ニュース
» 2012年06月15日 20時58分 公開

逆転の発想から生まれた「気持ちよく起きられる」目覚ましアプリナニコレ

早起きは一文の寄付。これならすっきり起きられる?

[ITmedia]

 iPhoneの目覚ましアプリ「Morning+(モーニングプラス)」が面白かったので紹介します。キャッチコピーは「朝起きるだけで社会貢献できるアプリ」。目覚ましアプリで社会貢献? ど、どういうこと?

画像

 仕組みはこうです。ユーザーは普通に「Morning+」を使って朝起きるだけ。すると起きた人数×1円を、協賛企業がユーザーに代わって慈善団体へ寄付してくれる、たったこれだけ。協賛企業にとっては宣伝になるし、ユーザーは起きるだけで社会に貢献できる、つまりちょっとだけ気持ちよく起きられるというわけです。

 制作者は、以前「MorningBomb」という目覚ましアプリを作った@montecutさん。「MorningBomb」は「家を離れるまでアラームを解除できない」のが特徴でしたが(音は止められるけれど、家を出ないとTwitterやSMSで反省文が送信されてしまう)、「あまりにペナルティがキツすぎたため」、途中で使うのをやめてしまうユーザーが続出したのだそう。

 この失敗を踏まえ、辿り着いたのが「ペナルティにビビって起きるのではなく、気持ちよく起きられるようにしよう」という逆転の発想。こうして「Morning+」は作られました。

画像画像

 協賛企業が見つかるまでは検証実験中ということで、開発者が起きた人数×1円分、自腹でコンビニの募金箱に寄付してくれるとのこと。期間中の寄付額はブログで逐一報告されていますが、1日目は95円2日目は69円とのこと。す、少ない……。「なけなしの貯金をすべて下ろして挑んだのですが、だいぶ余裕でした(笑)」と@montecutさん。

 せっかくのユニークな試み、@montecutさんがもっと派手に募金できるよう、みんなで「Morning+」を使ってみてはいかがでしょうか。

画像 募金している様子。どうせならもっと募金させたい!(開発者のブログより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  2. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」
  3. 熊田曜子、“離婚決意”後初の動画で銀座ホステスに 「極妻」の不用意発言に苦言も
  4. 「お」「ま」「ち」「こ」「う」「ん」の文字が書かれたダイスを振って役を作る神ゲー「んこダイス」登場 → 「ドラクエ」を抜いてSteam売上1位に
  5. 注射前は“無”の表情だったワンコ、帰りの車では…… 無敵になったワンコの表情ビフォーアフターが面白い
  6. めちゃくちゃ煽ってくる「GR スープラ」を捉えた1枚の写真が話題に モニターに映し出される「ようこそ、親の脛かじりさん」イタズラ 仕掛け人は父親
  7. 美術館に侵入する黒猫と警備員の攻防戦、4年の時を経て…… 「また来たニャ」な猫ちゃんと優しいスタッフのやりとりがあたたかい
  8. 子猫「おねがい、おねがい!」 ごはんの前でおねだりをする子猫ちゃんがかわいい!
  9. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  10. 「1万曲入りiPodをオークションに出したら飛ぶように売れた」 宮下崇『連続起業家のTHEORY』が物議、会社側は「事実確認中」

先月の総合アクセスTOP10