知る人ぞ知る名作「洞窟物語」がDSiウェアで配信決定! 作者自らが語る「洞窟物語のウラガワ」とは?日々是遊戯

実は海外ではWiiウェアやニンテンドー3DS用ソフトにもなっている「洞窟物語」が、ようやく日本でも発売されます。もちろん3DSでもプレイ可能!

» 2011年11月05日 13時39分 公開
[池谷勇人,ITmedia]
※本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています

ようやく日本でも「洞窟物語」が遊べます!

 知る人ぞ知るフリーゲームの名作「洞窟物語」が、この冬ニンテンドーDSiウェアとなって発売されることが決定しました。価格は1000DSiポイント、配信日は2011年内予定。もちろんニンテンドーDSiだけでなく、ニンテンドー3DSでも遊ぶことが可能です。

 これは11月3日(木・祝)に東京カルチャーカルチャーで行われたトークイベント「洞窟物語のウラガワ」の中で明らかになったもの。海外ではこれまでWiiウェアやニンテンドー3DSなど様々なハードに移植されていた本作ですが、日本での展開についてはこれまで一切アナウンスされておらず、ファンからは国内発売を待ち望む声が多くあがっていました。

画像 DSi版のタイトル画面。メニューの「???」が気になります……

 「洞窟物語」は、バラエティに富んだ武器とジャンプテクニックを駆使して、広大な洞窟世界を探索していく2Dアクションゲーム。個人開発のフリーゲームながら、その高い完成度とゲームバランスで、今なお多くのファンに遊ばれ続けている作品です。

 DSiウェア版では、PC版の完全移植に加えて、新たに「かんたん」「ふつう」「むずかしい」の3種類から難易度選択が可能に。「むずかしい」ではライフカプセルの設置数がかなり減っており、作者である天谷氏(開発室Pixel)でさえ「むずかしい」ではクリアしたことがないとのこと。オリジナルのPC版では、あえてライフカプセルを取らずに進めていく「最大HP縛りプレイ」をしていた人もいましたが、プレイ感覚としてはそれに近いものになりそうです。

 またイベントでは、作者である天谷氏をゲストに迎え、「洞窟物語」がどのようにして作られていったかなども明かされました。

 天谷氏によると、「洞窟物語」の開発期間は足かけ5年にもおよび、特に最後の1年はほぼ作品のブラッシュアップのみに費やしたとのこと。会場ではブラッシュアップ前の“幻のバージョン”もちょっとだけ公開されましたが、映像を見ると「武器に残弾数がある」「敵を倒すとお金を落とし、それを集めて弾を購入する」といった要素があり、現在の「洞窟物語」とはまったくの別モノ。天谷氏は当初これで完成のつもりだったのですが、これを“プログラムの師匠”である人物に遊ばせたところ「気持ちよくない」と痛烈なダメ出しを食らったのだそうです。

「悩んだんですが、試しに弾数制限をなくしてみたらこれが意外にも面白かった。元々買い物の要素をどうしても入れたくて、残弾数制にしたのも、お店に立ち寄ってもらうためだったんです。でもいざそれを取り払ってみると、それがスリルではなくストレスでしかなかったことに気付いた」(天谷氏)

 ほかにもジャンプの手触りや、独特の経験値システムなどについても、最初から「こうしよう」という明確なビジョンがあったわけではなく、作りながら試行錯誤を重ねて現在の形に落ち着いていったのだとか。あの優れたバランスやシステムが、行き当たりばったりと言ってもいいような試行錯誤の積み重ねから生まれていたことに、会場からは驚きの声も。最近ではこうした「職人技」のような作り方のゲームは少なくなりましたが、だからこそ「洞窟物語」はこれほど多くの人を惹きつけることができたのかもしれません。


画像画像画像 広大な洞窟の中には、謎の研究施設、巨大な建造物なども。洞窟世界の謎を解き明かしていくにつれ、物語は驚くような展開を迎える

 また「洞窟物語」の名シーンのひとつに、ゲーム終盤で訪れる「外壁」があります。長い洞窟を抜けて、はじめて見る洞窟の外。幻想的なBGMと、流れる雲をバックに外壁をジャンプで登っていく主人公――。実は天谷氏が当初「洞窟物語」で描きたかったのはまさにこの光景で、ほかの部分はそこからアイデアを膨らませる形で少しずつ作り上げていったのだとか。

「『洞窟物語』はこのシーンが描きたくて作ったような作品なんです。ぼくはいつもBGMから作り始めるんですが、ここでこの曲が流れたらみんな感動するだろうな、って思いながらずっと作っていました」(天谷氏)

 確かに「洞窟物語」をプレイした人で、あのシーンで驚かなかった人はいないでしょう。数え切れないほどの行ったり来たりを繰り返しつつも、最後までコンセプトがブレることなく、開発のモチベーションを保つことができたのは、「このシーンを描きたい!」というハッキリとした目標があったからなのかもしれません。

 イベントの最後には、間もなくオープン予定というDSiウェア版の公式サイトもちょっとだけ公開に。当日の様子はニコニコ生放送でも配信され、累計視聴者数は1万3000人、総コメント数は2万以上にも達しました。世界のゲームファンに愛された「洞窟物語」、まだ遊んだことがない方は、DSi版発売を機にぜひプレイしてみてはいかがでしょうか。ヘーイ!

画像画像画像 「洞窟物語のウラガワ」の様子。中央に座っているのが「洞窟物語」の開発者である天谷大輔氏。DSi版が発表された瞬間、会場からは大きな拍手があがりました

(C) 2011 Nicalis, Inc. / Daisuke Amaya Licensed to and published by Asterizm Co., Ltd.


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10
  1. /nl/articles/2406/16/news001.jpg 「値段を三度見くらいした」 ハードオフに38万5000円で売っていた“予想外の商品”に思わず目を疑う
  2. /nl/articles/2405/19/news005.jpg 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  3. /nl/articles/2406/16/news017.jpg 2歳娘とかくれんぼ中のパパ、「もういいよー」が聞こえず目を開けると…… まさかの光景に「かわいすぎ!!」「永遠に始まらないww」
  4. /nl/articles/2406/15/news022.jpg 「絶対当たったわこれ」→「は?」 ガリガリ君の棒に書かれていた“衝撃の文章”に「そうはならんやろ」
  5. /nl/articles/2406/15/news025.jpg 【今日の計算】「50×50+50」を計算せよ
  6. /nl/articles/2406/16/news044.jpg 掃除中のママ、物音に振り返った瞬間…… 息子の“やばすぎる”行動に絶望 「もう笑うしかない」「まじこれ世界共通」【米】
  7. /nl/articles/2406/14/news136.jpg 家でポン・デ・リングを作ったら悲劇が…… まさかの姿に変身したドーナツに「爆笑した」「エンターテイナー」 3年後、再挑戦したのか聞いてみた
  8. /nl/articles/2406/16/news049.jpg 「天才見つけた」 ご飯の粗熱をすぐ取りたい→“予想外すぎる方法”を編み出した人に仰天 「効率良いな」
  9. /nl/articles/2406/16/news039.jpg 「こんなことになるのか」 ドラゴンフルーツ、白い服は控えたほうがいい理由 「翌日のトイレもなかなかです」
  10. /nl/articles/2406/15/news008.jpg 「え?」 “ごみだらけの道”を掃除したら…… あらわになった“まさかの正体”に世界中が驚き 「信じられない」【海外】
先週の総合アクセスTOP10
  1. 「虎に翼」、共演俳優がプライベートで旅行へ “決別中”の2人に「ドラマではあまり見ることが出来ない全力笑顔」
  2. 「ハードオフには何でもある」 → 4万4000円で売られていた“とんでもないモノ”に「これは草www」「見てるだけでワクワクする」
  3. 釣りから帰宅、持ち帰った謎の“ニュルニュル”を水槽に入れてたら…… いつの間にか誕生した意外な生き物に「すごおー」「どこまで育つかな!?」
  4. 「この家おかしい」と投稿された“家の図面”が111万表示 本当ならばおそろしい“状態”に「パッと見だと気付けない」「なにこれ……」
  5. 「さざれ石に苔のむすまで」何日かかる? 毎日欠かさず水やりし続けてまもなく1年、チャレンジの結果に「わびさび」「継続は力」
  6. 朝ドラとは雰囲気違う! 「虎に翼」留学生演じた俳優、おなかの脇がチラ見えな夏らしいショットに反響「とてもきれい」
  7. フードコートでふざけたパパ、1歳娘に怒られる→8年後の“再現”が1185万再生 笑えるのに涙が出る光景に「大きくなった!」「泣ける」
  8. 1歳妹「ん」だけで19歳兄をこきつかい…… 「あれで分かるにいに凄い」「ツンデレ可愛い」マイペースな妹にほんろうされる姿が280万再生
  9. 「ベランダは不要」の考えを激変させた“神建築”が200万表示 夢のような光景に「こんな家に帰りたい」「うっとり」
  10. 三重県沖であがった“巨大マンボウ”に漁港騒然…… 人間とサイズ比較した驚愕の光景に「でっか!!」「口から何か出てますね」
先月の総合アクセスTOP10
  1. 「今までなんで使わなかったのか」 ワークマンの「アルミ帽子」が暑さ対策に最強だった 「めっちゃ涼しー」
  2. 「現場を知らなすぎ」 政府広報が投稿「令和の給食」写真に批判続出…… 識者が指摘した“学校給食の問題点”
  3. 市役所で手続き中、急に笑い出した職員→何かと思って横を見たら…… 同情せざるを得ない衝撃の光景に「私でも笑ってしまう」「こんなん見たら仕事できない」
  4. 「思わず笑った」 ハードオフに4万4000円で売られていた“まさかのフィギュア”に仰天 「玄関に置いときたい」
  5. 「ごめん母さん。塩20キロ届く」LINEで謝罪 → お母さんからの返信が「最高」「まじで好きw」と話題に
  6. 「二度と酒飲まん」 酔った勢いで通販で購入 → 後日届いた“予想外”の商品に「これ売ってるんだwww」
  7. 幼稚園の「名札」を社会人が大量購入→その理由は…… 斜め上のキュートな活用術に「超ナイスアイデア」「こういうの大好きだ!」
  8. 釣れたキジハタを1年飼ってみると…… 飼い主も驚きの姿に「もはや、魚じゃない」「もう家族やね」と反響
  9. JR東のネット銀行「JRE BANK」、申し込み殺到でメール遅延、初日分の申込受付を終了
  10. サーティワンが“よくばりフェス”の「カップの品切れ」謝罪…… 連日大人気で「予想を大幅に上回る販売」