ニュース
» 2011年06月09日 10時19分 公開

Wii Uの原点はドリームキャスト? 「コントローラに画面を付ける」という発想日々是遊戯

E3 2011のカンファレンスでついにその詳細が明らかになった、任天堂の「Wii U」。最大の特徴はやはり、コントローラに6インチのタッチスクリーンを搭載している点ですが、アイデアそのものについて言えば、実はWii Uがはじめてではありません。

[池谷勇人,ITmedia]

技術革新とコストダウンにより、ようやく現実的に?

 6月8日のカンファレンスで正式に公開された、Wiiの後継機「Wii U(ユー)」。かねてから予想されていたとおり、コントローラに6.2インチのタッチスクリーンを搭載し、テレビと組み合わせることで新しいゲーム体験を提案しています。またテレビ側で遊んでいたゲームの続きを、そのまま手元の画面に引き継いで楽しめるなど、据え置き機でありながら、コントローラ自体がなかば独立した「携帯ゲーム機」になる点も大きな特徴です。

 でも一方で、これらの発表を見ていて「あれ、どこかで見たことあるな」と感じた人もいたのではないでしょうか。実はこうした「コントローラに画面を付ける/携帯機と据え置き機の連動」というアイデアって、以前にも任天堂や他のメーカーによって提唱され、実際に商品化されたこともあるアイデアなんです。

ドリームキャスト+ビジュアルメモリ

 「コントローラに画面を付ける」というアイデアを聞いて、真っ先にドリームキャストを思い浮かべた人も多かったのでは。ドリームキャストでは、セーブデータを保存しておく「ビジュアルメモリ」に小さな液晶画面が付いていて、コントローラに差し込むと、ビジュアルメモリの液晶が「サブモニタ」になるというギミックがありました。

 またビジュアルメモリにも独立した方向キーやボタンが付いており、ビジュアルメモリ単体でちょっとしたミニゲームを遊ぶことも可能。翌年SCEが発売した「ポケットステーション」とともに、「テレビの続きは携帯機で」の先駆けとなりました。


ニンテンドーゲームキューブ+ゲームボーイアドバンス

 ゲームキューブでは、専用の「GBAケーブル」を使うことで、GBA本体をゲームキューブにつなげて遊ぶことができました(一部対応ソフトのみ)。

 GBAケーブル対応ソフトでは、GBAで育てたデータをゲームキューブで引き継いで遊んだり(例:「ポケモンコロシアム」)、GBAをコントローラとして使うことで、手元の液晶画面をサブモニタとして使ったり(例:「ゼルダの伝説 4つの剣+」)することが可能。GBA本体をそれぞれ持ち寄って遊ぶ「ゼルダの伝説 4つの剣+」の対戦モードは、筆者のまわりでも一時大いに盛り上がりました。

iPad+iPhone+テレビ

 もうひとつ、Wii Uのプレイ映像を見て思い出したのがiPad(+iPhone)でした。例えば「The Incident」というゲームでは、iPadとiPhoneを連動させることで、iPhoneをiPadのコントローラとして使用することが可能。さらにこの状態でiPadの映像をテレビに出力すれば、Wii Uのように「手元のiPhoneをサブモニタ+コントローラとして使いつつ、大画面でゲームを楽しむ」こともできます。こうしたプレイスタイルがもっと普及すれば、iPad+iPhoneでもWii Uのようなゲームが楽しめるようになる……?

動画が取得できませんでした

 ――このほかにも、ニンテンドウ64とゲームボーイカートリッジをつなぐ「64GBアダプタ」や、DSとWiiの連動機能など、小さなものを含めれば同じようなアイデアは意外にたくさん見つかります。そういう意味では「コントローラに画面を付ける/携帯機と据え置き機の連動」という発想そのものは、昨日今日になってポッと出てきたわけではなく、古くから任天堂やゲーム業界が向き合ってきた普遍的テーマのひとつと言えるのかもしれませんね。そういえばPS3とPSPの「トランスファリング」や、PlayStation VITAの「据え置き機と携帯機の(スペック的な)境界をなくす」という発想も、Wii Uとは根本部分で共通しているように感じられます。

 ただ上で紹介したアイデアの多くは、これまでずっと提唱され続けてはきたものの、いまだ爆発的な成功にまでは至っていません。ビジュアルメモリの場合、48×32ドットのモノクロ液晶という表現上の制約が大きく、またゲームキューブとGBAの場合、両方のハードを持っている人でなければ楽しめず、ユーザーにとってはコスト的な負担が大きかった。ある意味では、技術革新とコストダウンによって、これらの問題点をクリアしたのが「Wii U」と言ってもいいかもしれません。

 これらのアイデアが、タッチスクリーンやジャイロセンサーといった現代の技術と融合し、当たり前の技術として浸透したとき、私たちと「ゲームとの付き合い方」はどのように変わってくるのか。まだ発表されたばかりのWii Uですが、これからの発表に期待したいですね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 上野樹里、“娘”の誕生日に愛情たっぷり手作りオムライス公開 「がんばろうね ママより」と祝福メッセージ
  2. 石橋貴明&鈴木保奈美が離婚報告 今後は“事務所社長と所属俳優”として「新たなパートナーシップ」構築
  3. 元ブルゾンちえみ・藤原史織、最新ショットに反響 「更に痩せた?? 可愛すぎる」「素敵です!! 足細いですね」
  4. 「美容師人生の集大成を見せる」 タンザニアハーフ女子を縮毛矯正したら「美容師ナメてた」「人生変わるレベル」と360万再生
  5. 出勤時、妻にいつになく強く抱きしめられた夫→妻が家に帰ってくると…… 何気ない日常を描いた漫画にツッコミつつもジーンとする
  6. 怒られたシェパード、柴犬の後ろに隠れたけど…… でっかくて丸見えなしょんぼりワンコが応援したくなる
  7. 塚本高史、中2長女&小6長男の背の高さに驚き 「なんじゃこいつらの成長の早さは!」「俺身長抜かれるんか?」
  8. 「声出して笑った」「狂人度高くて好き」 自転車泥棒を防ごうと不吉そうな箱を自作→まさかの結末迎える漫画が話題に
  9. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  10. 基地で生まれ育った子猫、兵士が足踏みすると…… まねをして一緒に行進する姿がかわいい

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「産んでくれた親に失礼」「ちょっと我慢できません」 上原浩治、容姿批判のコラム記事に不快感あらわ
  2. ホワイトタイガー「あっ、落としてもうた」 うっかり子どもを落とした母と、落ちてゆく子どもの表情がじわじわくる
  3. がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
  4. 「目パッチリです」 宮迫博之、最高難度の美容整形を決行 クスリ疑惑もたれたクマやほうれい線の一掃で“別迫”に
  5. 石橋貴明の娘・穂乃香「お父さん大好き」 幼少期キスショット公開し「愛されてますね〜」「ステキな写真!」と反響
  6. 大島康徳、ステージ4のがん闘病でげっそり顔痩せ 相次ぐ通院に「正直かなりしんどかった」
  7. 山に捨てられていたワンコを保護→2年後…… “すっかり懐いたイッヌ”の表情に「爆笑した」「かっこよすぎ」の声
  8. 「ブス、死ね」 りゅうちぇる、心ない言葉への返答が感銘を呼ぶ 「心もイケメン」「りゅうちぇるのおかげで自己肯定感上がった」
  9. 『はらぺこあおむし』の版元、毎日新聞の風刺漫画を批判 「おそらく絵本を読んでいない」
  10. 小林礼奈、4歳娘を連れて夕食中に客とトラブル 痛烈コメント受けて「私たち親子を悪にしたい人がいる」