ニュース
» 2012年04月13日 16時33分 公開

「プラレス3四郎」の神矢みのる先生とロボットプロレス主宰ミステル・タマオ総統の「プラレスvsロボレス対談」が実現!!(3/4 ページ)

[種子島健吉,ITmedia]

ロボットを描くときに大事なこと

―― マンガ、ロボットプロレス、さらにはAKB48でもキャラクター性が大事というのが分かりましたが、それ以外で大事にされていることはありますか?

神矢氏 マンガを描くときに大事にしているのは、「半歩先に行く」ということですね。SFまで行ってしまわない、「今よりほんのちょっと先のリアル」を描くという感じです。「プラレス3四郎」でも、飛行したり、ビームやミサイルを発射したりということはしないよう、現実感は壊さないようにしていました。現実の、日常の日本の風景から浮かないようにマンガなりのリアリティは考えていたんですね。でも、やっぱり、ちょっと半歩以上行ってしまっていたのかなあ。当時注目されていたプラモデル、パソコン、プロレスをすべてミックスするという原作者、牛先生のコンセプトは実現できたと思っているのですが……。「機動戦士ガンダム」や「装甲騎兵ボトムズ」のメカデザインを担当された大河原さんも「放送中は人気がなかった作品が、放送終了が決まると『惜しい』とか『素晴らしい作品なのに』というファンの声が続々届くようになった。終わってしまう前に応援してくれたら」という主旨の発言をしてらっしゃると思うのですが、やはり、1歩も2歩も先に行ってしまうと連載時やアニメ放送時に人気が出ず、ブームが後からやって来て「あのときすぐ売れていれば!」ということになってしまうんです。後から振り返れば、「先取りしすぎだったね」ということなんでしょうが。

 牛先生といえば、「3四郎」というのは牛先生のネーミングなんです。たしか、3四郎が柔道家の家に生まれている設定なので、姿三四郎をもじって命名したということだったと思います。そこで、ただそのまま「三四郎」にせず「三」を算用数字の「3」にして「3四郎」にすることで古臭いイメージを払拭しているところが、牛先生らしい……。うんと古いものと新しいものの融合や、まったく異なる要素のアイディアを組み合わせることで、従来にない斬新な作品を生み出す手法が天才的なんです。初めて「プラレス3四郎」の原稿を読んだときは、完成度の高さに思わずため息をついてしまったのを今でも覚えています。

 それで「3四郎」からだいたい20年ぶりに、続編にあたる「プラレスラーVAN」を描いたわけですが、このときはもうずいぶんロボット関連の技術も進んでいて、ROBO-ONEも開催されていました。でも、ROBO-ONEに審査員として招待されたりする中で、参考にする部分はあったのですが直接的にマンガとの接点はなかったんですね。それで次に描くことになった「アクト・オン!」では、今あるロボット関連の技術そのままを描こうと思って学園ものにしました。最近、子供のオモチャでもなんでも出来合いのものをお金で買ってきてしまうという風潮がある気がします。それに対してそうじゃないんだ、人によってはプラモデルかもしれない、ミニ四駆かもしれない、ラジコンカーかもしれないけども、自分で工夫して自分の労力をかけていろいろやってみてうまくいったときの喜びとか、そういったものがあるんだというのを伝えたかったんですね。それで作品を描くときに、ロボットプロレスに参加されている皆さんにも取材させていただいたんです。そういったことからも、ロボットプロレスを応援したいと思っているんですね。

画像 チャンピオンREDで連載された「プラレスラーVAN」。このイラストは、コミック4巻の表紙カバーに使用されたものだ。原作は「プラレス3四郎」と同じく牛次郎氏が担当。主人公の伴雄二が、プラレスラー明王丸を操って強敵たちと闘う。物語の後半では「プラレス3四郎」のキャラクターたちも登場する
(C)牛次郎/神矢みのる(秋田書店)

画像 FlexComix Webで連載された「アクト・オン!」。このイラストはコミック2巻の表紙カバーに使用されたものだ。プラレスが題材ではなく、機工部に所属する高校生たちが、ROBO-ONE優勝を目指すという、より現実に近い学園ものになっている
(C)2007 Minoru Kmiya

タマオ総統 アマチュアロボットビルダーのバイブル的作品連載に、そんなご苦労があったとは……。もしかしたら、それは子供は残酷ということも関係しているかもしれない。ロボットプロレスでもちょっと演出に中だるみがあったりすると、すぐ飽きて帰ってしまう。かと思えば、大技が決まると「わっ!!」となってリングに張り付かんばかりになる。子供の反応は正直というか、遠慮がないので、お祭りなど観客に子供が多そうなイベントに参加する場合は、通常の「できんのか!」に比べて、語りなどを減らしたアクション重視の演出にして絶えず「動くものを見せる」ようにしている。そうすることで、最後まで飽きずに声援を送ってもらえるのだ。

 そういえばワルーvsワン美の試合で、ワン美が観客に向かってパフォーマンスしている背後からワルーが技を仕掛けに行ったところ、子供たちから「後ろ! 後ろ!!」と声がかかったという、演出した我々が驚くほどの効果が得られたことがあったな。それからナガレゴールドvsサアガの試合で、サアガにナガレゴールドがひたすら投げられ続けたとき、投げられても投げられても立ち上がり相手に立ち向かって行く姿は、悲壮感すら漂わせていた。その後、ナガレゴールドの人気が上がったのは、やはり人間、弱いほうに肩入れしたくなるという心理が現れているのだと思うな。

2010年11月3日に埼玉県草加市で開催された「できんのか! 7」第4試合、ワルーvsワン美。ワン美が子供たちに向けてパフォーマンスしている背後から、ワルーがジャーマンスープレックスを狙うシーンで、感情移入した子供たちから思わず「後ろ! 後ろ!!」という声が上がっている


2011年11月3日に埼玉県草加市で開催された「できんのか! 9」決勝戦、ナガレゴールドvsサアガ。「サアガの投げ技フェスティバル!」と実況されるほど、サアガの投げ技がナガレゴールドに炸裂。サアガの投げはロボットによっては一撃で行動不能にしてしまう破壊力を秘めているので、実はナガレゴールドの投げに合わせた操縦と計算された受け身もすごい


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2201/24/news081.jpg 「めっちゃ痩せててびっくり」「尊敬しかない」 ガンバレルーヤ、1カ月半で“22キロ減”の別人ショットに反響
  2. /nl/articles/2201/23/news010.jpg 会社のオンライン朝礼に子猫も参加した結果 永久にちょっかいを出し続ける自由ほんぽうっぷりがかわいい
  3. /nl/articles/2201/24/news018.jpg ハムスターが自分のアクリルスタンドを見てとったポーズが…… 飼い主が爆笑した奇跡の2ショットに「変な声でたw」と笑いが集まる
  4. /nl/articles/2201/24/news074.jpg 「イケメンの日ってことに」 井手上漠、珍しい“男子風”ノーメイクに「菅田将暉くんに似てる」の声
  5. /nl/articles/2201/23/news011.jpg 「好きだから」とクラスメイトに監禁されて ストーカー女子を描いたホラー漫画が真相を知るともっとホラー
  6. /nl/articles/2201/24/news026.jpg 重要な商談で盛大なやらかし! 同僚へのドッキリ用「ビリビリ電気ペン」が悲劇を生んだエピソードに「申し訳ないけどめちゃくちゃ笑った」
  7. /nl/articles/2201/19/news160.jpg 疲れたOLがゲーセンでやさぐれヤンキーに懐かれる漫画が平和で癒やし 気付けば家で一緒にゲームをする仲に
  8. /nl/articles/1801/19/news114.jpg 奇跡起きたな! 女お笑いコンビ「ガンバレルーヤ」、“詐欺写真”で別人に生まれ変わる
  9. /nl/articles/2201/23/news016.jpg 兄猫「ぺちっ」子猫「や、やられたぁ〜!」 優しい猫パンチでコテっと倒れる弟猫がアニメのようでいとおしい
  10. /nl/articles/2201/22/news055.jpg 平愛梨、夫・長友佑都の勘違いにかわいい“対策”発動 「懐が大きいなぁ〜」「長友さんは幸せもん」とファン絶賛

先週の総合アクセスTOP10

  1. 勝手に「サービス終了ゲーム総選挙」をやったら6700票も集まってしまったので結果を発表します 2位の「ディバインゲート」を抑えて1位に輝いたのは……
  2. ママとの散歩中、田んぼにポチャンした柴犬さんが帰宅後…… パパに一生懸命アクシデントを報告する姿がいとおしい
  3. “26歳年の差婚”の菊池瑠々、第4子妊娠を発表「もう、とにかくうれしいです!」 年上の夫も満面の笑み
  4. 桐谷美玲、隠し撮りに「絶対ヤバい顔」 “ほぼ半目”な不意打ち写真に「100点満点に可愛い」と全力フォローの声
  5. 村田充、3匹目の愛犬の存在明かす 神田沙也加さんから引き取ったブルーザーとは「数日で仲良くなりまして」
  6. 三浦孝太、母・りさ子誕生日に“家族4ショット”でお祝い キングカズも笑顔の写真に「家族が1番!」
  7. バレー日本代表の清水邦広の再婚に盟友・福澤達哉さん「相手は私ではございません」 元妻は中島美嘉
  8. 「駅の待合室をバケモンが占領している」→“謎の生き物”の正体について大分県立美術館に話を聞いた
  9. 滝沢カレン、倖田來未の“バックダンサー”になりすまし 感極まって「人一人洗えるくらい泣きました」
  10. 宮崎駿愛用の「電動消しゴム」が故障 → サクラクレパス公式が倉庫の奥から発掘 Twitterが繋いだ温かな展開が話題に

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「どん兵衛」新CMに星野源が復活も衝撃の新展開 “どんぎつね”吉岡里帆の正体明かされ「完全なホラー案件」「狂気を感じる」
  2. ハラミちゃん、“公称145センチ”も本当の身長にゴチメンバー驚き 「デカイっていわれるのが嫌になっちゃって……」
  3. 西川史子、退院を報告 「生きていて良かったと思っていない」と告白も、力強い現在の心境明かす「私は医師です」
  4. 「もうアヒル口」「美人確定ですね!」 板野友美、生後2カ月娘の“顔出しショット”にみんなメロメロ
  5. 「気ぃ狂いそう」 木下優樹菜、生配信中止で“涙のおわび動画” やらかしたスタッフに「生きてたらミスぐらいする」
  6. 東大王・鈴木光、“お別れの笑顔”で司法試験合格を報告「本当にありがとうございました」 SNS閉鎖に涙のエール続々
  7. 「こんな普通に現れるの?!」「バレそうで心配」 倖田來未、駅のホームに“普通に並ぶ”姿にファン驚き
  8. 母親から届いた「もち」の仕送り方法が秀逸 まさかの梱包アイデアに「この発想は無かった」「どストレートに餅で笑った」と称賛集まる
  9. 第1子妊娠のすみれ、母・松原千明と2年ぶりに涙の再会 「やっとママに会えました」と感動的な親子ショット公開
  10. 渡辺裕之、66歳バースデーで息子と2ショット 合同誕生日会に「すごいお料理とケーキ」「イケメン息子さん」