ニュース
» 2011年04月14日 19時44分 公開

日々是遊戯:専用「アプセサリー」でiPhoneがミニチュアピンボール台に変身!?

専用のピンボール台型ドックを使って遊ぶ、ちょっと変わったピンボールアプリを紹介します。

[池谷勇人,ITmedia]

お値段はちょっと高めです

 今では置いてあるゲームセンターもめっきり少なくなってしまいましたが、ビデオゲーム好きの間では根強いファンも多い「ピンボール」。「ポケモンピンボール」のような、ゲームならではのピンボールも楽しいのですが、やはりあの台を両手でガシッとつかんで、フリッパーをカシャカシャ動かす感覚がイイという人も少なくないようです。

 今回紹介する「Pinball Magic」は、そんな昔ながらのピンボールが楽しめる、ちょっと変わったiPhone/iPod touch用アプリ。なにが変わっているかって、実はこのアプリ、ゲームをダウンロードしただけでは遊べないんです!

 本作をプレイするためには、「Pinball Magic」アプリ本体のほか、別途専用のピンボール台型ドックが必要(AppとAccessoryを足して、公式サイトではこれらを「アプセサリー」と総称)。ドックと合体させることによって、手持ちのiPhone/iPod touchがそのままミニチュアサイズのピンボール台に変身するという寸法です。ドックにはボタンやレバー類も付いており、ちゃんとボタンでフリッパーを動かすことが可能。もちろん「台揺らし」も可能ですが、あまりやりすぎると一定時間操作不能になってしまうとのことなので注意しましょう。実際にプレイしている様子は以下からどうぞ。


 本体の作りは少々安っぽいものの、マルチボールなどのフィーチャーに合わせて前面のランプが点灯するなど、なかなかニクい演出も。普段は机の上に置いておいて、息抜きにふっと1プレイ――なんてちょっとオシャレじゃないですか?

こんな感じで、後ろからiPhone/iPod toucuを挿入して使います。アプリだけでは遊べないので注意!

 アプリ本体のダウンロードは無料。専用ドックの方は、日本だとAmazon.co.jpなどで購入可能。Amazon.co.jpでの販売価格は5250円となっています。一般的なピンボールアプリに比べるとかなり高めですが、あくまでプレイ感覚にこだわる人にはちょっと嬉しいアプリと言えるかもしれません。

こちらがゲーム画面。iPhoneの画面を何かに見立てるアイデアはいろいろありましたが、ピンボール台というのは新鮮!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. Excel上で「ドラクエ3」を再現した勇者に「最大の変態」「控えめに言って天才」と称賛 一体どうやって?
  3. 「降板を言い渡されて……」 小林麻耶、「グッとラック!」でのいじめを“笑顔”で主張 事務所とも突然の契約終了
  4. オンラインクレーンゲーム「トレバ」、景品獲得されそうになると“スタッフが裏操作”していたと発覚 被害者と運営会社を取材
  5. 加藤紗里、カフェ店員の前でパンケーキをたたきつぶす 衝撃動画に「これは笑えない」「何がしたいのか分からない」
  6. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  7. 「落選が内定」と開き直る金爆に「不甲斐ない」とAKB、謝罪する演歌歌手も 紅白出場逃した歌手の嘆き
  8. タイツメーカーのアツギ、「タイツの日」PRイラストで炎上 絵師25人以上とコラボ 「性的搾取」など関連ワードがTwitterトレンド席巻
  9. 「とうとうその日が来た」 AKB48、紅白落選で衝撃 メンバーは“言い訳のできない現実”を受け止める
  10. Koki,&cocomi、若かりし父・木村拓哉とのラブラブショットで48歳バースデーを祝福 「いつまでもカッコイイ父上でいてください」