ニュース
» 2012年01月06日 09時33分 公開

「引っ越ししたので未来なお部屋を作ってみた」→本当に未来すぎると話題に日々是遊戯

「光あれ」で部屋が明るくなり、「バルス」で全機器停止。これからはもう、リモコンを探してベッドから出る必要もない――そんな「未来なお部屋」を自作してしまった人が現れました。

[池谷勇人,ITmedia]

「エターナルフォースブリザード」や「イオナズン」も修得できます

 未来なお部屋というより、ただのものぐさ部屋、あるいは“天の岩戸”? こんな部屋に住んだら、きっと快適すぎてベッドから出られなくなってしまいそうです……。

 現在、ものすごい勢いでブックマーク数を伸ばしているのが、@super_rtiさんの「引越ししたので未来なお部屋を作ってみた」というエントリ。「年の瀬に引越ししたので、部屋の再構築を行った。コンセプトは快適に引きこもれる未来の部屋」とのことですが、「未来の部屋」とは一体……? そう思いながら記事を読み進めてみると、うおおお、確かにこれはスゴい!

画像 メインの部屋はこんな感じ。未来の部屋でも、コタツはやっぱり外せない

 カーテンレールに吊り下げられた100インチスクリーン(6畳間に100インチスクリーンを設置している時点ですでにスゴい)、寝ころんだままでPC操作可能なベッド脇のアーム付き液晶モニタなど、目を引くところはたくさんあるのですが、特筆すべきはやはり「自作の音声認識システム」でしょう。

画像 カーテンレールにスクリーンを吊り下げるアイデアは手軽にマネできそう

画像 ベッド脇から伸びる液晶モニタ。正直、これが一番うらやましいかも

 部屋には集音マイクがセットされており、音声で命令するだけで、電灯からエアコン、コタツに至るまで、部屋中の家電を自由に制御することができます。例えばエアコンの温度を下げたいと思ったら、普通はリモコンに手を伸ばして操作を行う必要がありますが、この部屋では「エアコン温度下げて」の一言でOKです。ベッドから体を起こす必要もなければ、リモコンがなくなってイライラすることもない。「イオナズン」でアニメの爆発シーンがスクリーンに投影されたり、部屋のすべての機器を停止するコマンドが「バルス(エターナルフォースブリザードでも同様)」だったりと、ちょっとしたユーモアも忘れていません。

「お出かけの前には、かっこよくこれらのセリフ(バルス/エターナルフォースブリザード)を言って立ち去ります。まだ熟練していませんが、いかにかっこよくやるかを1人で競っています」(@super_rtiさん)

画像 部屋のどこにいても音声を拾えるよう、集音マイクは2カ所に設置

画像 実装されているコマンドの一部。「ほむほむりせっと」は、バグって真っ暗になってしまった場合にとりあえず液晶と明かりをつけるためのコマンドだそう


 音声認識システムを構成しているのは、Windows標準の音声認識エンジン(Windows SAPI)と、iPhoneでリモート操作可能な高機能学習リモコン「iRemocon」の2つ。@super_rtiさんによると、構想自体は数年前からあったものの、当時使っていた学習リモコンが家のエアコンに対応しておらず、いったんは諦めていたそう。しかし「iRemocon」に出会ってからは早く、だいたい1〜2カ月ほどでシステムが完成。かかった費用については「iRemocon」+ 周辺機器でおよそ3〜4万円程度だそうですが、「iRemocon」に辿り着くまでの試行錯誤も含めると「考えたくも無いですね :p)」とのこと。

画像 これが「iRemocon」。最初はiPhoneで制御していましたが、わざわざiPhoneを手に取るよりもいっそ音声で――ということでこのシステムを開発したそう

 さて、肝心の使い勝手はどうなのか? 「引越し時、これの仕組みを一時的に止めたのですが、とても不便でたまりませんでした。もう音声認識は生活の一部であり、あると便利ではなく、ないと不便なものになりました」と@super_rtiさん。ただ、これだけ快適だと、家から出たくなくなってしまうのでは……。

「実際に引きこもって困ってます。ベッドの上でニコ動と『Age of Empires』にはまってしまってずいぶん時間を無駄にしました(笑)。ただ、ひたすら楽をするにはどうすればいいかを追求した部屋で、ひたすら楽ができるわけですから、目標が達成できたと喜ぶところかもしれません」(@super_rtiさん)

 かつてSF作家アーサー・C・クラークは「充分に発達した科学技術は、魔法と区別がつかない」と言いましたが、ここにあるのはまぎれもなく、そんな「発達した科学技術」の1つと言えそうです。「1人でも多くの人がこの楽な環境を体験してほしいと思ってます」と語る@super_rtiさんには、ぜひこのシステムを実用化して、誰でも手軽に利用できるようにしていただきたいところです。

画像 マネしたいけど、絶対引きこもってしまいそうで怖い……

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

先週の総合アクセスTOP10

  1. 「前歯を取られ歯茎を削られ」 広田レオナ、19歳デビュー作で“整形手術”を強制された恐怖体験
  2. ゴマキの弟・後藤祐樹、朝倉未来とのストリートファイトで45秒負け 左目腫らした姿を自ら公開し「もっと立って闘いたかった」
  3. キンタロー。浅田舞の社交ダンス挑戦を受け体格差に驚がく 「手足が長い!!」「神様のイタズラがすぎるぞ!!」
  4. おばたのお兄さん、“高額”ギャラ明細を写真で公開 「こんなに稼いでるんですね!」
  5. 仲村トオルと鷲尾いさ子の長女・美緒、23歳の誕生日に姉妹ショット 親譲りの美貌&175センチの長身
  6. ゴマキ弟、朝倉未来との瞬殺試合に「抵抗してるつもりだった」 “怪物”がメッタ打ちする姿に妻ショック隠せず 「息できなかった」
  7. 店で急に話しかけてくる“なれなれしいオタク”は「逃げて正解」 アキバで勧誘に遭った漫画に「自分も出くわした」と反響
  8. 朝倉未来、1000万円ストリートファイト批判へ反論 一部挑戦者の大けがに「それくらいの覚悟は持ってきているでしょ」
  9. 広田レオナ、12キロ増なデビュー時代の姿を公開「鼻も埋没していった…」 6月には激細姿に焦りも「脚が棒みたい」
  10. 工藤静香、次女・Koki,が腕を振るった“ゴージャス朝食”を公開 過去には「私より上手」と料理スキルを絶賛

先月の総合アクセスTOP10

  1. 「本当色々あったけど、おかえり」 市川海老蔵、義姉・小林麻耶との再会を胸いっぱいに報告
  2. 「くそが……!」 最上もが、奮発した「Uber Eats」の対応に怒り爆発 1400円ステーキの“中身”に「絶望」「もう頼まねえ」
  3. 葉月里緒奈、美人な元マネジャーと“再会2ショット” 「共演した俳優さん達は私ではなく彼女を口説いてました」
  4. 田中律子、美人な23歳娘とランチデート 2ショットに「本当に親子!? 姉妹だよ〜」「そっくりで美しい」の声
  5. 「やりました!」ニッチェ近藤、半年間で10キロ減量に成功 ダイエット前後の写真に「すごい」「勇気もらいました」
  6. 板野友美、エコー写真とそっくりな娘の顔出しショットを公開 ぱっちり目の美形な姿に「こんな美人な赤ちゃん初めて見た」
  7. 木村カエラ、夫・永山瑛太と“意外な場所”で出会って驚き 「連れて帰りました」報告にファンほっこり
  8. 戸田恵梨香、水川あさみと同様に長文公開 「私を追いかけて、どうか車の事故を起こさぬようお気をつけください」
  9. docomo×進撃の巨人キャンペーンの商品「リヴァイ兵長フィギュア」が悲惨な出来だと話題に → 公式が謝罪「対応方法を検討しております」
  10. 加護亜依、「エヴァ」綾波レイのコスプレ姿に絶賛の声 体形くっきりのプラグスーツ&歌唱に「流石は元トップアイドル」