ニュース
» 2012年01月06日 09時33分 公開

日々是遊戯:「引っ越ししたので未来なお部屋を作ってみた」→本当に未来すぎると話題に

「光あれ」で部屋が明るくなり、「バルス」で全機器停止。これからはもう、リモコンを探してベッドから出る必要もない――そんな「未来なお部屋」を自作してしまった人が現れました。

[池谷勇人,ITmedia]

「エターナルフォースブリザード」や「イオナズン」も修得できます

 未来なお部屋というより、ただのものぐさ部屋、あるいは“天の岩戸”? こんな部屋に住んだら、きっと快適すぎてベッドから出られなくなってしまいそうです……。

 現在、ものすごい勢いでブックマーク数を伸ばしているのが、@super_rtiさんの「引越ししたので未来なお部屋を作ってみた」というエントリ。「年の瀬に引越ししたので、部屋の再構築を行った。コンセプトは快適に引きこもれる未来の部屋」とのことですが、「未来の部屋」とは一体……? そう思いながら記事を読み進めてみると、うおおお、確かにこれはスゴい!

画像 メインの部屋はこんな感じ。未来の部屋でも、コタツはやっぱり外せない

 カーテンレールに吊り下げられた100インチスクリーン(6畳間に100インチスクリーンを設置している時点ですでにスゴい)、寝ころんだままでPC操作可能なベッド脇のアーム付き液晶モニタなど、目を引くところはたくさんあるのですが、特筆すべきはやはり「自作の音声認識システム」でしょう。

画像 カーテンレールにスクリーンを吊り下げるアイデアは手軽にマネできそう

画像 ベッド脇から伸びる液晶モニタ。正直、これが一番うらやましいかも

 部屋には集音マイクがセットされており、音声で命令するだけで、電灯からエアコン、コタツに至るまで、部屋中の家電を自由に制御することができます。例えばエアコンの温度を下げたいと思ったら、普通はリモコンに手を伸ばして操作を行う必要がありますが、この部屋では「エアコン温度下げて」の一言でOKです。ベッドから体を起こす必要もなければ、リモコンがなくなってイライラすることもない。「イオナズン」でアニメの爆発シーンがスクリーンに投影されたり、部屋のすべての機器を停止するコマンドが「バルス(エターナルフォースブリザードでも同様)」だったりと、ちょっとしたユーモアも忘れていません。

「お出かけの前には、かっこよくこれらのセリフ(バルス/エターナルフォースブリザード)を言って立ち去ります。まだ熟練していませんが、いかにかっこよくやるかを1人で競っています」(@super_rtiさん)

画像 部屋のどこにいても音声を拾えるよう、集音マイクは2カ所に設置

画像 実装されているコマンドの一部。「ほむほむりせっと」は、バグって真っ暗になってしまった場合にとりあえず液晶と明かりをつけるためのコマンドだそう


 音声認識システムを構成しているのは、Windows標準の音声認識エンジン(Windows SAPI)と、iPhoneでリモート操作可能な高機能学習リモコン「iRemocon」の2つ。@super_rtiさんによると、構想自体は数年前からあったものの、当時使っていた学習リモコンが家のエアコンに対応しておらず、いったんは諦めていたそう。しかし「iRemocon」に出会ってからは早く、だいたい1〜2カ月ほどでシステムが完成。かかった費用については「iRemocon」+ 周辺機器でおよそ3〜4万円程度だそうですが、「iRemocon」に辿り着くまでの試行錯誤も含めると「考えたくも無いですね :p)」とのこと。

画像 これが「iRemocon」。最初はiPhoneで制御していましたが、わざわざiPhoneを手に取るよりもいっそ音声で――ということでこのシステムを開発したそう

 さて、肝心の使い勝手はどうなのか? 「引越し時、これの仕組みを一時的に止めたのですが、とても不便でたまりませんでした。もう音声認識は生活の一部であり、あると便利ではなく、ないと不便なものになりました」と@super_rtiさん。ただ、これだけ快適だと、家から出たくなくなってしまうのでは……。

「実際に引きこもって困ってます。ベッドの上でニコ動と『Age of Empires』にはまってしまってずいぶん時間を無駄にしました(笑)。ただ、ひたすら楽をするにはどうすればいいかを追求した部屋で、ひたすら楽ができるわけですから、目標が達成できたと喜ぶところかもしれません」(@super_rtiさん)

 かつてSF作家アーサー・C・クラークは「充分に発達した科学技術は、魔法と区別がつかない」と言いましたが、ここにあるのはまぎれもなく、そんな「発達した科学技術」の1つと言えそうです。「1人でも多くの人がこの楽な環境を体験してほしいと思ってます」と語る@super_rtiさんには、ぜひこのシステムを実用化して、誰でも手軽に利用できるようにしていただきたいところです。

画像 マネしたいけど、絶対引きこもってしまいそうで怖い……

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

昨日の総合アクセスTOP10

  1. /nl/articles/2011/29/news029.jpg 漫画版「幼女戦記」作者が職業を隠し漫画教室に通う話が喜劇 先生「あなたはKADOKAWAに向いてそう」
  2. /nl/articles/2011/28/news042.jpg 「ぺりかんになりたい」「キングコブラを飼育してほしい」 無茶ぶり質問にガチ回答する「イングランドの丘」の飼育員さんが話題に
  3. /nl/articles/2011/29/news007.jpg 鍵を閉めずに出かけて帰ってきたらナイフを持った友人が…… 施錠の大事さが分かる漫画に鳥肌が立つ
  4. /nl/articles/2011/28/news034.jpg もし「鬼滅映画キャラが実は全員俳優だったら」を描いた撮影現場漫画にほっこり 「好きな世界観」「優しい世界」と話題に
  5. /nl/articles/2011/29/news005.jpg 「リアル岩合さん」「すごいニャンコがあらわれた!」 ファインダーをのぞく子猫カメラマンに才能があふれている
  6. /nl/articles/2011/28/news003.jpg 「そこにいないはずの弟の呼び声」「体をまたがれる感覚」……怪奇現象に見舞われた漫画家の体験談漫画にぞっとする
  7. /nl/articles/2011/29/news009.jpg 視力を与える代わり、10年後に命をもらう―― 悪魔と契約した盲目の少女、暖かくも切ない結末に涙
  8. /nl/articles/2011/29/news038.jpg 『クッキングパパ』塩盛りサラミを酒で流し込む“内臓破壊飲み”回話題に → 公式が即座に無料公開
  9. /nl/articles/1907/22/news088.jpg 保護した子ネコに「寂しくないように」とあげたヌイグルミ お留守番後に見せた子ネコの姿に涙が出る
  10. /nl/articles/2011/29/news002.jpg ゾンビになったおじいちゃん(享年22歳)が孫のためにがんばる 笑えてホロリとくるコメディ漫画がステキ