連載
» 2011年06月06日 09時38分 公開

第10回:スコアアップ&劣勢挽回のチャンス! ゲームがますます楽しくなるボーナスステージなぜ、人はゲームにハマルのか?(2/4 ページ)

[鴫原盛之,ITmedia]

 同じく、コナミが1983年に発売したアーケードゲーム「ジャイラス」でも一定間隔でボーナスステージ(※本作ではチャンスステージと呼びます)が登場します。本作では「ギャラガ」と違って、ボーナス面の最中でも動き方によっては自機と敵のキャラクターが接触してしまいますが、やはり敵に触れてもミスにならないよう配慮されています。

 また、ボーナス面の直前のステージをクリアすると、自機が別の惑星へとワープする演出が必ず入るようになっているので、プレイヤーに対してボーナス面の到来と同時に物語の舞台がどんどん進んでいることを実感させる効果も盛り込んでいるのです

ムービー:「ジャイラス」
※プレイステーション版「コナミ80'sアーケードギャラリー」を使用
(C)1998 1999 KONAMI ALL RIGHTS RESERVED.

 次の紹介するムービーは、ジャレコが1985年に発売したファミリーコンピューター用のソフト「エクセリオン」。本作では、4ステージクリアするごとにボーナスラピッドステージという名のボーナス面が登場し、敵を1機倒すごとに100点ずつ入るようになっています。また、ボーナス面の間はやはり自機が無敵状態となります。

 本作ならではのボーナス面の特徴は、ステージ終了後に得点とは別に敵を倒した数の分だけシングルビームという武器の残り弾数が増えるメリットもあります。敵を1機倒すごとに1発ずつチャージされますが、合計40機が出てくるすべての敵を倒したときにはさらにオマケがついて60発補充されるようになっています。シングルビームはボタンを押したままでオート連射になるとても便利な武器ですが、発射できる弾数には制限があり(※ストック数は画面右下に表示されます)、もし弾切れになった場合は使用することができません。ボーナス面で稼げば稼ぐほど、それ以降のステージがやはり有利に戦えるというわけですね。

 さらに驚くことに、ボーナス面に限りシングルビームの残り弾数が例えゼロになっていても、ビームが無制限に撃てるように実は配慮されているのです。このアイデアを最初に考えた方はホントにスゴイと筆者は思います!

ムービー:「エクセリオン」
※ファミリーコンピューター版を使用。
(C)1985 JALECO

 いかがでしょうか? これらのムービーおよび画面写真を見ていただければ、ボーナス面に限り絶対にミスにはならいなという特別ルールを設けたことによって、プレイヤーは一切のプレッシャーから解放され、思う存分敵を撃ちまくる快感を堪能できることがよくおわかりいただけたのではないかと思います。

 それにしても、今回ムービーでご紹介したシューティングゲームの3タイトルは、いずれもボーナス面に登場する敵機の数が40機になっているのは実に不思議かつ面白い一致ですよね。もしかしたら、「40」という数字にはビデオゲームの世界において何か特別な意味があるかも? これもまた今後の研究課題になりそうですね……。

毎回ステージクリアするごとにボーナスゲームが出現する意味とは?

 ここからは各ステージをクリアするごとに、毎回ボーナスゲームがプレイできるようになっている作品の例を調べていきます。

 まずは任天堂が1985年に発売した、ファミリーコンピューター用ソフトの「アイスクライマー」から見てみましょう。本作ではブロックを壊してフロアの最上部へ登るとステージクリアとなりますが、次のステージへ進む前にボーナスゲーム必ずをプレイするルールになっています。ボーナスゲームでは、40秒の制限時間以内に獲得したアイテムの数に応じた得点が入り、さらに頂上からジャンプして上空にいるコンドルにつかまれば、高得点の特別ボーナスがドカンと加算される仕組みになっています。

 前述した「ギャラガ」や「ジャイラス」との決定的な違いは、ボーナスゲーム中は敵のキャラクターこそ一切出現しませんが、途中で一度でもミス(画面外に落ちる)をすると即ゲームが終了してしまうこと。頂上へ行くためには、高い位置にある足場へ何回もジャンプして飛び移ることが必要ですが、ジャンプが成功するタイミングはかなりシビアにできているため、頂上へたどり着くだけでもなかなか大変です。ただし、ボーナスゲームではミスをしても主人公のストックは減りませんので、プレイヤーが失敗を恐れずにチャレンジできるという点は「ギャラガ」などと共通しています。

ムービー:「アイスクライマー」
(C)1984 Ninetendo

 このような、「1回失敗したら即オシマイ! だけど主人公のストックは減らない。」というシステムを採用した例は、ジャレコが1986年に発売したファミリーコンピュータ用ソフトの「アーガス」にも見ることができます。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」