ニュース
» 2012年06月15日 20時58分 公開

逆転の発想から生まれた「気持ちよく起きられる」目覚ましアプリナニコレ

早起きは一文の寄付。これならすっきり起きられる?

[ITmedia]

 iPhoneの目覚ましアプリ「Morning+(モーニングプラス)」が面白かったので紹介します。キャッチコピーは「朝起きるだけで社会貢献できるアプリ」。目覚ましアプリで社会貢献? ど、どういうこと?

画像

 仕組みはこうです。ユーザーは普通に「Morning+」を使って朝起きるだけ。すると起きた人数×1円を、協賛企業がユーザーに代わって慈善団体へ寄付してくれる、たったこれだけ。協賛企業にとっては宣伝になるし、ユーザーは起きるだけで社会に貢献できる、つまりちょっとだけ気持ちよく起きられるというわけです。

 制作者は、以前「MorningBomb」という目覚ましアプリを作った@montecutさん。「MorningBomb」は「家を離れるまでアラームを解除できない」のが特徴でしたが(音は止められるけれど、家を出ないとTwitterやSMSで反省文が送信されてしまう)、「あまりにペナルティがキツすぎたため」、途中で使うのをやめてしまうユーザーが続出したのだそう。

 この失敗を踏まえ、辿り着いたのが「ペナルティにビビって起きるのではなく、気持ちよく起きられるようにしよう」という逆転の発想。こうして「Morning+」は作られました。

画像画像

 協賛企業が見つかるまでは検証実験中ということで、開発者が起きた人数×1円分、自腹でコンビニの募金箱に寄付してくれるとのこと。期間中の寄付額はブログで逐一報告されていますが、1日目は95円2日目は69円とのこと。す、少ない……。「なけなしの貯金をすべて下ろして挑んだのですが、だいぶ余裕でした(笑)」と@montecutさん。

 せっかくのユニークな試み、@montecutさんがもっと派手に募金できるよう、みんなで「Morning+」を使ってみてはいかがでしょうか。

画像 募金している様子。どうせならもっと募金させたい!(開発者のブログより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 人気動画ジャンル「ゆっくり茶番劇」を第三者が商標登録し年10万円のライセンス契約を求める ZUNさん「法律に詳しい方に確認します」
  2. 華原朋美、“隠し子”巡る夫の虚言癖に怒り「私はだまされて結婚」 家を飛び出した親に2歳息子も「もうパパとはいわなくなりました」
  3. フワちゃん、指原莉乃同乗のクルマで事故 瞬間を伝える動画が「予想の10倍ぶつけてる」「笑い事ではない」と物議
  4. 「ゆっくり茶番劇」商標取得者の代理人が謝罪 「皆様に愛されている商標であることを存じておらず」「爆破予告については直ちに通報致しました」
  5. YOSHIKI、最愛の母が永眠 受けた喪失感の大きさに「まだ心の整理ができず」「涙が枯れるまで泣かせて」
  6. 「ディ、ディープすぎません?」「北斗担、間違いなく命日」 “恋マジ”広瀬アリス&松村北斗、ラストの“濃厚キスシーン”に視聴者あ然
  7. 有吉弘行、上島竜兵さんへ「本当にありがとうございますしかなかった」 涙ながらの追悼に「有吉さんが声を詰まらせるとは」
  8. 岩隈久志、高校卒業式でドレスをまとった長女との2ショットが美男美女すぎた 「恋人みたい」「親子には見えません」
  9. キンコン西野、勝手に婚姻届を出される 「絶対コイツなんすよ」“妻になりかけた女性”の目星も
  10. 子猫のときは白かったのに→「思った3倍柄と色出た」 猫のビフォーアフターに「どっちもかわいい!」の声