コラム
» 2011年04月28日 09時46分 公開

第9回:テクニック・イズ・スコア! プレイヤーに「ゲームがもっとうまくなりたい!」と思わず夢中にさせてしまう得点アップの仕組みなぜ、人はゲームにハマルのか?(2/3 ページ)

[ITmedia]

対戦格闘ゲームの爽快感がさらに増す絶妙のテクニカルボーナスとは?

 今度はジャンルをガラリと変えて、対戦格闘ゲームにおけるテクニカルなボーナス得点システムの例を見てみましょう。

 次に紹介するプレイ動画は、データイーストというメーカーが1984年にアーケードゲームとして発売した「空手道」です。本作は突き技や蹴り技を駆使して、相手より先に「一本」を2回取れば勝ちとなるルールになっています(※ヒットした攻撃が「技あり」と判定された場合は、「技あり」を2回決めると合わせ技で「一本」になります)。

 本作では、相手に攻撃がヒットするたびに個々の技ごとに決められた得点が入るようになっています。技によって得点が変わる様子は、用意したムービーを見ていただければ誰の目にも明らかでしょう。

 技の種類は「一本」が取れる技と「技あり」にしかならないものとで大きく2種類に分けられますが、この分類の基準となっているのは技の入力方法です。本作は4方向レバーを2本使って操作する仕組みになっているのですが、「技あり」にしかならない技は1本のレバーを動かすだけで出せるのに対して、「一本」がとれる技は2本のレバーを組み合わせたコマンドを入力しないと出すことができません(※)。

※筆者注:右のレバー1本を上に入れるだけで出せる「回し蹴り」だけは「一本」の対象となる唯一の例外。ただし、実戦で決めるのは非常に難しいです……。
ムービー「空手道」
※Wiiバーチャルコンソール版を使用。
(C)G-mode / (C)2010 HAMSTER Co.
PRODUCED BY DATA EAST
(C) COPYRIGHT 1984
DATA EAST SORPORATION

 さらにムービーをよく見ると、同じ技を決めても状況によって得点が異なるケースがあることが分かります。みなさん気付かれましたか? 実は本作では、同じ技でも決まるタイミングが悪かったときには得点がなんと半分に減点されてしまうことがあるのです。しかも、本来は決まると「一本」になる技の得点が半分になった場合は「技あり」に格下げされてしまうマイナスポイントも生じるのです。減点されてしまったときにはちょっと悲しくなりますが、逆にドンピシャのタイミングで技が決まって「一本」が取れたときは気分爽快です。

 もう随分昔に出たゲームですが、こうして見るとなかなかどうして奥深い作品であることがわかって実に興味深いですよね。

 これと同じような例が、カプコンが1991年に発売して対戦格闘ゲームの一大ブームを巻き起こした「ストII」こと「ストリートファイターII」にも存在します。

 ハイ、それではここでまたまたクイズです! ムービー内に登場している白い胴着姿の格闘家であるリュウが、必殺技の昇龍拳をヒットさせたときの得点の入り方が状況によって異なる場合があるのですが、この得点の違いはどのような理由で発生するのでしょうか?

ムービー:「ストリートファイターII」
※PS2版「カプコン クラシックス コレクション」を使用。
(C)CAPCOM CO., LTD. 2005,2006
(C)CAPCOM U.S.A., INC. 2005,2006 ALL RIGHTS RESERVED.

 正解は、対戦相手をギリギリまで引きつけてヒットさせたときが1000点、それ以外の場合は300点になるからです。敵を引きつけるということは、もし技を出すタイミングが遅れるとそれだけ相手の反撃を受けてしまうリスクが拡大することになります。しかし、「1000点ヒット」に成功すれば得点が稼げるのと同時に、相手に与えるダメージも大きくなる効果があるので、上手な人ほどより有利に戦えるメリットもあるのです。

 また本作の続編にあたる「ストII'(ダッシュ)」では、最後に必殺技を当てて相手をKOすると通常の3倍の得点がボーナスとして入るルールが新たに追加されました。このようなボーナス得点のアイデアを盛り込むことで、相手にトドメを刺したときの爽快感をより高める効果があると言えるでしょう。さらに1993年に登場した「スーパーストリートファイターII」では、2回以上連続で技をヒットさせるとコンボボーナスが加算されるシステムが新たに導入されました。例えば、3回連続でヒットさせたときには「3HIT COMBO」と画面に表示され、ヒット数および使用した技に応じたボーナス得点が入ります。このシステムは現在でも多くの対戦格闘ゲームに採用されていますので、対戦格闘ゲーム好きの方にはどなたでもおなじみでしょう。

 「ストII」シリーズに限らず、対戦格闘ゲームにおいてはどのキャラクターを使っても必殺技を出すためには複雑なコマンド入力が必要です。何度も練習を繰り返して、いつでも自由に技が出せるようになったときにはとても嬉しくなりますが、このようなスコアアップの仕組みを加えることでその喜びがさらにアップしますよね!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」