ニュース
» 2011年04月20日 18時05分 公開

日々是遊戯:文字どおり「一度死んだらそれっきり」なiPhoneアプリ「One Single Life」

普通、ゲームオーバーになっても、プレイヤーに課せられるペナルティはごくわずか。しかし、もし「死んでも復活できないゲーム」があったとしたら――?

[池谷勇人,ITmedia]

ある意味、人生も「一度しか遊べないゲーム」ですが……

 ゲームのいいところは、失敗してもやり直しがきくところ。でも、もしも「やり直しが一切きかないゲーム」があったとしたら――?

 そんな「もしも」を現実にしてしまったのが、先日リリースされたiPhone/iPad向けアプリ「One Single Life(たったひとつの命)」です。

 タイミングよく画面をタッチして、ビルからビルへとジャンプで渡っていくだけのゲームですが、最大の特徴は何と言っても、一切の「やり直し」が不可能という点。見事ジャンプに成功すれば次のステージへ進めますが、失敗してしまった場合は奈落の底へ真っ逆さま。普通のゲームならそこで「また最初からやり直しか……」となりますが、このゲームの場合、一度死んでしまったらそれでオシマイ。もう二度とゲームで遊ぶことはできません。


 一応、ステージ開始前にはシミュレーターで練習することができますが、ひとたび「本番」を選べばあとは命がけ。ステージ開始前には「12% of players will die here(ここでは12%のプレイヤーが死にます)」といった警告メッセージが出るのもいやらしい。最初のうちはビルとビルの間隔も狭く、見た目にも簡単そうですが、ステージが進むにつれてどんどん難易度が高くなっていき、「予想死亡率」の数字もハネ上がっていきます。僕ならこの緊張感だけでもうギブアップしたくなるところですが、果たして最後まで辿り着ける人はいるのでしょうか……。

 一体、どうしてこんなゲームを作ろうと思ったのか? 開発者であるAnthony O'Dempsey氏のブログでは、次のように書かれています。

「私は以前、なぜゲームでは本物の”恐怖”や”不安”を感じられないのかについて考えたことがありました。普通のゲームでは、例え失敗しても少し前のチェックポイントからやり直せばそれで済む。ユーザーは潜在的にそれを知っているから、失敗しても大丈夫だと安心してしまう。そこで私は、もしもたったひとつしかライフがないゲームを作ったら――と考えたんです」

 確かに「何度もやり直せる」というゲームならではのルールが、ユーザーに安心感を与えている――という指摘はもっともでしょう。Anthony氏はさらに「ワールドカップの決勝で、ペナルティーキックに臨むサッカー選手が抱くのと同じ苦悩を、ユーザーに投げかけるようなゲームを作りたかった」とも書いています。

 なお残念ながら、このアプリは日本版App Storeではまだ配信されていない模様。一応「無料アプリ」なのが良心的と言えなくもありませんが、この際115円くらいで売った方がより緊張感が増して面白くなるのでは――とちょっと考えてしまいました。

助走を付けて、思い切って空中へジャンプ! 「絶対に失敗できない」緊張感に、あなたはどこまで耐えられますか?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「訃報」「愛猫」「手風琴」って読める? 常用漢字表に掲載されている“難読漢字”
  2. 嫌がらせ急ブレーキで追突 トラクターの進路を妨害した「あおり運転」ベンツ、ぶつけられたと運転手がブチギレ
  3. 猫「雪なんてへっちゃらニャー!」 雪の中を豪快に突き進む猫ちゃんに「ラッセル車みたい」「ワイルドかわいい」の声
  4. 「Lチキひとつ」 → 買った物をよくみると? コンビニで犯したありがちな間違いを描いた4コマに「あるある」「逆もある」
  5. 柴犬「きゃほほーーい!!」 初めての雪に“喜びが限界突破した”ワンコの駆け回る姿がかわいい
  6. 「ホント太るのって簡単!」「あっという間に70キロ」 内山信二の妻、夫に生活リズムを合わせた“ふとっちょ時代”公開
  7. ルーフから赤色灯がひょっこり 埼玉県警、スバル「WRX S4」覆面パトカー3台を追加導入!? Twitterにアップされた目撃情報が話題に
  8. 益若つばさ、YouTubeで12歳息子と共演 礼儀正しい振る舞いに「教育がちゃんとされてる」
  9. トップの座を奪われ……美大生が天才の編入生を刺し“殺す”漫画に「泣きそう」「同じ経験した」の声
  10. タイからバズーカ砲をかかかえたようなミニバイク「GUNNER50」が日本上陸 思わずキュンと来ちゃうやばいデザイン