コラム
» 2011年04月06日 14時16分 公開

第8回:ステージクリアの快感をさらに高める、ボーナス得点のアイデアいろいろなぜ、人はゲームにハマルのか?(1/3 ページ)

「なぜ、人はゲームにハマルのか?」をまじめに考察する不定期企画の8回目は、人がゲームに夢中になる仕組みをスコア(得点)アップのシステムから考察していきます。

[鴫原盛之,ITmedia]

 当コラムはタイトルのとおり、我々がどうしてこんなにもゲームにハマッてしまうのかを実際のプレイ動画や画面写真を見ながら楽しくかつまじめに考えていくという不定期企画。担当編集者さんからのご配慮と読者の皆様からのご支持のお陰をもちまして、旧ITmedia Gamezに引き続き新サイトでも連載をさせていただくことになりました。今後ともよろしくどうぞお付き合いくださいませ。

 さて、第8回目となる今回は、前回の「第7回:ハイスコア更新は常に命がけ! 『ボーナス獲得=ハイリスク』の法則」に引き続き、人がゲームに夢中になる仕組みをスコア(得点)アップのシステムから考察していきます。その中でも、今回は特にステージをクリアしたときに獲得できるボーナス得点のシステムにフォーカスした内容でお送りします。どなたでもお楽しみいただけるよう、筆者が厳選したゲームを使って作成した(単なる個人的趣味というウワサも…)プレイ動画を眺めつつ、ぜひ最後までご一読ください!

ステージクリア時にボーナス得点が入ることで達成感が大幅アップ!

 RPGのようにスコアが存在しないものをのぞけば、どんなジャンルのゲームでも敵の攻撃をうまくかわしたり、あるいは制限時間内にゴール地点にたどり着いてステージをクリアしたときには、誰もが達成・充実感を得られてとてもいい気分になりますよね? そんな快感をさらに増す要素として、ゲームの結果に応じた得点がアップする演出は欠かすことできません。

 古くから多くのアクションゲームにおいてよく見られるのが、クリア時点で残っていたタイム(制限時間)が多いほど高得点がもらえたり、敵を倒すと出現したり道中に落ちているアイテム類を拾った数だけボーナス得点が加算されるというシステムです。

 これらの両方のシステムを盛り込んだ典型的な例が、ジャレコが1985年に発売したファミリーコンピュータ用ソフトの「忍者くん」です。本作では、各ステージをクリアするごとに残り時間1秒につき10点ずつが加算され、さらに敵を倒したときに出現する巻物を取った数に100を掛けた得点がボーナスとしてもらえるようになっています。

 子どもの頃に夢中になったという人も、「自分が生まれる前に出たゲームなんて知らないよ!」という人も、まずは早速プレイ動画をご覧になってみてください。


(C)1985 JALECO LTD. (C)1985 LICENCED BY UPL CO., LTD.

 ムービーには2面をクリアしたところまでを収録してありますが、実は1面と2面をクリアしたときのスコアの計算には、それぞれ決定的な違いがあることにみなさんは気付かれましたか?

 その答えは、2面のほうはタイムボーナスがまったく入っていないこと。これは途中で敵にやられてミスをしたペナルティを受けたことによります。

 また、スコアが加算されている間に鳴り続けるピキピキピキ……という効果音も、長い間続くことによって「どんどん点数が増えていくので気持ちいい!」と、プレイヤーに対してさらなる快感を与える効果があると言えます。最近のゲームではすっかりお目にかからなくなった感のある古典的な演出ですが、筆者は今でもこの音を聞くと何となく嬉しい気分になってしまいます。

 このような例は他の作品でも数多く見られます。集めた得点アイテムの数だけボーナスがもらえるシステムを導入したゲームの中でも特に分かりやすいのは、かつてセイブ開発(※現在ではモスが開発)が発売した名作シューティングの「雷電」シリーズ、あるいは東亜プランが開発した「究極タイガー」などがあります。いずれも特定の地点を撃つと出現する勲章を取れば取るほど、ステージクリア時のボーナスがアップする仕組みになっていました。ただし、途中でミスをした場合は勲章の数がリセットされてゼロになってしまいますので、ハイスコアを目指すならミスは厳禁というわけですね。

 ちょっと変わっているのが、かつてハドソンがファミリーコンピュータなどで発売して大人気を博した「ロードランナー」シリーズの得点システム。このシリーズ作品では、金塊を取ったり敵のロボットをレンガの中に埋めて倒すとそれぞれ100点ずつ獲得できるようになっていますが、得点はそのステージをクリアするまで一切加算されません。もし途中でミスをした場合は、そのステージ内で稼いだスコアはすべてチャラになり、また最初からやり直しになってしまいます。なので、もし1面でゲームオーバーになってしまった場合はスコアは0点のまま悲しいエンディングを迎えることに……。そんなハードなルールになっている分、無事ステージをクリアして得点が入ったときの爽快感はひとしおです。

「ロードランナー」は、ステージをクリアしてはじめて得点が加算されるようになっていた珍しい例。クリアできなければいつまでたっても0点のままなのだ

※ファミリーコンピュータ版を使用
(C)1984 PUBLISHED BY HUDSON SOFT CO., LTD. UNDER LICENCE FROM BROADERBUND SOFTWARE, INC.
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  2. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  3. /nl/articles/2112/02/news012.jpg 年末年始は特に注意! 空き巣未遂にあった実体験漫画に「怖い」「気をつけないと」
  4. /nl/articles/2112/01/news186.jpg 「私の留守中に着払いで」藤本美貴、秘密の買い物が夫にバレる 庄司智春の粋な対応に反響「ミキティにメロメロじゃ」
  5. /nl/articles/2112/02/news081.jpg 「凸してきたお前に困惑」 朝倉未来「1000万円企画」巡る週刊誌取材を非難 一般人の母親“激撮”へ「ヤバすぎる!」
  6. /nl/articles/2112/02/news098.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野と18年ぶりの大ゲンカ ピー音連打の不穏な現場に「待ってました」「完全にあの頃の二人」
  7. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  8. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  9. /nl/articles/2112/01/news015.jpg 人斬りが仕事の男が化け狐に懐かれて…… “悲しい化け物”の漫画に胸が苦しくなる
  10. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」