ニュース
» 2012年06月15日 20時58分 公開

逆転の発想から生まれた「気持ちよく起きられる」目覚ましアプリナニコレ

早起きは一文の寄付。これならすっきり起きられる?

[ITmedia]

 iPhoneの目覚ましアプリ「Morning+(モーニングプラス)」が面白かったので紹介します。キャッチコピーは「朝起きるだけで社会貢献できるアプリ」。目覚ましアプリで社会貢献? ど、どういうこと?

画像

 仕組みはこうです。ユーザーは普通に「Morning+」を使って朝起きるだけ。すると起きた人数×1円を、協賛企業がユーザーに代わって慈善団体へ寄付してくれる、たったこれだけ。協賛企業にとっては宣伝になるし、ユーザーは起きるだけで社会に貢献できる、つまりちょっとだけ気持ちよく起きられるというわけです。

 制作者は、以前「MorningBomb」という目覚ましアプリを作った@montecutさん。「MorningBomb」は「家を離れるまでアラームを解除できない」のが特徴でしたが(音は止められるけれど、家を出ないとTwitterやSMSで反省文が送信されてしまう)、「あまりにペナルティがキツすぎたため」、途中で使うのをやめてしまうユーザーが続出したのだそう。

 この失敗を踏まえ、辿り着いたのが「ペナルティにビビって起きるのではなく、気持ちよく起きられるようにしよう」という逆転の発想。こうして「Morning+」は作られました。

画像画像

 協賛企業が見つかるまでは検証実験中ということで、開発者が起きた人数×1円分、自腹でコンビニの募金箱に寄付してくれるとのこと。期間中の寄付額はブログで逐一報告されていますが、1日目は95円2日目は69円とのこと。す、少ない……。「なけなしの貯金をすべて下ろして挑んだのですが、だいぶ余裕でした(笑)」と@montecutさん。

 せっかくのユニークな試み、@montecutさんがもっと派手に募金できるよう、みんなで「Morning+」を使ってみてはいかがでしょうか。

画像 募金している様子。どうせならもっと募金させたい!(開発者のブログより)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 鳥取砂丘から古い「ファンタグレープ」の空き缶が出土 → 情報を募った結果とても貴重なものと判明 ファンタ公式も反応
  2. 「モンストのせいで彼氏と別れました」→ 運営からの回答が“神対応”と反響 思いやりに満ちた言葉に「強く生きようと思う」と前向きに
  3. 「この抜き型、何ですか……?」 家で見つけた“謎のディズニーグッズ”にさまざまな推察、そして意外な正体が判明
  4. 人間に助けを求めてきた母犬、外を探すと…… びしょ濡れになったうまれたての子犬たちを保護
  5. 幼なじみと5年ぶりに再会したら…… 陸上選手から人間ではない何かに変わっていく姿を見てしまう漫画が切ない
  6. ブルボンの“公式擬人化”ついにラスト「ホワイトロリータ」公開 イメージ通り過ぎて満点のデザイン
  7. 「幸せな風景すぎて涙出ました」 じいちゃんの台車に乗って散歩するワンコのほのぼのとした関係に癒やされる
  8. 「遺伝ってすごい」「足長っ!」 仲村トオルの“美人娘”ミオがデビュー、両親譲りのスタイルに驚きの声
  9. 猫「飼い主、大丈夫か……?」 毎日の“お風呂の見守り”を欠かさない3匹の猫ちゃんたちがかわいい
  10. 天才科学者2人が最強最高のロボを作成するが…… 高性能過ぎて2人の秘密がバラされちゃう漫画に頬が緩む