ニュース
» 2011年12月26日 19時27分 公開

スライム肉まん、Siri、ミク――2011年は何が話題になった? ねとらぼトピック番付

かわいいものから面白いものからエッチなものまで(?)、2011年にねとらぼで人気を集めた話題を番付でまとめました。

[ITmedia]

 2011年も間もなく終了。ねとらぼでは今年を振り返って、記事のアクセス数と人気検索キーワードから、今年人気のあったトピックを番付にしました。ねとらぼがオープンした4月から12月までの集計です。

番付西
Googleの隠しコマンド横綱ネコ
スライム肉まん大関Siri
初音ミク関脇いまいち萌えない娘
おっぱい小結AKB48推しメンメーカー
ネタプログラミング言語前頭1バルス
けいおん!前頭2魔法少女まどか☆マギカ

横綱

 東の横綱は「Googleの隠しコマンド」。「do a barrel roll」とググると画面がぐるっと回ったり「let it snow」とググると雪が降ったりなど、さまざまなコマンドが発見され、粋な遊び心が人気を集めました。

「do a barrel roll」を検索すると画面が回る

 西の横綱は「ネコ」。ネットでのネコ人気は不動で、特に斜め上すぎるネコの逃走動画ジョジョ立ちするネコなど、ネコが登場する面白い動画が人気。にゃんこアイドル「NKB48」も話題になりました。

本家(AKB48)より萌える(?)NKB48

大関

 東の大関に輝いたのは「スライム肉まん」。全国の勇者たちが武勇を振るった結果、遭遇するのも一苦労すぐに全滅と相成りました。乱獲の上魔改造されるなど、スライムたちには災難(?)な年だったようです。

乱獲の憂き目に遭ったスライム肉まん

 西の大関はiPhone 4Sの新機能「Siri」。天気やスケジュールを聞くと答えてくれるバーチャル秘書です。アイラブユーと話しかけると「ほかの携帯電話にはそんなこと言わないでくださいね」と萌える答えを返してくれることが話題になり、ネットには擬人化イラストも。来年には待望の日本語対応ということで、ぜひ「タイトスカートとメガネのクールな美人秘書」「頼りないお兄ちゃんをサポートするしっかりものの妹」「ロマンスグレーのベテラン執事」など、ボイスとキャラを選べるようにしてほしいものです。

萌え萌えな擬人化Siri

関脇

 東の関脇は「初音ミク」。アメリカ公演を成功させたり、初音ミクの成功でクリプトン・フューチャー・メディアが経済産業大臣表彰を受けるなど、今年も大活躍でした。天使のミクさんが来年どこまで羽ばたくのか楽しみです。

ミクさんマジ天使

 西の関脇はミクと同じバーチャルアイドル分野(?)の「いまいち萌えない娘」。神戸新聞の求人広告のキャラとして登場し、「いまいち萌えない」が故に人気者に。ときにはガンダムになり、ときには観光案内動画で地元をPRしたりと活躍。萌え度も次第に上がっている気がします。

いまいち萌えない娘が萌えてきている……アイデンティティの危機?

小結

 東の小結は「おっぱい」。あのおっぱいです。ねとらぼでは「おっぱい」という検索キーワードが人気で、ロシアの女性1000人のおっぱいをもむ男性の動画や、ブラ外しアプリの記事も多く読まれました。えっちなのはいけないと思います、なんて言いません。おっぱいは正義。

ロシアの女性1000人のおっぱいをもんだ男性。うらやまけしからん

 西の小結はAKB48の「推しメンメーカー」。AKB48のメンバーの顔パーツを組み合わせて、自分だけの推しメンを作れるサービスです(9月で終了しています)。人気アイドルの顔で遊べるという大胆なアイデアが受けたのか、かなり話題になりました。

推しメンランキング殿堂入りの木嶋里子さん

前頭

 東の前頭(1)は「ネタプログラミング言語」。「ほむほむ」だけでプログラミングできる言語や、「ダァシエリイェス!!」でコードを書くプログラミング言語KQなど、いろんなおもしろ言語が登場しました。

ダァダァ!!ダァダァ!!とノリノリなKQ言語

 西の前頭(1)は「天空の城ラピュタ」に登場する滅びの呪文「バルス」。テレビ放送に合わせて多くの人が「バルス」とつぶやいた結果、秒間ツイート数2万5000件で世界新記録を達成しました。2ちゃんねる実況板はバルス前に落ちましたが、Twitterはどうにか持ちこたえ、Twitterの強さを示す結果にもなりました。

ユーザーは「バルス」をとなえた。しかしTwitterは滅ばなかった!

 前頭(2)はアニメ「けいおん!」と「魔法少女まどか☆マギカ」。どちらも、テレビ放送後に映画化が決定し、高い人気が続いています。「けいおん!」は等身大フィギュアローソンジャックなど映画公開を記念した企画が話題に。まどマギも展示会の開催文化庁メディア芸術祭のアニメ部門大賞受賞など、注目を集めました。

 2011年はかわいいものから面白いものからエッチなものまで、さまざまなものが話題になりました。これからもねとらぼは誰かに話したいトピックを追いかけていきますので、ぜひ来年もお付き合いください。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「彼氏に撮ってもらった」→窓ガラスに写った真実は…? アクロバティックな詐欺写真に「笑った」「器用な彼氏」
  2. 「俺も昔はワルだった」「へぇ〜 今日は当時の被害者を呼んでます」 女子高生がかわいさ全開で鉄槌をくだす漫画「正義のミカたん」
  3. 叶恭子、美女に擬態した『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨コス マーベラスな着物姿に「すごい…妖艶すぎる」「完璧」
  4. 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  5. 「助かりました」「早速実践します」 小児科医が教える“はがれにくい絆創膏の貼り方”が使えると話題に
  6. ステキな週末のパパ……! 荒ぶる子猫たちに囲まれたパパ猫の“無”の表情に「わかる」「私だ」と共感の声
  7. ClariS、デビュー10周年でメディア初の顔出し ファンからは「やっぱり美人さんやん!」「かわいい〜〜!!!!」
  8. 鮭ってこんなに種類あったのか! サーモン会社が投稿した「鮭の比較」画像が「買い物に便利」と話題
  9. 「貴方ならもっといける」「絶対に神絵師になれる」 応援コメント糧に10カ月で神絵師へと成長した人が話題に
  10. 中村江里子、フォロワー10万超のインスタが消滅 「どうにもならない気持ちでいっぱい」「一体、何の目的で?」