッケージに大きくファミスタの選手を描いて、このモードをゲームの売りにした。ゲームバランスは、前作よりやや投手優位になった感じがする。

 「2007」で特筆すべきは、裏技で出てくる「リアルナムコスターズ」の存在。ファミスタモードではない、リアル系のゲームの方に、ナムコスターズが出現するのだ。

 「ファミスタチャレンジ」をセ・リーグの球団でクリアし、出てきたパスワードを使ってオールセントラルでまたクリアし、出てきたパスワードを入力すると、リアルナムコスターズが使える。こう書くと厳しい条件のようだが、パスワードなのでネットで調べればわかるし、そもそもパスワード自体が単純なもので、推測で打ち込んでも多分当たる。

 リアルナムコスターズの姿かたちには驚かされる。かつてアーケード版「SUPERワールドスタジアム」シリーズで、元ネタのキャラクターそのものが出てくることがあったが、そういう方向性ではない。

 それぞれのゲームをデザインに入れた、マスクマンみたいな感じなのだ。アキバプロレスに出てきてもおかしくない。

ピノやギルなど、人型のキャラクターはまだ違和感が少ないのだが……
ワギャンが人型になるとこうなるか
パックはいかにもスラッガーといった体格。サンドラの目は顔にペイントされたような感じ

 「熱スタ」では選手が登場する際、アナウンサーがその選手のキャッチフレーズを言うのだが、リアルナムコスターズの選手も例外ではない。「次々と塁を回収するチャンスメーカー、マッピー!」「ランナーを地獄送りにする強肩、たろすけ!」「つぶされても粘り強くはい上がる雑草魂、プーカァ!」など、元のゲームに掛けたフレーズがおもしろい。

 「熱スタ」で好評だったのか、これ以後ナムコはリアル路線の野球ゲームに代えて、再びファミスタシリーズを復活させた。ニンテンドーDSやWiiで発売され、特にDSでは前述のとおりシリーズ化されている。さらにオンラインゲーム、携帯電話アプリも登場した。

ドリアン

 ここまで触れてこなかったが、初期の頃はPCでも、ファミスタシリーズはけっこう発売されていた。

 1989年発売のMSX2版は、「ザナック」や「アレスタ」で知られ、後には「ぷよぷよ」で有名となる、コンパイルが開発していた。同社はMSX2版「ゼビウス ファードラウト伝説(サーガ)」も開発している。

 発売前には同社のディスクマガジン、「ディスクステーション」にMSX2+専用の体験版が収録された。この体験版がMSX2対応となって、本編発売より前に「プロ野球ファミリースタジアム ホームランコンテスト」の名で商品化されている。本編も当初はMSX2+専用ソフトになる予定だったが、2+があまり普及していなかったため、MSX2にも対応することになった。

 ファミコン版「'88」と違って、エディットモードで作ったデータをディスクに記録できる。当時MSX2では、コナミの「激突ペナントレース」が、チームエディットで作ったオリジナルチームによる対戦が受けて大人気だった。エディットモードの強化はそれを意識したのかもしれない。もっとも「激突ペナントレース」と違って、能力値に制限を設けなかったことで、かえって対戦には使いづらかったかもしれない。

 ナムコスターズももちろん出てくるが、なんと、ぴのがいない。MSXに「トイポップ」が出ていなかったからか、とも思ったが、ファミコンでも「トイポップ」は出てないし、MSXに移植されてないほかのゲームのキャラは何人もいる。

 MSX2版のほかに、PC-88VA版やFM TOWNS版も発売されている。こちらはゲームアーツが開発した。

 あと、双葉社から出ているゲームブックにも触れておこう。ナムコスターズが主人公のアドベンチャーゲームになっている。井上尚美氏お得意の、外伝的オリジナルストーリーが良かった。作者の1人・助川哲也氏は、後のドリアン助川(現・明川哲也)さん。わたしも最近知ってびっくりした。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2402/24/news060.jpg 小泉進次郎、生後3カ月の長女を抱く姿に「貴重なパパの顔」 2023年末には小泉元首相の“幸せじいじ姿”も話題に
  2. /nl/articles/2311/24/news117.jpg 小泉純一郎元首相、進次郎&滝クリの第2子“孫抱っこ”でデレデレ笑顔 幸せじいじ姿に「顔が優しすぎ」「お孫さんにメロメロ」
  3. /nl/articles/2402/23/news009.jpg ツーリング先の人けのない山、段ボール箱を開けると…… 助けを求める子猫たちに「鳴き声聞いて涙が」「許せません」
  4. /nl/articles/2402/24/news007.jpg “幻の錦鯉”を入手→開封して見てみると…… 素人目でも分かる“他の鯉とは明らかに違う”姿に「こんな鯉いるのかよ」
  5. /nl/articles/2210/01/news063.jpg 滝川クリステル、夫・小泉進次郎議員と長男の2ショット公開 「微笑ましい後ろ姿」「幸せな様子が伝わってくる」と反響集まる
  6. /nl/articles/2402/24/news026.jpg イヤイヤ期の妹をピタッと泣き止ませた幼い姉の“神対応” 両親を助けた驚きの手段に「賢くて優しくて」「話し方もすごい」
  7. /nl/articles/2304/25/news149.jpg 滝川クリステル&小泉進次郎、“夫婦ペアルック”の家族旅行ショット 「素敵なご夫婦」「小泉家の幸せホッコリ」
  8. /nl/articles/2311/22/news157.jpg 滝川クリステル、第2子出産を“おててショット”で報告 産前の不安も吐露し「幸福感は想像以上」「愛情をたくさん注ぐ日々が今から楽しみ」
  9. /nl/articles/2402/24/news018.jpg ウールの着物が洋裁学校出身・85歳おばあちゃんの超絶技巧で大変身! 240万再生のリメーク結果に「天才!!」
  10. /nl/articles/2402/21/news017.jpg 庭にアジサイがあるなら知っておくべき!? 春になる前に急いでやりたい“大きな花を咲かせる”お手入れ術に反響続々
先週の総合アクセスTOP10
  1. 8歳兄が0歳赤ちゃんを寝かしつけ→2年後の現在は…… 尊く涙が出そうな光景に「可愛すぎる兄妹」「本当に優しい」
  2. 犬が同じ場所で2年間、トイレをし続けた結果…… 笑っちゃうほど様変わりした光景が379万表示「そこだけボッ!ってw」
  3. 宿題する8歳娘と、邪魔しつづける猫を1年記録したら…… 490万再生の愛がつまったやりとりに「最強の名コンビ」
  4. 真田広之の俳優息子、母の手塚理美がエール「彼なりに頑張ってる」 両親ゆずりのルックスに「イケメン」「男前」の声
  5. 野生の鯉を稚魚から育て4年後、判明した事実に飼い主「僕は今まで何を…」 激変した姿に「爆笑してしまいました」
  6. 1歳妹を溺愛する18歳兄、しかし妹のひと言に表情が一変「ちがうなぁ!?」 ママも笑っちゃうオチに「かわいいし天才笑」「何度も見ちゃう」
  7. 食用でもらった車エビ、4歳息子に「育てたい」と懇願され…… 水槽で飼育した貴重な記録に「可愛い姿見せてくれてありがとう」
  8. 2歳娘とパパ、愛と平和しかないやりとりに「100億年分のストレスが消滅した」 涙が出るほど幸せな会話に称賛の声
  9. 3歳双子姉妹、17歳お姉ちゃんを修学旅行で見送ったら…… 寂しくて号泣する様子に「もらい泣きです」「愛されてますね」
  10. 1人遊びに夢中な0歳赤ちゃん、ママの視線に気付いた瞬間…… 100点満点のリアクションにキュン「かわいすぎて鼻血出そう!」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「天までとどけ」長女役、芸能界の「負の連鎖」訴え 主演俳優の“お誘い”拒否し「他の演者やスタッフからも無視」「本当の事なんか誰も話さない」
  2. 田代まさし、南部虎弾さん通夜で“一団”に絡まれる騒動へ……にらみ合いの末に「ちょっと来い」「止めろよお前」
  3. 妊娠中の英俳優、授賞式での“金太郎”ドレスが賛否両論 「半裸の妊婦なんて見てられない」「ホットなママ」
  4. 「変わんないもん俺のと」 所ジョージ、ホンダ軽を超速カスタムで高級外車と“まったく同じ”外見に 「朝から楽しいよ」「完璧!」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「意識もうろう」「何も食べられない」 すい臓がんステージ4の森永卓郎、痩せた顔出しで“最悪の時期”告白 息子は「『死ぬ』が冗談に聞こえなかった」
  7. 授業参観の度に「かっこいい」と言われた父親が10年後…… 「時間止まってる?」と驚愕の声がやまない父子の姿が870万再生
  8. 65歳マドンナ、ワールドツアー中のダンスが“おばあちゃん”だと視聴者衝撃 「もうやめなよ」「こんなふうに終わりを迎えるなんて」
  9. 人気ブロガー医師が4年の闘病の末に42歳で逝去 夫が伝える「素敵な女性がいたということを皆様の心に残していただければ」
  10. 能登半島地震により海底が“隆起”→すさまじい様子を収めた写真に「自然の脅威を感じる」