コラム
» 2016年11月06日 06時00分 公開

うつ病をゲーム「Ingress」で克服 ポケモンGO生みの親も祝福(1/3 ページ)

うつ病になり、半年間1歩も外にでられなかった日々。立ち直るきっかけとなったのは、位置情報ゲーム「Ingress」でした。

[すずまり,ITmedia]

 「彼は、Ingressのおかげでうつ病が克服できたんだそうです」

 そんなせりふを聞いたのは、半年前のとあるIngressイベントでのことでした。

 Ingressとは、Pokemon GOのベースにもなったスマホでプレイする位置情報ゲーム。2016年4月には、東北に人を集めるためのイベント「Initio Tohoku Mission」が福島県相馬市で行われ、開発元の米ナイアンティック社CEOであるジョン・ハンケ氏をはじめとしたスタッフたちも参加しました。

 イベント開催当日、相馬駅の脇にあるカフェ「志緒里」で、ハンケ氏を取材していたときのこと。カフェから一行が外に出ようとすると、出口に長身の男性が立っていました。

イベントで偶然見かけた、あるエージェントとハンケ氏のやりとり

カフェ「志緒里」の出口前に立つ男性の姿が。撮影も本当に偶然でした

 どこでも気さくに写真撮影に応じるハンケ氏は、そこでも彼と写真を撮りました。握手をしながら彼が日本語でハンケ氏に話しかけます。通訳を務めた同行スタッフが、ハンケ氏に伝えました。

 「彼は、Ingressのおかげでうつ病が克服できたんだそうです」

 それを聞いた瞬間、ハンケ氏の表情がパッと明るくなり「よくここまでがんばったね! おめでとう!」といわんばかりに満面の笑みをたたえながら、あらためて自ら力強く彼の手を握り返しました。

 そのときは特に声を掛けることもなく、名前も知らないまま写真だけ撮影して終わりましたが、その後東京を舞台に開催されたイベントの準備中に、偶然再会。詳しい話を伺うことにしたのです。

写真撮影に応じるハンケ氏
握手をしながら話しかけるMさん
通訳の話に耳を傾けるハンケ氏
話を聞いた瞬間、ハンケ氏のほうからMさんに握手を求めました
Mさんに笑顔で語りかけるハンケ氏。Mさんはひたすら照れていた様子

上司による人格攻撃がエスカレート、重いうつ病に

 Mさんは現在の会社に新卒で入社し、16年間勤務していました。仕事も人間関係も良好だったといいます。その後、業務の都合で東京を離れることになり、1年後再び東京の事務所に戻りました。しかし、新しい環境では接する人もがらりと変わってしまいました。

 上司も変わりました。この上司が徐々にMさんを目の敵にし始めます。

 「新しい上司と合わなかったみたいで、私に対する人格攻撃がどんどんひどくなっていきました。何か問題があったとき、個別に呼んでいえば済むようなことでも、ほかの社員がみんな見ている前で、わざと名指しで罵倒するようになったんです。それがあまりにひどくて。最初は我慢していたんですが、気が付くと、会社に行くと吐き気を覚えるようになっていました」

 やがて、トイレにこもりっきりになる日が出てきたといいます。会社の健康管理室がMさんの異変に気付き、産業医との三者面談を行うことに。Mさんを診察した産業医は、その場で「あなたは既に重いうつ病だから、今この瞬間から会社に行かなくていいですよ」と言ったそうです。2013年頃のことでした。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2112/01/news155.jpg 高嶋ちさ子、ダウン症の姉とさだまさしのコンサートへ 笑顔あふれる3ショットに「姉妹で素敵」「癒やされました」の声
  2. /nl/articles/2112/01/news182.jpg アイドルが「虚偽の発言」「繋がり行為」など複数の違反行為 ファンのため“卒業”を提案するもブロック→解雇へ
  3. /nl/articles/2112/02/news012.jpg 年末年始は特に注意! 空き巣未遂にあった実体験漫画に「怖い」「気をつけないと」
  4. /nl/articles/2112/02/news121.jpg 「俺、死ぬな」 はじめしゃちょー、5日続いた39度の熱で救急病院へ 4キロ減した“意外な原因”に「みなさんも気をつけて!」
  5. /nl/articles/2112/01/news186.jpg 「私の留守中に着払いで」藤本美貴、秘密の買い物が夫にバレる 庄司智春の粋な対応に反響「ミキティにメロメロじゃ」
  6. /nl/articles/2112/02/news081.jpg 「凸してきたお前に困惑」 朝倉未来「1000万円企画」巡る週刊誌取材を非難 一般人の母親“激撮”へ「ヤバすぎる!」
  7. /nl/articles/2112/02/news098.jpg 竹原慎二、“ガチンコ”2期生・藤野と18年ぶりの大ゲンカ ピー音連打の不穏な現場に「待ってました」「完全にあの頃の二人」
  8. /nl/articles/2112/01/news118.jpg 渡辺美奈代、公開した自宅リビングが広すぎて“お姫様のお部屋” ゴージャスな部屋へファン「センスまで抜群」
  9. /nl/articles/2112/01/news020.jpg 「キレッキレ!」「何回見ても笑えるwww」 白柴犬の激しすぎる後ろ足の動きに国内外から大反響
  10. /nl/articles/2112/01/news015.jpg 人斬りが仕事の男が化け狐に懐かれて…… “悲しい化け物”の漫画に胸が苦しくなる

先月の総合アクセスTOP10

  1. 池田エライザ、 “お腹が出ている”体形を指摘する声へ「気にしていません」 1年前には体重58キロ公表も
  2. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  3. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  4. 清原和博の元妻・亜希、16歳次男のレアショットを公開し反響 「スタイル抜群」「さすがモデルの遺伝子」
  5. 小林麻耶、おいっ子・めいっ子とのハロウィーン3ショットに反響 元気な姿に安堵の声が続々「幸せそうでなにより!」
  6. カエルに普段の50倍のエサをあげた結果…… 100点満点のリアクションに「想像以上で笑った」「癒やされました」
  7. 「左手は…どこ?」「片腕が消えてる」 中川翔子、謎が深まる“心霊疑惑”ショットにファン騒然
  8. 「家ではまともに歩けてない」 広田レオナ、左股関節に原因不明の“炎症” 夫から「凄い老けたと言われてます」
  9. 小林麻耶、髪ばっさりショートボブに「とても軽いです!」 ファンも反応「似合います」「気分も変わりますよね!」
  10. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」