レビュー
» 2015年06月14日 06時00分 公開

テーブルの上で揚げ物! 2000円台のコンパクトフライヤーでアツアツの唐揚げ&串揚げを楽しむ(2/4 ページ)

[すずまり,ITmedia]

このコンパクトフライヤーを使うメリットは4つあります。

  1. 小さいのでテーブルの上で使える(揚げたてが食べられる)
  2. レバーを目盛りに合わせるだけで、簡単に温度調節ができる(初めてでも失敗しない)
  3. 使用する油の量が最低300ml、標準でも500mlで済む(経済的。高い油も使える)
  4. ポット型なので、使用済みの油を濾し器に流し込みやすい(扱いが楽)

1. 小さい

 まず1つ目は小さいこと。これまでもコンパクトなパーソナル炊飯器をご紹介してますが、それと同じくらいのサイズです。テーブルのうえに乗せても邪魔になりにくいどころか、そのまま目の前で揚げ物が作れます。

2. 温度管理が簡単

 揚げ物というと温度管理が大事ですが、この点もコンパクトフライヤーならお任せ。「ドーナツ」「とりの唐揚げ」「エビフライ」と、3つのメニューにスライダーを合わせるだけで適温に管理してくれます。温度が上がるまで大体10〜15分程度ですが、材料を準備している間に設定しておけば、準備が出来次第すぐ使える状態になります。しかも温度をちゃんと保ってくれるため、加熱しすぎもなく安全。つまり、揚げ物ビギナーにありがちな不安が解消しやすいのです。

3. 少ない油で済む

 また、使う油の量が少なくて済むので、自宅で揚げ物はたまにしかしない、という方でも安心。一人分をちょっと揚げたいというときは300mlで十分。一見とても少なく見えますが、中に食材を入れれば全体が被るくらいにはなります。

 ということは、いい油を使うチャンスが得られるということですね。どうせ油を摂取するなら、健康にいいといわれているものを使いたいと思っている方はいらっしゃるはず。少量で済むコンパクトフライヤーなら、たまには高級なオリーブオイルで揚げてみたい、という野望も達成しやすくなります。オリーブオイルの芳醇な香りを堪能しながらの揚げ物も、なかなか楽しいものです。もちろん揚げ物の食べ過ぎには注意しなくてはいけませんが。

4. 後片付けが楽

 揚げ物を堪能したあとに必ず発生するのが後片付けです。周辺の油ハネの処理も大事ですが、もっとも大事なのは使用済みの油の処理です。コンパクトフライヤーはポット型でハンドルがついているため、簡単に油を移し変えることができます。再利用しないのであれば凝固剤入りの容器へ、再利用するのであれば油濾し器に移します。コンパクトフライヤーは丸ごと水洗いはできないので、油を移したらキッチンペーパーなどでよくふきとておきましょう。あとはフタをしておけばOK。

 準備も、調理時も温度管理も、後片付けも、収納も、全部簡単なのがコンパクトフライヤーなんです。

ポット型の電気フライヤー
目安を見ながら温度調節ができる
マグネット式の電源ケーブルがスイッチ代わり
ポットの中を上からみたところ
小さいので扱いやすい

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先月の総合アクセスTOP10