連載
» 2011年06月06日 09時38分 公開

第10回:スコアアップ&劣勢挽回のチャンス! ゲームがますます楽しくなるボーナスステージなぜ、人はゲームにハマルのか?(4/4 ページ)

[鴫原盛之,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

 お次は、1987年にUPLが発売したアーケードゲームの「忍者くん 阿修羅ノ章」。こちらは決まったステージごとに、マップが極端に狭くてなおかつ敵がほとんど出現しないボーナスステージが登場するようになっています。ここで制限時間内にゴール地点に到達すると、ボーナス得点に加えて主人公の忍者くんに新しい武器がプレゼントされる嬉しいご褒美があるので、プレイヤーのモチベーションをさらに高める効果があります。

 また、プレイヤーがもしクリアするのが難しいなと判断した場合は、スタート地点のすぐ近くにある鳥居に入って「あきらめる」を選択すると、ボーナス面をパスして次のステージと進めるという救済措置も用意されています。また途中で敵の攻撃を受けたり、制限時間がゼロになった場合は前述の「アイスクライマー」などとは違ってミスとみなされ、忍者くんのストックが減ってしまいます(このへんのシビアさはやはりアーケードゲームならではですね……)。


「忍者くん阿修羅ノ章」のボーナス面。ゴールできればボーナス点プラス武器のプレゼントがありますが、あきらめた場合は無論何ももらえません……
(C)UPL COMPANY LIMITED

 また、SNK(現:SNKプレイモア)が1992年に発売した対戦格闘ゲーム「龍虎の拳」には、主人公のリョウ・サカザキが超必殺技をマスターするためのボーナスステージ(その名もズバリの「超必殺技伝授」)が存在します。ここで指示されたとおりに複雑なコマンド入力に繰り返し成功すれば、ボーナス点とともに次のステージから強力な奥義を使って攻撃できる特典が得られます。


「龍虎の拳」では3種類のボーナスゲームをプレイヤーが任意に選択可能になっているのも大きな特徴のひとつです
※Wiiバーチャルコンソール版を使用
(C)2008 SNK PLAYMORE CORPORATION All rights reserved.
(C) D4 Enterprise,inc.

 このように、数多くのバリエーションが存在してプレイヤーを楽しませてくれるボーナスステージですが、時代が経過するごとにアーケードゲームを筆頭として目にする機会がどんどん減っていった感があります。理由は前述したように、プレイヤーがどんなに操作を誤ってもミスにならないサービスを提供すると、プレイ時間が必然的に延びて商売上の問題が生じるからです。また、家庭用ではRPGやMMO、あるいはソーシャルゲームのようにスコア表示が最初から存在しない作品が、昔に比べてはるかに多くなっていることも大きな要因でしょう。

 1991年にカプコンが発売した、対戦格闘ゲームの代名詞的な存在である「ストリートファイターII」シリーズは、シリーズの途中からボーナスステージが登場しなくなった好例です。「ストII」シリーズ初期の作品では、CPU戦において決まった人数を倒すごとにボーナスステージが登場するようになっていましたが、1993年に発売されたシリーズ第5弾の「スーパーストリートファイターIIX」からはボーナス面が姿を消してしまいました(※)。これはアーケードゲームであるがゆえのプレイ時間対策であることと、プレイヤーがハイスコアよりもプレイヤー同士で対戦したときの勝敗をより重要視するようになったため、その結果ボーナス面を入れておく必然性がなくなったことが原因ではないかと考えられます。

※筆者注:ただし、「ストリートファイターIII 2nd IMPACT」など、再びボーナス面が登場するようになったシリーズ作品も一部存在します。
「ストリートファイターII」では車、タル、ドラム缶を破壊する3種類のボーナス面がありましたが、途中のシリーズからはカットされることに……
※PS2用ソフト「カプコン クラシックス コレクション」を使用
(C)CAPCOM CO., LTD. 2005,2006
(C)CAPCOM U.S.A., INC. 2005,2006 ALL RIGHTS RESERVED.

 それでは、今回はここまで。また次回もお楽しみに!

今回登場したソフトはココで遊べます!

  • 「マリオブラザーズ」:Wiiバーチャルコンソール
  • 「ギャラガ」:PS用ソフト「ナムコミュージアムvol.1」、Wiiバーチャルコンソール
  • 「ジャイラス」:PS用ソフト「コナミ80'sアーケードギャラリー」
  • 「エクセリオン」:Wiiバーチャルコンソール
  • 「アイスクライマー」:Wiiバーチャルコンソール
  • 「アーガス」:PS用ソフト「ジャレココレクション vol.1」
  • 「ムーンクレスタ」:PS2用ソフト「オレたちゲーセン族 ムーンクレスタ」
  • 「忍者くん 阿修羅ノ章」:Wiiバーチャルコンソール(※ファミコン版)
  • 「龍虎の拳」:Wiiバーチャルコンソール
  • 「ストリートファイターII」:PS2用ソフト「カプコン クラシックス コレクション」、PS用ソフト「カプコン ジェネレーション 〜第5集 格闘家たち〜」

著者プロフィール

鴫原 盛之 Morihiro Shigihara

 1993年よりゲーム雑誌および攻略本などでライター活動を開始。その後、某メーカーでのグッズ・店舗開発や携帯コンテンツの営業、ゲームセンター店長などの職を経て、2004年よりフリーに。現在は各種雑誌やwebサイトでの執筆をはじめ、某アーケードゲームの開発なども手掛ける。著書は「ファミダス ファミコン裏技編」(マイクロマガジン社)、「ゲーム職人第1集 だから日本のゲームは面白い」(同)の他、共著によるゲーム攻略本・関連書籍を多数執筆。近刊は共著「デジタルゲームの教科書 知っておくべきゲーム業界最新トレンド」(ソフトバンククリエイティブ)がある。

 Twitterは「@m_shigihara」です。

(著者近況)

 3月の大地震以来もろもろ計画が狂いっ放しの日常が続きましたが、最近になって身辺がやっとこさで落ち着いてきました。仕事のほうも当コラムをはじめ、雑誌記事の執筆やゲーム開発のお手伝い等々、幸いにもほぼいつもどおりのスケジュールに戻りつつあります。

 もっとも、多くの親類や友人が被災地に住んでいる身としては、まだまだ心配の種は尽きないのですが。また何かチャリティ企画を考えてみようかな……。


前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/27/news104.jpg 坂上忍、11歳“長男”・佐藤ツトムの旅立ちに涙 介護の日々経ての別れに「本当にありがとうございました」
  2. /nl/articles/2201/27/news011.jpg 【漫画】「なんで腹立たないの?」 マナーが悪い人へのイライラが消える考え方に「おかげでスッとした」「見習いたい」の声
  3. /nl/articles/2201/26/news015.jpg 保護猫と先住猫が初対面した夜、おもわぬ行動に涙…… 「先住猫の優しさがすごい」「一生懸命な姿がたまらない」と反響
  4. /nl/articles/2201/25/news179.jpg 氷川きよし、休養発表後インスタ初更新 過熱報道に苦言「精神的に追い詰められています」「私も一人の人間」
  5. /nl/articles/2111/02/news016.jpg “重みのある一言”に「ゾクッとした」 登山中に「あなた危ないわよ」と注意された体験談漫画に反響集まる
  6. /nl/articles/2201/27/news192.jpg ちっちゃすぎるのかでっかすぎるのか 大相撲・高安関と11カ月娘のスニーカー比較写真が「ガリバー旅行記」と反響
  7. /nl/articles/2201/26/news085.jpg 一見すると笑顔の女性、よくみると…… いじめ・自殺防止を訴えるポスターのメッセージが心に刺さると話題
  8. /nl/articles/2112/10/news026.jpg 意地悪な継母との暮らしもムキムキだから大丈夫! 漫画“全て筋肉で解決するシンデレラ”が起承転結筋肉しかない
  9. /nl/articles/2201/26/news156.jpg 架空のアイドルグループ、不祥事だらけの解散理由が話題に 「運営との面識無く勝手に加入」の強者メンバーも
  10. /nl/articles/2201/27/news129.jpg 「電脳コイル」放送で縦横比のミス、BSフジが謝罪 1話から10話を再度放送へ

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」